マネー

美人のマネ活 Woman and Money

いまさら聞けないお金のキーワードや知って得する金融情報、
マネーの基本など、知るほど助かる情報が続々登場!

貯金、預金の種類を知っていますか?

お金、貯めていますか? 貯金といえば、銀行ですが、さまざまな種類の預金口座があるのをご存知でしょうか。生活が便利になる預金口座の使いこなしを、確認してみましょう。外貨預金を外貨のまま受け取るなど、銀行以外の金融機関も便利なサービスを提供していますよ。

意外と知らない、預金の種類あれこれ

預金といえば、タンスに入れておく人もいるくらい、置き場所の自由度は高いですが、銀行などに預けた方が安全です。一口に銀行と言っても、その預金には、さまざまな種類があります。どのような種類があるのでしょうか。

まず思い浮かぶのは「普通預金」ですね。自由度が高く、預け入れや払い戻しもすぐにできます。給与振り込みや公共料金の引き落としの指定ができる口座になります。基本の口座です。

ボーナスなどで、まとまったお金が入ると「定期預金」にしますね。預入期間を決められるので、1年後に使おう! と思ったら、1年後に満期が来るように設定ができます。その間解約しないと、普通預金より有利な金利が約束されています。

一方、満期前に解約すると普通預金並みの金利になったりする場合もあります。預入前に条件を確認してみましょう。また、使途別に定期預金口座を設定できる金融機関もあり、ネット銀行などは「これは入学準備のお金」など、コメントを入れられるところも。資金計画が立てやすいですね。

「総合口座」は、普通預金と定期預金、公社債がセットになっている機能があることが多いようです。普通預金に残高がなくても、定期預金があると、自動で貸し付けをして支払ってくれる機能がある金融機関もあります。

「当座預金」は、手形や小切手の支払いなどのために準備する資金をプールする預金です。利息が付かないのですが、金融機関が万一の場合でも、預金保険で全額保護される利点があります。

「貯蓄預金」は、金融機関によって定められた金額以上を預金すると、普通預金より金利を優遇してくれる金融機関が多いようです。入出金は自由です。

「大口定期預金」は、残高1000万円以上の定期預金です。金額と期間によって金利が変わります。金融機関によって金利が違いますので、預ける際は何件か金利を問い合わせて比較検討すると良いでしょう。

「積立定期預金」は、文字通り毎月一定額を積立預金する口座で、進学・旅行・住宅購入の頭金など、目標額を設定して積立貯金して行く口座です。普通預金から振替も設定できます。

「外貨預金」は、金融機関によって扱う通貨は変わりますが、世界の通貨を自分の口座で預金できます。定期預金に対応している金融機関まであります。日本円から外貨に交換する時に、またその逆でも手数料がかかります。

「外貨預金」は、各金融機関によって手数料が違います。お目当ての通貨がある場合は、金融機関を比較検討することをおススメします。

外貨預金という口座名ではないのですが、為替取引を行うFX会社なども同様のサービスを取り扱っています。FX会社は、為替手数料が銀行などに比べて圧倒的に少ないので、FX会社で外貨に交換し、FXをやらずに預金代わりに利用する人も多いようです。

外貨で預金して、そのまま外貨で引きだすことができる金融機関もあり、各社サービスを競っています。海外旅行に出発する空港で(成田などの国内主要4空港)外貨で受け取れるサービスを提供しているところもあり、便利ですね。

「外貨預金」では、海外の通貨は総じて円よりも高金利の通貨が多いので、利息が楽しみです。ただし、円に対する為替の変動で元本割れをする可能性もあります。反対に円安になると為替差益が得られることになりますね。投資商品として購入する人も多いようです。

銀行などの金融機関には、さまざまな口座が用意されていることがわかりました。自分のニーズに合った金融機関と、良い関係が築けると良いですね。おススメは、都市銀行とネット銀行の組み合わせです。サービスを補完しあって、“良いとこ取り”で使えます。一度検討してみてはいかがでしょうか。

こちらも要チェック

カテゴリー

Topics / コラム

おすすめコンテンツ

  • あなたのお悩みにアドバイス!マネ活Q&A

    お金の専門家(ファイナンシャルプランナー)があなたのお悩みにお答えします。

  • 確定拠出年金についてわかりやすく解説!

    確定拠出年金についてわかりやすく解説!

キホンの記事

時事 まとめ

話題のキーワード

グループからのお知らせ

  • 楽天レシピ
  • 楽天ウェディング
  • 楽天Edy
  • 楽天マート
  • ママ割

美人へのお知らせ

  • 暮らしに役立つ「マネー」情報
上に戻る