マネー

美人のマネ活 Woman and Money

あなたのお悩みにアドバイス マネ活Q&A

Question

教育資金はどんな方法で準備するのがベスト?

教育資金

2016/9/26

待望の長男を授かりました。息子にはできる限りの教育を受けさせたいのですが
旦那は10歳上の48歳で、息子が大学に進学するころにはもう還暦…。
いまから教育資金を計画的に準備していかなければ!という焦りを感じています。
どんな方法で準備するのがベストか教えてください。

Answer

風呂内 亜矢さん

フィナンシャルプランナー
風呂内 亜矢さん

教育資金を準備する方法はいくつかありますが、 そのそれぞれに
メリットと注意点があります。
全額を何か1つの方法で準備するのではなく
その特徴に合わせて組み合わせると良いでしょう。

一番取り組みやすいのは教育費専用の銀行口座を作り
児童手当や毎月決めた貯金額を積み立てていく方法です。

どうしても必要になった時には他の支出に充てることもできます。
一方で、引き出しやすいため支払いに困った時には崩してしまい
結果的に順調に貯められないという心配もあります。

積立貯金だと崩してしまって心配という方は学資保険で準備するという方法もあります。
満期まで続ければ支払った保険料よりも殖える商品もありますし
保険期間中に万が一のことがあった場合は保険料の支払いが免除されるメリットもあります。
一方で、中途解約してしまうと損をしてしまうことや
ケガや病気に対する保障の割合が高いと
期待していたほどお金が貯まらないといった契約内容の誤解をしてしまう注意点もあります。

税制の優遇が受けられる制度としては
ジュニアNISAや、平成31年4月まで活用できる教育資金一括贈与の検討も良いかもしれません。

ジュニアNISAの場合、年間80万円までの運用であれば利益に課税されないことがメリットですが
運用成績によっては元本が減ってしまう可能性もあることが注意点です。

教育資金一括贈与は親に対して孫への教育資金援助を相談する際のきっかけになるかもしれません。
贈与税非課税で資金を動かすことができるメリットがありますが
教育資金として使い切らなかった場合、贈与税が発生する注意点があります。

毎月5万円、子供2人分の教育資金として積み立てるとしたら
3万円は貯蓄、1万円は学資保険、残りの1万円をジュニアNISAで積み立てる
といった組み合わせで備えることもできます。
複数の方法でいざという時に使えるお金も残しつつ、準備を重ねていけると安心ですね。

回答者:フィナンシャルプランナー 風呂内 亜矢(ふろうち・あや)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP認定者、宅地建物取引士。26歳のとき、貯金80万円でマンションを衝動買いしたことをきっかけに、お金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し賃料収入を得ている。2013年ファイナンシャルプランナーとして独立。現在はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです—お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか—(祥伝社)』、『デキる女は「抜け目」ない(あさ出版)』などがある。

>>ホームページ

風呂内 亜矢さん

Q&Aの一覧をもっと見る>>

こちらも要チェック

カテゴリー

Topics / コラム

おすすめコンテンツ

  • あなたのお悩みにアドバイス!マネ活Q&A

    お金の専門家(ファイナンシャルプランナー)があなたのお悩みにお答えします。

  • 確定拠出年金についてわかりやすく解説!

    確定拠出年金についてわかりやすく解説!

  • 楽天証券オリジナルViberステッカーが登場しました

    楽天証券オリジナルViberステッカーが登場しました

キホンの記事

セミナー情報

時事 まとめ

話題のキーワード

グループからのお知らせ

  • 楽天レシピ
  • 楽天ウェディング
  • 楽天Edy
  • 楽天マート
  • ママ割

美人へのお知らせ

  • 暮らしに役立つ「マネー」情報