金運がある人相とは?

更新日:2017/10/17

こんにちは。青山の占い師いけのりです。今回は金運がある人相についてお届けします。 最初に「人相」とは、「人の相」と書きますので、通常は頭のてっぺんからつま先まで、また姿勢や声、立ち振る舞いなど、全て引っくるめて「人相」と言うのですが、ここでの人相は、「顔の相」に限定してお話しをさせていただきます。

金運は耳と鼻でわかる?

金運が良い人相としてよく言われるのが、耳たぶが大きい「福耳」です。福耳の方は耳たぶが「腫れているんですか?」というくらい、ぷくぷくした耳をしています。がしかし、実際には金運は「耳」よりも、「鼻」で観ることが多いです。

 

鼻は「財布」と言われます。

 

鼻が大きいと財布も大きい。大金が入ってきます。占い師の周りを見渡しても、大金を扱う人は、確かに何だか鼻が立派な感じの方が多いです。

耳と鼻の違いとは…!?

耳と鼻のそれぞれの意味するところを簡単にまとめておこうと思います。こんな感じです。

 

耳:心の喜び、=福

鼻:物質的なもの、=富

 

福と富、両方揃うといいですね。ちなみに、私耳が小さいわ~という方は、イヤリングなどで補える説があるので、ぜひブラブラ揺れる耳飾りを。

鼻が小さいお金持ちもいる

また、ここで占い師は一つ皆さんにお伝えしておきたいことがあります。占い師の知り合いには、鼻が小さいお金持ちも結構いるという事実を…

 

「既に矛盾しちゃっているじゃないですか」

 

ええ、ええ、目・鼻・口・耳など、一つのパーツで見ようとすると、こういうことが起こります。

人相学で大事なのは、個々のパーツの前に全体を統合して観ることです。雰囲気(醸しておるもの)、内側から滲み出てくるものをくまなくキャッチするのが大切です。

故に、各パーツだけを見て判断するのは間違いの素です。お顔のパーツの一部がいい感じではなかったからと言って、決めつけたりしないようにしましょう。なぜなら、ある部分が良くなくても他の部分で補えるからです。


また「お金持ち=いい人、いい人生」ではないことも肝に命じておきましょう。強欲な顔、人を人とも思わない冷淡な顔をしたお金持ちもたくさんいます。

実は金運には額(おでこ)も大事

ある鼻の小さなお金持ちの方は、額の様子がとってもよかったりしました。そう、実は金運は額にも関係してくるのです。

 

 「キレイな額にはお札が貼り付く」

 

と言われています。それで占い師は、おでこのウブ毛をマメに剃っています。(がしかし、男性ホルモンが豊富なのか、たまにひげが生えています。どうでもいいですが…)

額はピカピカに!広くキレイにしておきたいものですね。

著者:占い師 いけのりさん

1980年、秋田県生まれ。 一橋大学商学部卒業後、金融会社を経て楽天市場へ入社。ハードな会社生活の中で、“精神安定剤”としての占いの魅力にハマり、独学で人相学・手相占いを研究。2013年株式会社青山ストーンラボを設立。代表取締役社長(兼占い師)として、占い、人相学・手相講座の講師などを務める。 これまでに占った人数は、7,000人以上。コミュニケーションを円滑にし、対人関係を良くするための人相学の普及活動に力を入れている。独りニュースサイト「いけのり通信」の更新がライフワーク。

>>ブログページ

関連記事