マネー

美人のマネ活 Woman and Money

いまさら聞けないお金のキーワードや知って得する金融情報、
マネーの基本など、知るほど助かる情報が続々登場!

証券会社の役割ってなに?

1996年から始まった金融ビッグバン以前、証券会社は、株式や債券、投資信託等を主に売買を行っていました。ところが、ビッグバンのおかげで規制緩和の恩恵を受け、今では株式や投資信託だけでなく、金・プラチナなどの積み立て、商品先物、FX等を取り扱うことができるようになりました。金融の“ワンストップサービス化”と呼ばれています。

中心業務は仲介業

証券会社は、株式や債券の発行を行ったり、投資家と企業を仲介したりする“仲介者”の役割を担っています。大きな業務は4つあります。
1. 委託売買(ブローカー)業務
2. 自己売買(ディーラー)業務
3. 引き受けおよび売り出し(アンダーライター)業務
4. 募集・売り出し(セリング)業務

株式の売買は、委託売買業務に当たります。企業が資金を広く市場から調達するため、社債を発行する時は、証券会社が募集・売り出し業務を行い、目標の金額を募ります。

倒産しても大丈夫!「分別保管」と「投資者保護基金」

証券会社は、金融庁・証券取引等監視委員会・日本証券業協会・証券取引所から厳しいチェックを受けています。市場操作や、公共の利益に反することを行わないように監視下にあるのです。また、開業には内閣総理大臣の登録を受けなければなりません。それだけ、過去に不正などの問題が頻発したといえるでしょう。

「監視されまくりの会社に、大切なお金を預けて大丈夫かしら……」と不安をお持ちのあなた! 大丈夫です。万一の場合に備えて、二重にセーフティーネットが張られています。

「分別保管」と「投資者保護基金」と言います。前者は、文字通り株式や債券などを、証券会社の資産とは別に保管する制度です。後者は、顧客の資産は全額返還されるのが原則ですが、できない場合に備えて、1顧客当たり1,000万円まで補償する制度です。
併せて二重のセーフティーネット、銀行の一歩上を行く制度になっています。

楽天証券なら、取引ごとに楽天ポイントが!

例えば、楽天証券のサイトを見てみましょう。ずらっと並んだサービスは、かつてはスイスのプライベートバンキングでしかお目にかかれなかったワンストップサービスのようです。

「楽ラップ」では、相談に乗ってくれるのが渋いスイスの老舗バンカーからロボに代わっていますが、顧客にぴったりの商品を丸ごとお知らせ、お任せで運用もできます。
運用手数料も激安で(運用資産の1%ポッキリ!)、わざわざスイスへ行く必要もありません。“スマホからポチ”で、決定できます。

楽天証券では、投資信託や株式の取引で楽天ポイントが貯まり、楽天市場などで活用することもできます。株を買ってポイントが貯まるなんて、とても得した気分になりそうです。

金融ビッグバンの恩恵を受けて、多くの企業が参入した証券業界。自分のライフスタイルと取引銀行や契約カードなどで、有利な利用を工夫したいものです。

カテゴリー

Topics / コラム

おすすめコンテンツ

  • あなたのお悩みにアドバイス!マネ活Q&A

    お金の専門家(ファイナンシャルプランナー)があなたのお悩みにお答えします。

  • 確定拠出年金についてわかりやすく解説!

    確定拠出年金についてわかりやすく解説!

キホンの記事

セミナー情報

時事 まとめ

話題のキーワード

グループからのお知らせ

  • 楽天レシピ
  • 楽天ウェディング
  • 楽天Edy
  • 楽天マート
  • ママ割

美人へのお知らせ

  • 暮らしに役立つ「マネー」情報
上に戻る