マネー

美人のマネ活 Woman and Money

いまさら聞けないお金のキーワードや知って得する金融情報、
マネーの基本など、知るほど助かる情報が続々登場!

カードはカードでも”デビットカード“とは?

デビットカードを使っていますか? クレジットカードと違って、使いすぎの心配はなし。楽天デビットカードなら、16歳以上ならだれでも持てて、ポイントも貯まります。どんな使い方が便利か、クレジットカードとの違いは何か、一度確認してみましょう。

デビットカードって、そもそも何?

デビットカードは、イメージとしては、「預金通帳で払うカード」です。つまり、デビットカードで決めた“銀行口座に残高がある範囲”まで買い物や食事の支払ができます。銀行口座に残高がなくなると使えなくなるので、使いすぎ防止にはもってこいです。

一方クレジットカードは、「クレジット=あなたの信用力(お金を払えるかどうか)」を審査した上で発行しているので、今銀行にお金がなくても、買い物などの支払ができます。「お金なくて困っていたので、クレジットカードで払って助かった」なんてことも可能です。

ただし、クレジットカードで支払ったら、そのあと実際に支払いをカード会社にしなければならないので、使いすぎには注意が必要です。その点、デビットカードは「預金の範囲内」までしか使えないので、使いすぎの心配はありません。
また、クレジットカードのように信用力の審査がないので、「定年後会社を辞めたら、クレジットカードの審査で落ちた…」と落ち込むお父さんにも勧められます。現金を持ち歩くよりずっと安全です。

デビットカードはどこで使えるの?

クレジットカードと同じように、カードに「JCB」や「VISA」のマークがついていますね。お店の入り口近くに同じロゴがあれば、そのお店で使えます。また、ネットショッピングでも、クレジットカードと同じように番号入力でお支払ができます。

海外では、クレジットカードとデビットカード、両方とも普通に使われていることが多いようです。海外旅行の際のショッピングなどは、使いすぎ防止&盗難防止にも良いかもしれません。

現地でキャッシュが足りなくなった際に、提携ATMがあれば、滞在先のお金で引き出しができるので、とても便利です。両替する必要がないからです。

クレジットカードと使い分けて、賢く家計管理も!

「今月ピンチだからクレジットカードで払っちゃおう!」とついつい使いすぎてしまうことはありませんか。そんな人こそ、デビットカードとの“2枚づかい”がおススメです。

ポイントもガッツリつく、大きな買い物は計画的にクレジットカードを使います。日々の細かい出費は、予算を口座に入れたデビットカードで管理します。この“2枚づかい”で、予算にリミットを付けながら、本当に欲しいものは計画的に購入して、豊かな暮らしを目指しましょう。

カテゴリー

Topics / コラム

おすすめコンテンツ

  • あなたのお悩みにアドバイス!マネ活Q&A

    お金の専門家(ファイナンシャルプランナー)があなたのお悩みにお答えします。

  • 確定拠出年金についてわかりやすく解説!

    確定拠出年金についてわかりやすく解説!

キホンの記事

セミナー情報

時事 まとめ

話題のキーワード

グループからのお知らせ

  • 楽天レシピ
  • 楽天ウェディング
  • 楽天Edy
  • 楽天マート
  • ママ割

美人へのお知らせ

  • 暮らしに役立つ「マネー」情報
上に戻る