好き避けの行動10選!嫌い避けとの見分け方もご紹介

更新日:2019/08/22

職場で好き避けをされてお悩みではありませんか。思春期なら、好きなのにひどい態度をとってしまうようなことはよくあるでしょう。ところが、職場でそのようなことをされると、相手が自分のことを好きなのか嫌いなのかわからず不安に感じるでしょう。そのようなことで悩んでいると仕事に支障が出てくる可能性があるので、好き避けかどうかを早めに見極めたいところです。また、好き避けをやめたいと思っている人も、自分の行動を客観的に見つめ直す必要があります。

この記事では、好き避けの行動にはどのようなことがあるのか、嫌い避けを見分ける方法などをご紹介します。

好き避けの行動10選!嫌い避けとの見分け方もご紹介

好き避けとは

好き避けとは

好き避けとは、本当は好きなのにそっけない素振りをしたり、相手のことを嫌っているような冷たい態度をとったりすることです。好意を寄せている異性に対して、本心とは反対の行動をとることです。

 

たとえば、ある女性が職場で好意を寄せている男性に話しかけられても、そっけない対応をしたり避けるようにその場を離れたりすることがあります。意識的に好き避けをしている場合は、そっけなくすることで相手に印象付けようという意図があります。一方、無意識のうちに好き避けをしている場合は、恋愛慣れしていなくて緊張して自分の思っていることとは反対の行動をとってしまうのです。

行動

行動

では、好き避けの行動とはどのようなものでしょうか。よくある好き避けの行動をまとめてみました。

 

1. 会うと逃げる

男性と女性が二人で会う場面で、会話をしないで逃げるというのが典型的な行動です。本当は話したいけど、相手と話すことへの恐怖心や羞恥心から逃げるという行動をとります。会いそうになったら、逃げて会わないようにするというパターンもあります。

 

2. 近づこうとしない

周囲の目を気にして、好き避けをしている相手に近づこうとしません。相手が近づいてくると、距離をとろうとします。

 

3. 目を合わせない

相手のことが好きなのに、相手と話すときに目を合わせないことはよくあります。恥ずかしくて、好きな相手のことを見ることすらできなくなるのです。単なる人見知りの場合もあるので、好き避けと見分ける必要があります。

 

4. そっけない態度をとる

目を合わせないのと同じくらい多いのが、そっけない態度をとるケースです。職場で仕事上のことで話さなくてはいけない場面で、そっけない態度をとられると「嫌われているのかな」と不安になる人は多いでしょう。頼まれたことをした後で「ありがとう」の言葉もないと、仕事がやりにくいと感じるかもしれません。

 

5. 笑わない

どのような場面でも顔がこわばって笑わないと、嫌われているのかなと不安になるでしょう。そういう性格の人もいるかもしれませんが、好き避けのケースもあります。

 

6. 好意がないふりをする

必要以上に相手を悪く言う場合は、好き避けの可能性があります。「付き合うとか考えられない」「好きなタイプではない」と、聞かれてもいないのに言うケースも好き避けです。

 

7. 意地の悪いことを言う

相手に好意を抱いていることを知られないようにするため、本心ではないのに意地悪なことを言う場合があります。本気で意地悪を言っている雰囲気でなければ、好き避けの可能性が高いでしょう。

 

8. いじる

男性でも女性でも自分が好意を抱いている相手をいじることは、よくある行動です。相手に好意を知られたくないという感情から、いじってしまうのです。

 

9. 本心と反対のことを言う

好きな相手に本心とは反対のことを言うこともよくあります。自分で自分にウソをついているようなもので、相手のことを「タイプではない」と言ったり、たまたま会ったときに嫌そうな態度をとったりすることがあります。もしかしたら好き避けではないケースもあるので、この行動が好き避けかどうかは、慎重に見極めましょう。

 

10. オドオドした態度をとる

話しかけるとオドオドした態度をしたり、目を合わせようとしなかったりするケースは好き避けの可能性があります。また、他の人と接するときと態度が違うケースも好き避けと判断できることがあります。

嫌い避けとの見分け方

嫌い避けとの見分け方

そっけない態度や冷たい態度をとられたりするのが、必ずしも好き避けとは限りません。本当に嫌いで避けている「嫌い避け」の可能性もあります。勘違いしないためにも、好き避けと嫌い避けの見分け方をご紹介します。

 

1. 話しかけたときの対応

好き避けの場合は相手に話しかけても目を合わせてくれませんが、嫌な感じはありません。本心では相手のことを見たいのだけど、恥ずかしく目を合わせられないのです。

 

一方、嫌い避けの場合も目を合わせてくれませんが、嫌な感じがします。こちらのことが嫌いなわけですから、見るのも嫌という雰囲気が伝わってくるはずです。

 

2. 頼み事をしたときの対応

職場で仕事上の頼み事をすると、好き避けなら気持ちよく引き受けてくれます。本心は相手のことが好きなわけですから、決して頼み事を断るようなことはしません。たまたま忙しく引き受けられない場合は、申し訳なさそうに謝るはずです。

 

一方、嫌い避けの場合は、あっさりと断ってきます。嫌いという感情があるので、断って嫌われたくないと思わないからです。いくらお願いしてもいろいろ理由を言われて断られるでしょう。

 

3. 二人だけになったときの態度

嫌い避けの場合は、二人だけになる状況をなんとか避けようとします。嫌いな相手と二人だけになるのが嫌でたまらないからです。

 

4. 軽く体に触れたときの対応

好き避けの場合、相手が体に軽く触れても嫌な表情はせず、むしろ恥ずかしそうにします。好きな相手に触られて嫌な感じがするはずはありません。たとえば、相手の手を触ってしまったとしても、嫌がるような態度はとらないでしょう。

 

一方、嫌い避けの場合は、嫌いな相手に触れられるのは嫌なので、嫌な表情や態度をされるでしょう。これは男性よりも女性に顕著なのですが、嫌いな相手に触られるのが生理的に受け付けない人がいます。気の強い女性は露骨に表情や態度で嫌悪感を表に出すでしょう。

好き避けに適切な対策をしよう

好き避けの行動と嫌い避けとの見分け方をご紹介しましたが、好き避けは無意識のうちにしているものなのですぐに直すことは難しいでしょう。しかし、職場で放置していると仕事に支障が出ることもあります。

 

好き避けをする人もされる人も精神的に疲れるので、手遅れになる前に適切な対応をすることが大切です。

  • 著者:FP宮迫さん

    資産運用を中心にコンサルティング活動を行っている独立系FP。
    ウェブメディア・金融メディアで多数の記事を執筆した実績あり。
    特に保険、不動産ジャンルを得意としており、マネー・節約系コラムも執筆経験あり。


この記事をチェックした人にはコチラ!

関連記事