美人のマネ活 Woman and Money

いまさら聞けないお金のキーワードや知って得する金融情報、
マネーの基本など、知るほど助かる情報が続々登場!

マイナス金利って実際どんな影響があるの?

日銀がマイナス金利を導入してから、来年1月で早くも1年が経ちます。ゼロ金利を下回るマイナス金利の影響はどんなところに出たのでしょうか。金利が下がると、生命保険などの商品の中には販売見合わせになったものも出ました。反対に、住宅ローンの借り換えで得をした人もいます。マイナス金利の暮らしへの影響を見てみましょう。

活かせるポイントも!住宅ローンとの関係性など

2016年、1月のマイナス金利発表に際して、日銀は「個人の預金はマイナスにはならない」と説明しました。日銀のホームページでも、分かりやすい説明を載せています。それでも、預金の金利はますます下がり、ゼロに近い数字になってしまいました。うっかり時間外にATMを利用したら、マイナスになりかねません。

個人の預金以外にも影響が出ました。金利を商品設計のベースにしている貯蓄型の生命保険や学資保険の中には、募集を中止したものもあります。金利が低すぎて、商品として成り立たなくなってしまったようです。

このマイナス金利、嘆いている人ばかりではありません。お金を借りようという人には、有利な環境です。例えば、住宅ローンを借りる人にとっては、朗報です。住宅ローン金利が1%を切る金融機関もあり、信じられないような低金利でお金を借りられる環境です。金利が低くなると、総支払額が少なくなるので、家計は大いに助かりますね。

また、新築アパート建設などで不動産投資を始める人が増えているようです。不動産物件を投資対象とした不動産投資信託「リート」の基準価格もウナギ登りです。

「既に住宅ローンを借りてしまった。もう少し待つべきだった」とお嘆きの方、朗報ですよ。手数料にもよりますが、住宅ローンの借り換えを行ったほうがオトクになる場合もあります。気になる方は、一度金融機関で見積もりを取ってみると良いかもしれません。

手数料を払っても現在のローンより返済額や返済期間が短縮されるなら、行動することも大切です。裏技的になりますが、住宅ローンの借り換え見積もりをもらって、現在の住宅ローンの契約金融機関に“相談”してみるのもおススメです。

というのも、新たに契約するよりも、手間も費用も節約できる場合があるようです。相談に乗ってくれない場合は、より有利な金融機関にいけばよいので、気持ちに余裕をもって相談できます。金融機関の方針は国の政策などに従ってどんどん変わるので、気軽にトライする方が良い結果を生むようです。

よくビックリされるのですが、銀行の金利は、絶対的なものではありません。「大口預金」(1000万円以上)や、投資信託を買っているなど銀行の売り上げに協力していたら、金利の“相談”をしてみても良いかもしれません。

史上初のマイナス金利です。活かせる環境にある場合は、利用してみてはいかがでしょうか。

こちらも要チェック

カテゴリー

Topics / コラム

おすすめコンテンツ

  • 確定拠出年金についてわかりやすく解説!

    確定拠出年金についてわかりやすく解説!

キホンの記事

時事 まとめ

話題のキーワード

グループからのお知らせ

  • 楽天レシピ
  • 楽天ウェディング
  • 楽天Edy
  • 楽天マート
  • ママ割

美人へのお知らせ

  • 暮らしに役立つ「マネー」情報
上に戻る