マネー

美人のマネ活 Woman and Money

いまさら聞けないお金のキーワードや知って得する金融情報、
マネーの基本など、知るほど助かる情報が続々登場!

IoTとは?

最近よく目にする「IoT」。インターネットを活用した新しいキーワードです。何でもネットにつなげて、工場なら生産工程がシンプルにできたり、自宅ならカギをスマートロックに変更できたり、応用の可能性は無限大です。どんなことができそうか、チラ見してみましょう。

そもそも「IoT」って、なに?

「IoT」は、Internet of Thingsのことです。インターネットのもの? いえいえ、直訳は「モノのインターネット」と訳します。この「モノ」とは、全てのもののこと。
ぶっちゃけて言うと、何にでも使えそうな新しいテクノロジーのようです。

ぱっと見はインターネットにつなげても、そんなに意味がなさそうなものも、ある特定の分野では大きな利益がある、そんな可能性を示唆しています。

例えば、「スマートロック」。玄関のカギをスマホアプリで開けることができます。
「へー、そうなの。特に要らないかも」と思うかもしれません。ところが、例えば、民泊で自宅をゲストに貸し出す時、案外面倒なのがカギの受け渡し。

スマートロックであれば、相手の到着を確認して、自宅のドアを開けることができます。また、介護の場面でも活用できそうです。「遠くに住む親の徘徊が心配で……」という場合。玄関に付けたセンサーとインターネットがつながっていれば、外出状況や、回数を確認することもでき、早目の対策を立てることができます。

「IoT」で儲ける可能性は?

スマートロックは、日常生活が少し便利になりそうな「IoT」活用法でした。 ビジネスの場での儲かりポイントはないのでしょうか。 「IoT」をビジネスで活用するには、センサーでモノから情報を集め、クラウド等にデータを蓄積し、データを分析する。その結果、利用できるフィードバックを得るという手順を踏みます。

工場などで、生産工程が10あったとします。10の工程をセンサーで情報を集めることから始め、データを分析して工程の無理や無駄を省くことで、作業が半分に減る。こんな問題解決の果実を得るのが、「IoT」の理想のようです。

工場の工程を半減したり、介護の現場でスマートロックを使ったりすると「問題を解決した」というフィードバックがあります。「IoT」を活用して、問題を解決するところまで考えることが、ビジネスにつながって行くようです。

また、「IoT」を活用するには、スマートロックではインターネット企業と介護、工場の工程削減ではメーカーとインターネット企業のように、多くの企業の連携が必要になってきます。圧倒的な利便性やコスト削減を目指して、仲間づくりも欠かせないようです。

カテゴリー

Topics / コラム

おすすめコンテンツ

  • あなたのお悩みにアドバイス!マネ活Q&A

    お金の専門家(ファイナンシャルプランナー)があなたのお悩みにお答えします。

  • 確定拠出年金についてわかりやすく解説!

    確定拠出年金についてわかりやすく解説!

キホンの記事

セミナー情報

時事 まとめ

話題のキーワード

グループからのお知らせ

  • 楽天レシピ
  • 楽天ウェディング
  • 楽天Edy
  • 楽天マート
  • ママ割

美人へのお知らせ

  • 暮らしに役立つ「マネー」情報
上に戻る