数十億もだましとる地面師とは?

更新日:2017/09/26

こんにちは。青山の占い師いけのりです。先月、大手ハウスメーカーのSハウスが、地面師の手によって63億円ものお金を騙し取られるという事件がニュースになりました。分譲マンション建設用地として東京五反田駅近くの土地を購入する契約で詐欺にあった模様です。

急増中!大手企業が数十億円も騙された「地面師」とは!?

皆さんはこの「地面師」という言葉を聞いたことはありますでしょうか。土地の計測の職人? 地ならしの職人? どちらもハズレです。地面師とは、他人が所有している不動産をあたかも自分の所有物であるかのように振る舞って契約を進め、土地購入希望者から金銭を騙し取る詐欺師のことを言います。今回のテーマは、この土地取引に関する詐欺師、「地面師」についてです。

 

地面師による詐欺は昔から存在しており、終戦後の混乱期、地価の上昇に躍ったバブル期などに流行(?)し、その後は沈静化していたものの、近年管理能力が低下した高齢資産家が持つ不動産をターゲットに、再び暗躍し始めているそうです。

 

有名な事件では、大手ホテルチェーンのAホテルが東京・赤坂の一等地を舞台に、約12億6,000万円を詐取されるという事件がありました。イケメン俳優H氏がポイントカードを駆使して不倫の逢瀬を繰り返し、セコ過ぎると話題になったあのホテルです。

 

Sハウスの件はとても内容が複雑なケースであり、また、事件の内容が全て公表されているわけではないため、わかっていることは限定的なのですが、土地所有者本人になりますました女性が偽の書類を使って取引を行い、お金を手にした後で連絡がつかなくなったとされています。

 

ハウスメーカーもホテルも不動産売買のプロです。そんなプロまでがまんまと騙されてしまうほど、地面師のやり口は巧妙です。土地売買時に必要な身分証明書、実印、印鑑証明書、住民票から、登記済権利書などまで、すべて見抜けないくらい見事に偽造というケースもあるそうです。今は素人でも偽造書類が簡単に作れてしまう時代…なんと、実印などは陰影がわかれば3Dプリンタで作ることもできるそうです。技術の発達を詐欺に使ってほしくないですね。

土地所有者もご用心!

土地を買う側ばかりではなく、都内の一等地などに土地を所有している方なども注意が必要です。なんと、自分が知らないうちに土地が地面師によって転売されていたという事例があるそうなのです。おそろしい話ですね。

 

所有地が勝手に売買されていないか心配な方は、定期的に法務局に通って御自身の土地の登記情報に変化がないか確認するのがいいですね。占い師、時間のある時に土地持ちの占いのお客様を対象に、登記情報確認屋の副業でも始めようかなと思いました。

地面師のニュース、今後も要チェックですね。

著者:占い師 いけのりさん

1980年、秋田県生まれ。 一橋大学商学部卒業後、金融会社を経て楽天市場へ入社。ハードな会社生活の中で、“精神安定剤”としての占いの魅力にハマり、独学で人相学・手相占いを研究。2013年株式会社青山ストーンラボを設立。代表取締役社長(兼占い師)として、占い、人相学・手相講座の講師などを務める。 これまでに占った人数は、7,000人以上。コミュニケーションを円滑にし、対人関係を良くするための人相学の普及活動に力を入れている。独りニュースサイト「いけのり通信」の更新がライフワーク。

>>ブログページ

関連記事