美人のマネ活 Woman and Money

いまさら聞けないお金のキーワードや知って得する金融情報、
マネーの基本など、知るほど助かる情報が続々登場!

日本一はココ!高収入世帯エリア事情

ご近所のおサイフ事情は気になるもの。全国的に世帯年収を調査しているのが総務省です。市町村別に見ると、世帯年収が多い地域などがわかります。大都市とその周辺の世帯年収が高そうですが、この予想は当たるでしょうか。チラ見してみましょう。ちなみに、民間企業に務める人の平均給与は420万円(国税庁「民間給与実態統計調査調べ2015」)です。

やっぱり東京は強かった!

高年収世帯の多い地域を探してみました。20%以上の世帯が世帯年収1,000万円以上なのは、「東京都千代田区」、「東京都中央区」、「東京都港区」、「神奈川県青葉区」です。特に「東京都港区」は、約4世帯に1世帯が年収1,000万円を超える世帯収入があるようです。

さすが、港区。六本木ヒルズやミッドタウンなど、賃料が高い不動産が多いところでも有名です。「世帯年収の高いカップルなどがオシャレに暮らす街」の印象があります。

実際に港区に住む方にお話を伺うと、「生活が港区内で完結する」ところが魅力の一つと話してくださいました。自宅と職場と遊びに行くところが全て港区内なので、"銀座"などは、少し遠い印象になるとのこと。「タクシーに、ワンメーター以上は乗らない」そうです。

土地の値段と世帯年収の関係とは?

では、毎年発表される、土地の価値を表す地価のランキングを国土交通省のデータを参考に見てみましょう。

栄えある第1位は、"銀座"のある東京都中央区です。1平方メートル当たり550万円以上もします2位は東京都千代田区で、同じく500万円台です。世帯年収の高かった港区は3位ですが、地価はグッと下がって1平方メートル当たり306万円ほどになります。

十分に高価な港区の地価ですが、高地価=世帯年収高いとは、完全には相関しないのかもしれません。やはりおしゃれ度優先なのでしょうか。

企業の中枢が集まる港区、千代田区、中央区などに会社員や経営者が住めば、通勤時間はとても短くて済むはずです。通勤が"歩いて行ける距離"等であれば、時間も効率的に使うことができ、生産性も上がり、ますます年収が増えるという好循環が生まれるのかもしれません。

小さな子供がいても働ける!港区の強さは待機児童率1%かも?

視点を変えて、なにかと話題にのぼる待機児童の数と、世帯年収には関係があるのか見てみましょう。「待機児童が少ない→お母さんも安心して働ける→世帯年収が上がる」という構図があるのではないかという推測です。

2016年4月の段階で、待機児童がゼロの自治体には、高年収世帯の千代田区があります。また、港区も未就学児童、つまり0歳から6歳の子供が1~2万人いるにもかかわらず、保育園の入園を待っている児童は64人と、全体の1%未満です。

こうしてみると、待機児童が少ないことと、世帯年収が高いことには少し相関関係があるようです。確かに、1人より2人で働く方が安定して収入を見込むことができ、合算金額としての世帯年収は増えるはずです。

世帯年収と地価、そして待機児童の問題を見てきました。住む場所や働く場所、保育園のキャパシティが関係しているようです。

カテゴリー

Topics / コラム

おすすめコンテンツ

  • 確定拠出年金についてわかりやすく解説!

    確定拠出年金についてわかりやすく解説!

キホンの記事

時事 まとめ

話題のキーワード

グループからのお知らせ

  • 楽天レシピ
  • 楽天ウェディング
  • 楽天Edy
  • 楽天マート
  • ママ割

美人へのお知らせ

  • 暮らしに役立つ「マネー」情報
上に戻る