マネー

美人のマネ活 Woman and Money

いまさら聞けないお金のキーワードや知って得する金融情報、
マネーの基本など、知るほど助かる情報が続々登場!

2月中旬から申請開始!医療費控除って、なに?

医療費控除は、同一世帯で1年間に10万円以上の医療費がかかった際に、所得から支払い医療費を差し引いて所得税を還付してくれる制度です。平成29年1月からスタートのセルフメディケーション税制では、対象薬を年間1万2千円以上購入すると、還付を受けられる可能性があります

高額な医療費がかかった年は、医療費控除の申請を!

「歯医者でインプラントを入れた」「病気で入院した」などの高額な医療費がかかった年は、確定申告か還付申告でお金を還付してもらいましょう。

“生計を一にする配偶者や子供、その他親族”が対象なので、下宿している子供の分も合計できます。注意したいのは、出産一時金や、高額療養費、医療保険の給付金を差し引いて、実際に払った額が対象です。

「原則として10万円以上」なのは、総所得金額等が200万円未満の人は、医療費控除のボーダー金額が、総所得金額等の5%になるからです。

緊急性のあるタクシー代は医療費になる!

「40度の熱があって歩けないから、タクシーで病院に行った」このような場合は、緊急性が認められるので、医療費として認められます。他にも、以下のような場合に医療費と認められますので、レシートや領収書を保管しておきましょう。

・通院の交通費
・病院都合で払った差額ベッド代
・風邪をひいて市販の風邪薬を買った
・子供の不正咬合を歯列矯正した、など

予防接種代や、ビタミン剤、美容整形などは認められませんので、注意が必要です。医療機関にかかる場合や、薬を購入する際は、とりあえずレシートを保管する習慣を付けたいものです。

水虫薬も税金還付の対象に? セルフメディケーション税制

政府は、増大する医療費削減のために、セルフメディケーション税制を開始します。“生計を一にする配偶者や子供、その他親族”が、「特定成分を含んだOTC医薬品」を購入し、1年間で合計1万2千円以上支払った場合は、1万2千円以上の部分を総所得金額等から差し引き、所得税を還付する制度です。

対象となる医薬品は、風邪薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛の貼付薬など、広範囲に及びます。

  • セルフメディケーション税制対象医薬品 品目一覧(厚生労働省)

  • 「あれ? 風邪薬を買ったら、医療費控除では?」と思ったあなた。鋭いです。風邪薬は、対象医薬品のOTC薬に入っていれば、医療費控除でも、セルフメディケーション税制でも申請できます。同一年度では、どちらか一つの申請である点に留意しましょう。

    セルフメディケーション税制は「10万円以上とまでは医療費を使っていないけれど、風邪薬を買って、家で療養した」場合などのお助け制度ともいえるでしょう。

    カテゴリー

    Topics / コラム

    おすすめコンテンツ

    • あなたのお悩みにアドバイス!マネ活Q&A

      お金の専門家(ファイナンシャルプランナー)があなたのお悩みにお答えします。

    • 確定拠出年金についてわかりやすく解説!

      確定拠出年金についてわかりやすく解説!

    キホンの記事

    セミナー情報

    時事 まとめ

    話題のキーワード

    グループからのお知らせ

    • 楽天レシピ
    • 楽天ウェディング
    • 楽天Edy
    • 楽天マート
    • ママ割

    美人へのお知らせ

    • 暮らしに役立つ「マネー」情報
    上に戻る