マネー

美人のマネ活 Woman and Money

いまさら聞けないお金のキーワードや知って得する金融情報、
マネーの基本など、知るほど助かる情報が続々登場!

タンス預金のメリット・デメリット

銀行などの金融機関に預けず、お金を身の周りにおいておくことを「タンス預金」と言います。タンス預金にすると、金融機関にその存在を把握されないので、相続の時などに課税されないのでは? と誤った理解もまことしやかにささやかれています。火災や洪水などの自然災害で消失したり、ドロボウに盗まれたりする危険も。タンス預金のメリット・デメリットを考えてみましょう。

持っててよかった! タンス預金のメリット

例えば、身内に不幸があった時。事前に「今週が山かもしれない」等の情報がある場合はむしろまれで、親戚などの不幸は突然知らされることが多いもの。そんな場合に、家に現金があれば、駆けつける旅費や香典もすぐに準備できます。

小さい頃に、祖母が「主婦は香典袋と、備えのお金の準備を欠かしたらいけんよ」と言っていましたっけ。その時は意味も分からなかったのですが、自分が主婦になると、実感として大切さがわかります。

フランス人と結婚した翻訳家の友人によれば「いつでも持って逃げられる、現金を家におくのは常識」だそうです。金貨であれば、国が変わっても通用するので、金貨を積み立てで買っているとのこと。長年戦乱が続いたヨーロッパの国際情勢が備えを固めさせているようです。

自然災害とドロボウに注意! タンス預金のデメリット

そうは言っても、家に大金があると落ち着かないもの。いくら低金利で利息があまりつかないからと言って家に現金を置いておいて大丈夫でしょうか。

考えられる現金消失の危険性は、自然災害や火災、ドロボウでしょう。空き巣狙いなどは、わずか10分ほどの間にあらゆる家具の中身を物色し、しまってある貴重品を盗んでいくといいます。

ところが、実際には家の中で現金を紛失することも多いようです。つまり、隠し場所を忘れてしまうこと。先日も、友人が「本を処分しようとしたら、古い本の間から1万円札がぱらりと出てきてびっくりした」とのんきに話してくれました。家におく場合は、置き場所を忘れない工夫が必要です。

タンス預金は相続税フリー? そんな訳にはいきません!

病人が家族にいて「そろそろご家族に知らせてください」と主治医に言われたら、覚悟を決めて亡くなった後のことも考えなければなりません。ことに一家の主人が病気だった場合など、銀行口座が凍結されて、お金が下せなくなりおろおろすることに。

それに備えてあらかじめ大金を下ろすこともあるでしょう。この際に、家に保管すればその分は相続税の対象にならないと勘違いされることがあります。葬儀費用やお墓・仏具の購入代金は相続財産から免除されますが、タンス預金は課税の対象になります。

どうやって金融機関にないものを特定するかというと、もし税務調査が入った場合は、故人の金融機関の口座情報の他に、家族や関係者の口座も調査の対象となります。病気で動けない故人が大金を下せるはずはないので、下した記録からたどって追跡が可能です。

タンス預金にも、メリット・デメリットがありました。タンス預金では、相続税逃れは難しいようです。安全面を考えると、家に大金を置いておくよりは、銀行に安全に保管することを検討されてはいかがでしょうか。

こちらも要チェック

カテゴリー

Topics / コラム

おすすめコンテンツ

  • あなたのお悩みにアドバイス!マネ活Q&A

    お金の専門家(ファイナンシャルプランナー)があなたのお悩みにお答えします。

  • 確定拠出年金についてわかりやすく解説!

    確定拠出年金についてわかりやすく解説!

キホンの記事

セミナー情報

時事 まとめ

話題のキーワード

グループからのお知らせ

  • 楽天レシピ
  • 楽天ウェディング
  • 楽天Edy
  • 楽天マート
  • ママ割

美人へのお知らせ

  • 暮らしに役立つ「マネー」情報
上に戻る