マネー

美人のマネ活 Woman and Money

いまさら聞けないお金のキーワードや知って得する金融情報、
マネーの基本など、知るほど助かる情報が続々登場!

国債ってなに?

国債って聞いたことがありますか。国債は、カンタンに言えば、“国の借用書”です。落語などで出て来る「借金の証文」ですから、国が国債を購入した人に「○○年後にはお返しします」と保証しています。元本割れの心配がない安全資産です。そして購入時に決めた利息を払ってくれます。

国債の特徴、一言で言えば“固くて安心”

国債は、先にお伝えした安全資産の特徴があります。また個人向け国債は、個人でも安心して買えるように“最低金利”を定めています。マイナス金利の昨今でも、0.05%が保証されています。超安全資産と考えると、なかなか有利な資産と言えるでしょう。

また国債は、楽天証券をはじめとする証券会社や、都市銀行、郵便局でも買えます。インターネットから購入できる金融機関も多いので、手軽に購入できると言えるでしょう。毎月発行していますので、今月がダメでも、1カ月たてばすぐに買えます。

たとえば10年国債を購入したものの、「お金が必要になったから、中途換金したいのだけど…」という場合も安心です。発行から1年以上経つと、全部もしくは一部を1万円単位で中途換金できます。その際、直前2回分相当の利子がペナルティとして引かれます。解約手数料は無料です。

個人向け国債は3種類!

なかなか魅力的な金融商品、個人向け国債ですが、その種類は3種類あります。 変動金利10年満期型「変動10」、固定金利5年満期型「固定5」、固定金利3年満期型「固定3」です。“ナントカレンジャー5!”のような響きがおもしろいです。

3つの商品のうち「変動10」のみ変動金利で、半年ごとの利払いの前の10年固定利付国債の金利を参考に決められるので、金利がその都度変わってきます。
「当分使う予定がないお金」であれば、金利上昇に連れて金利が上がっていく「変動10」の購入を検討してもいいかもしれません。

なんで国が借金するの?

借金なく国の財政が回っていくのが理想形です。ところが、税収は好・不景気の波で増減して、一定しません。一方道路やトンネルなどの社会インフラの補修や災害時の対策、医療費などの社会保険料の補てんなど、毎年かかる国家予算は増え続けています。

本来なら、国家予算が赤字にならないように増税するべきですが、増税するには、法律の改正などで時間がかかります。また、法律を決める国会議員は地元の代表なので、増税を嫌う有権者の顔色をうかがって、大胆な増税には腰が引けてしまいます。

その点国債であれば、政府予算で決定後発行すればよいのでカンタンお手軽です。こうして現在日本の国債発行額は800兆円を超える水準まで積みあがってしまっています。

これが個人の家計であれば「奥さん、今すぐ手を打たないと大変なことに!」とFP(ファイナンシャルプランナー)アドバイスを差し上げたくなるほど、大変な状況になっているといえるでしょう。家計でも国家予算でも、赤字が続くようであれば早めの対策が必要です。今後も赤字幅が広がりすぎないか、気にかけていく必要がありそうです。

こちらも要チェック

カテゴリー

Topics / コラム

おすすめコンテンツ

  • あなたのお悩みにアドバイス!マネ活Q&A

    お金の専門家(ファイナンシャルプランナー)があなたのお悩みにお答えします。

  • 確定拠出年金についてわかりやすく解説!

    確定拠出年金についてわかりやすく解説!

キホンの記事

セミナー情報

時事 まとめ

話題のキーワード

グループからのお知らせ

  • 楽天レシピ
  • 楽天ウェディング
  • 楽天Edy
  • 楽天マート
  • ママ割

美人へのお知らせ

  • 暮らしに役立つ「マネー」情報
上に戻る