資格試験を受けるなら|手に職をつける、自分磨きのために役立つ資格の紹介

更新日:2020/07/14

現在では国家資格から民間資格までたくさんの資格検定があります。あまりにも種類が多いのでどれを受けるのか迷いがちですが、どうせなら自分にとって本当に役に立つ資格を受けたいですよね。今回は資格の検討方法と、手に職をつけたい人、自分磨きをしたい人におすすめの資格をご紹介します。

資格試験を受けるなら|手に職をつける、自分磨きのために役立つ資格の紹介

資格試験を受けるなら|手に職をつける、自分磨きのために役立つ資格の紹介

資格試験を受けるなら|手に職をつける、自分磨きのために役立つ資格の紹介

受けたい資格試験を決めるために考えるべきポイントには、以下のようなものがあります。

・資格を取る目的
・必要な勉強期間
・試験の難易度
・試験日程
・受験費用

特に何をおいても重要なのが「資格を取る目的」です。まずはこの目的を明確にすることが、資格取得において最初に行うべきことでしょう。

 

例えば、現在の仕事に活かしたい、就職や転職に役立てたい、自分磨きをしたい、スキルアップしたい、趣味を突き詰めたいなど。「自分はなぜその資格を取りたいのか?」という所をしっかりと考え、自分の気持ちを明確にしましょう。ゴールが決まっていれば途中で挫折もしにくくなり、ブレずに勉強を進めることができるようになります。

 

目的が決まれば、目的に合いそうな資格について、どれくらい勉強が必要そうなのか、試験はいつ行われるのか、などの情報を集めて検討します。

 

日程については、年に何度も試験が行われるものもあれば、年に1回しか試験が行われないもの、筆記と面接など何度か足を運ぶ必要があるものなど、試験によってさまざまです。

 

また、難易度が高い試験ほどより多くの勉強時間が必要になるので、無理のないスケジュールで勉強ができるのかよく確認してから受験計画を立てましょう。

手に職をつける資格は

手に職をつける資格は

ここからは例として「手に職をつけるなら」「自分磨きをしたいなら」という目的ごとにいくつかの資格を紹介します。まず前者からです。

・マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

通称「MOS(モス)」と呼ばれる、ワードやエクセル、パワーポイントなどの「オフィスソフト」のスキルを証明する資格です。

文書作成や会計経理など、パソコンソフトを使った業務はどの企業でも日常的に行われているため、オフィスソフトについての豊富な知識があることは就職や転職に大いに役立ちます。特に事務職に就きたいと考えている方にとっては大きなアピールポイントになるでしょう。

試験は毎月行われ、誰にでも受験資格があるので比較的気軽に受けられる試験です。

・ウェブデザイン技能検定

今やインターネットは私たちの生活になくてはならないものになり、お店に行くにもまずネットで調べてから、という行動が当たり前になりました。そんな中で「インターネットが活用できる人・ホームページを作れる人」というのはどんな業界でも高い需要があります。

ウェブデザイン技能検定は、Webデザイン系の資格の中では唯一の国家検定です。試験は年に4回あり、3級から1級までの等級があります。

・キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとは、就職や転職、キャリアアップを考えている人の相談に乗り、その人が適性や希望に応じた職に就けるようにアドバイスを行う人です。

働き方が多様化した現代、自分のキャリアについて悩みを持つ人は少なくありません。そのような人に対して、単に職業を紹介するだけではなく、悩みを共有して寄り添いながらサポートしていくことが求められます。

試験は筆記試験と面接試験によって行われます。実践力が問われるため、ややハードルは上がりますが、人の役に立つ仕事がしたいという思いを持つ方に特に向いている資格と言えるでしょう。

・税理士、社会保険労務士、中小企業診断士などの「士業」

いわゆる「士業」と呼ばれる資格は、資格を持った人しかその業務に携わったり、名乗ったりすることができません。

このような資格は難易度がかなり高く、実務でも専門的でハイレベルな知識を要求されるので、場合によっては専門機関での学習や数年程度の長いスパンでの勉強が必要になるでしょう。

しかしその分資格の希少性が高く、持っているだけで仕事に直結するケースや、場合によっては独立という道が開けることもあります。その道の専門家としてさまざまな場所での活躍が期待できます。

士業の資格試験は年に1度しか行われないケースが多いので、チャレンジする場合は受験スケジュールをしっかり確認しましょう。

自分磨きのための資格

自分磨きのための資格

自分磨きのための知識・技術を学びながら取得できる資格をご紹介します。

・ネイリスト技能検定試験

爪の健康、美容のプロフェッショナルであるネイリスト。実は海外では国際ライセンスがあるほどメジャーな資格です。

ただ爪を塗る技術だけでなく、割れたり欠けたりした爪のケア方法など、爪の健康に関するトータルな知識を学びます。勉強をしながら自分の爪を美しく保つ技術を身につけられるというわけです。

試験は年に4回あり、3級から1級までの等級があります。3級の試験は合格率が約90%と高く、難易度はかなりやさしい検定といえるでしょう。

・インテリアコーディネーター

家具や照明などのインテリアを使って快適な住空間を作るスキルを身につけられます。家具の選び方やベストな配置方法など、自分の生活にすぐ役立てられる知識を身につけられるのがメリットです。

資格を取るには一次試験と二次試験に合格する必要があり、二次試験では論文やプレゼンテーションを課されます。どちらも年に1度しか実施されないので注意しましょう。

・ファイナンシャル・プランニング技能士

いわゆるFP、ファイナンシャルプランナーと呼ばれる、資産運用や保険、住居購入、老後の備えなど「個人の生活に関わるお金」についての専門家です。世の中のお金に関する制度や仕組みについて詳しくなれるため、実生活にもとても役立つ資格です。

3級~1級、AFP、CFPといった種類があります。3級は比較的初心者向けで、独学でも合格できるレベルですが、1級になると合格率は10%程度とかなり低くなり、高いレベルの知識が求められます。

金融機関や保険会社で働く場合に取得を勧められることも多い資格ですので、仕事に生かしやすいこともメリットです。

受験料の支払いは楽天銀行で!

資格試験を受けるためには、勉強はもちろんですが受験費用のことも忘れてはいけません。受験料は振込の場合も多いですが、手数料は節約したいですよね。

 

楽天銀行はATM手数料最大月7回まで無料。振込手数料も最大月3回まで無料です。残高や取引に応じてポイントも貯まります。ぜひこの機会に口座を作ってみてはいかがでしょうか。

  • 著者:misoさん

    簿記3級・FP2級を保有しているフリーランスの演奏家です。
    確定申告を自分でやるようになり、もっと税金や世の中のお金の仕組みについて知りたいと思い資格を取得しました。
    ピアノ演奏のかたわら、執筆、心やお金に関する相談など、得意なことを活かして活動しています。


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事