マネー

美人のマネ活 Woman and Money

いまさら聞けないお金のキーワードや知って得する金融情報、
マネーの基本など、知るほど助かる情報が続々登場!

ブロックチェーンってなに?どうなる、私たちの暮らし

最近よく耳にする“ブロックチェーン”は、FinTech(フィンテック)の大本命と言われています。『改ざんがほぼ不可能な取引履歴』ともてはやされる優れもののようですが、私達の暮らしとのかかわりを考えてみましょう。

新しくて安全な仕組みと言われるブロックチェーン

謎の日本人技術者、サトシ・ナカモトが開発した、電子通貨ビットコインの台帳技術。これだけを独立させたのが、ブロックチェーンだそうです。ビットコインの、「改ざんがほぼ不可能(!)」な二重払い防止法を提案しています。

台帳の情報をブロックと呼んで、そのコードの一部を次の情報に必ず入れて、鎖のように情報をつなげていくので、ブロックチェーンと呼ぶようです。

「ビットコインなんて使わないから、関係ない」、と言ってしまえばその通りです。ところが、今後このテクノロジーが大きな存在になっていくことは間違いなさそうです。

日本では、ビットコインは本格普及前にマウントゴックス社の破たんで「危ない仮想通貨」のイメージができてしまいました。ところが、世界規模で見ると金融機関がこぞってビットコインを支えるテクノロジーであるブロックチェーンに熱い視線を送っています。

既にシティバンクやナスダックなど、欧米の有力金融機関の実証実験も始まっています。ブロックチェーンが得意とする「信頼関係のない不特定多数間の権利の移転」のしくみを利用する狙いのようです。平たく言えば、送金や代金決済を銀行などに手数料を払わずに、もしくは格安に行える可能性が大きい取引です。

今までの金融取引などは、信用機関である銀行やクレジット会社が間に入って管理を行う、中央集中型でした。ところが、ブロックチェーンは、その管理を分散して行います。「サーバーがダウンして取引できない」などの事態が起こりにくい仕組になっています。

ネット技術者からは、「革命だ」「インターネットは次の世代に入った」といった熱い期待の声も多いのですが、一般人としては、今一つピンと来ない技術です。自宅のパソコンから送金ができた時のような、“即物的なオドロキ体験”が伴わないからかもしれません。この革新的な技術は、未だ実証実験の段階にあるといえるでしょう。

とはいえ、昨今のIT技術の進歩は目を見張るものがありますね。ブロックチェーンが、“未来が来た!”とびっくりするような一般インフラになる日も近いのかもしれません。当分目が離せないトレンドワードの一つといえるでしょう。

こちらも要チェック

カテゴリー

Topics / コラム

おすすめコンテンツ

  • あなたのお悩みにアドバイス!マネ活Q&A

    お金の専門家(ファイナンシャルプランナー)があなたのお悩みにお答えします。

  • 確定拠出年金についてわかりやすく解説!

    確定拠出年金についてわかりやすく解説!

  • 楽天証券オリジナルViberステッカーが登場しました

    楽天証券オリジナルViberステッカーが登場しました

キホンの記事

セミナー情報

時事 まとめ

話題のキーワード

グループからのお知らせ

  • 楽天レシピ
  • 楽天ウェディング
  • 楽天Edy
  • 楽天マート
  • ママ割

美人へのお知らせ

  • 暮らしに役立つ「マネー」情報
上に戻る