好きな人を振り向かせたい!「単純接触効果」を使った恋愛テクニックを伝授

更新日:2019/08/28

好きな人を自分のほうに振り向かせたいと思ったことはありませんか?そんなことが簡単にできるわけないと思われるかもしれませんが、「単純接触効果」という心理学テクニックを使えば相手の興味を引いて恋愛がうまくいくことがあります。どのような効果が期待されるのか、詳しく知りたくはありませんか。

この記事では、好きな人を自分の方に振り向かせたいという方向けに、単純接触効果を使った恋愛テクニックをお伝えしていきます。

好きな人を振り向かせたい!「単純接触効果」を使った恋愛テクニックを伝授

単純接触効果とは?

単純接触効果とは?

単純接触効果とは、接する回数が増えれば増えるほど、相手から好感を持たれやすくなるという心理学の法則の一つです。この法則を発見したのはアメリカの心理学者ロバート・ザイオンスですので、ザイオンス効果とも言われています。

 

対人関係、特に恋愛の場面で顕著なのですが、人は会ったり話したりするチャンスが多い人に好意を持つ傾向があります。恋愛の場合は、一目惚れや生理的に受け付けないという例外はありますが、この単純接触効果の法則が当てはまる場合が多いのです。

 

なぜ会うチャンスが増えると好意を抱くようになるのでしょうか。これは人の脳の働きが関係しています。人は初めて見たものや人に対して「これはいったい何だろう?」「この人はどういう人なのだろう?」と警戒心を抱くものです。しかし、最初は脳が受け入れないものも、繰り返し接することで警戒心が薄れ、受け入れるようになります。初めて会った人には警戒心を抱きますが、何度も会っていると知り合いになり、やがて好意を抱くようになるのです。

 

単純接触効果を恋愛に活用する場合は、知り合って間もない時期に使うと大きな効果が期待できます。片想いの相手がいれば、相手が自分を認識していない段階で会う回数を増やすといいでしょう。

単純接触効果の具体例

単純接触効果の具体例

単純接触効果の具体例をいくつかご紹介します。

 

・毎日会う人に好意を抱く

電車やバスで通勤・通学していると、毎日のように会う異性が気になり、そのうちに好意を抱くようになるのは単純接触効果の一例です。毎日会うから相手に好意を抱くようになり、たまにしか会わなければ好意を抱くことはほとんどありません。

 

・アイドルやテレビCMを好きになる

対面で会わなくても単純接触効果が現れる場合があります。例えば、新人アイドルがデビューすると、テレビや雑誌など様々なメディアに露出して売り出します。そのアイドルがデビューした当初は気にも留めなかったが、多様なメディアで毎日のように見ているうちにファンになったという話です。このパターンで、歌手や俳優のファンになることも多いでしょう。

 

また新しいテレビCMが流れるようになった当初は、キャッチコピーやCMソングに違和感があるはずなのに、毎日のようにテレビでCMを見ていることに慣れ覚えてしまうものです。CMソングが好きになり、知らないうちに口ずさんでいることもあるでしょう。これも単純接触効果の一例です。

恋愛以外でも使えるの?

恋愛以外でも使えるの?

単純接触効果は心理学の法則ということもあり、恋愛以外の対人関係でも効果を期待できます。恋愛以外で単純接触効果が使えるのは、以下のような場面です。

 

・営業

営業経験のある方なら理解できると思いますが、飛び込み営業をしたその日のうちに契約を取れることはほとんどありません。思いがけずお客さんが欲しかった商品を勧めた場合は成約するかもしれませんが、確率的にはかなり低いでしょう。

 

よく考えれば普通のことです。今日初めて会った営業マンからいきなり「この商品はとてもすばらしくて、おすすめですよ」と言われて、「はい、買います」という人はほとんどいないでしょう。

 

ところが、営業で単純接触効果を上手に使うと、契約をスムーズに取れてしまうことがあるのです。例えば、初めて営業に出向いたときには一切営業トークをせずに「あいさつに来ただけ」と伝えて、相手のことをいろいろと聞き出します。自分から会話をしようとせずに、相手に話をさせるスタンスをとるのです。その日は話を聞くだけで帰ります。

 

数日後、「所用で近くへ来た」「会社のカレンダーができたので届けに来た」などの理由をつけて顔を出すのです。そうやって何度も見込み客のところへ足を運んで顔を覚えてもらい、信頼関係を構築してから営業します。その結果、成約率が飛躍的にアップするのです。このように、営業する場面では単純接触効果が活用できます。成績の良い優秀な営業マンほど、単純接触効果を上手に使っているのです。

 

・ウェブマーケティング

今やネットを通じてモノやサービスを購入するのは当たり前の時代になり、対面ではなくてもモノやサービスは売れていきます。インターネット上でビジネスをする上で、ウェブマーケティングは欠かせなくなりました。

 

ウェブマーケティングとは人と対面で接することはありませんが、単純接触効果を上手に使えば大きな成果を上げられるのです。具体的には、メールマガジンやSNS、ネット広告を使い、見込み客との接触回数を増やして信頼関係の構築を行い、セールスします。ウェブマーケティングにより、大きな成果を上げている企業はたくさんあります。

単純接触効果を使う際の注意点

単純接触効果を使う際の注意点

単純接触効果はさまざまな場面で活用できますが、活用する場面を間違えると効果は下がり、相手に不快感を与えてしまうので注意が必要です。単純接触効果を使う際の注意点をご紹介しますので、参考にしてください。

 

・相手に嫌われていないことが前提

単純接触効果が利用できるのは、相手がこちらに嫌気の感情を持っていない場面です。相手に嫌いという感情を持たれていると、効果は期待できません。相手に嫌われている状態で繰り返し接触しても、相手には嫌悪感が高まるだけですので注意してください。

 

・単純接触効果の意味がなくなるケースがある

知り合って間もない時期に相手にこちらの欠点を知られると、相手の心に嫌いという感情が芽生えます。その後、繰り返し会ったとしても、相手はこちらの欠点に対する意識が強くなるだけです。このようなケースでは、単純接触効果は期待できないので注意してください。

 

・単純接触効果には限界がある

単純接触効果は優れていますが、いくら接触回数を増やしても効果が期待できないケースもあります。こちらに悪い感情は抱いていないが、好きでもないという状態になることが発生するのです。

 

どのくらいの接触回数で効果の有無を見分けられるのでしょうか。一つの目安は10回ほどと言われています。10回会ってもこちらに好意を抱いてもらえないようであれば、効果なしということであきらめましょう。

 

 

単純接触効果は対人関係を良好にしますが、恋愛場面以外にも仕事の場面でも効果が期待できます。人は接触回数が増えることで、初めて見るものや人に対する警戒心が薄れていきます。気になる人がいるとき、距離を縮めたい人がいるときにはぜひこのテクニックを活用してみてはいかがでしょうか。

  • 著者:FP宮迫さん

    資産運用を中心にコンサルティング活動を行っている独立系FP。
    ウェブメディア・金融メディアで多数の記事を執筆した実績あり。
    特に保険、不動産ジャンルを得意としており、マネー・節約系コラムも執筆経験あり。


この記事をチェックした人にはコチラ!

関連記事