金持ちvs貧乏人。性格が悪いのはどっち?

更新日:2017/10/20

こんにちは。青山の占い師いけのりです。今回は占いの時に寄せられた質問、「お金持ちと貧乏な人、ぶっちゃけどっちが性格悪いですか?」について、占い師なりの考えを書かせていただこうと思います。

投資セミナーで出会ったお金持ち達

質問をされたのは、お給料にはそんなに不満はないものの、あわよくばもっと稼ぎたいと思っている平均所得のサラリーマンの男性でした。ある日、友人に誘われて行った投資セミナーで数名の成功者がプレゼンをしている様子を見て、

 

「なんか、ちょっと性格悪そう…」

 

と感じたそうです。その周りにいた取り巻きのお金持ち達も皆、微妙な感じがしたそうです。そう思うとTVに出てくるお金持ちなども強欲な顔をしている人が多いような…お金持ちになると性格が悪くなるのではないか?いや、もしかしたら性格が悪いからお金持ちになれるのか?と考えるようになったそうです。

占い師が考える貧富の差と性格の関係性

そうですね、これは占い師の見解ですが、所得の多い少ないと性格の良し悪しには何の相関関係も無い気がします。そこのセミナーでお話をしていたお金持ちさんが、たまたま性格があまり良くない方だったんでしょう。TVに出てくるお金持ちの性格が悪そうというのは、そういう意識で見るとそう見えるというだけのことだと思います。

 

占い師もこれまで様々なお金持ちの方を見てきましたが、献身的で素敵な性格な人の方が多いかもしれません。

あ、ハイ、確かに強欲で金の亡者!というような方もたくさんいらっしゃいますが。…半々ですね。

 

この世の中の人間をお金と性格の視点で、単純に分類すると、以下の4分類になります。

  1.お金持ちで性格がいい人

  2.お金持ちで性格が悪い人

  3.お金がなくて性格がいい人

  4.お金がなくて性格が悪い人

 

人間界にはいろんな人がおり、すべてのパターンの方が存在しています。

 

  1. の「お金持ちで性格がいい人」が目指すところですが、こういう方々にとってのお金は、『人を幸せにした対価として集まってきたもの』なのではないかなと思います。たくさんの人に幸せを運んだ結果として、お金持ちになるのは美しい流れですね。

 

  1. の「お金持ちで性格が悪い人」は、強欲パワーで人の分まで奪うことでお金持ちになったのかもしれません。コレはお金と共に業も溜まる予感がしますので、ちょっと避けたい生き方ですね。

 

  1. の「お金がなくて性格がいい人」人は、その人の良さ故、上手に使われて何も残ってないのかもしれませんが、性格がいい人はそれを特に気にしないので不幸せな状態などではなく、それはそれでいいような気がします。

 

  1. の「お金がなくて性格が悪い人」は何でしょうか…何かあんまり明文化するのははばかられるので、周囲にそういう方がいたら観察してみてください。それなりの理由が見い出せると思います。

著者:占い師 いけのりさん

1980年、秋田県生まれ。 一橋大学商学部卒業後、金融会社を経て楽天市場へ入社。ハードな会社生活の中で、“精神安定剤”としての占いの魅力にハマり、独学で人相学・手相占いを研究。2013年株式会社青山ストーンラボを設立。代表取締役社長(兼占い師)として、占い、人相学・手相講座の講師などを務める。 これまでに占った人数は、7,000人以上。コミュニケーションを円滑にし、対人関係を良くするための人相学の普及活動に力を入れている。独りニュースサイト「いけのり通信」の更新がライフワーク。

>>ブログページ

関連記事