金運がアップする漢字の書き方

更新日:2017/10/26

こんにちは。青山の占い師いけのりです。今回は金運・仕事運などがアップする漢字の書き方についてです。漢字の書き方を変えるだけで運気が上がるなんて、そんなアホな…なんて声が、遠くから聞こえてきそうですが、眉唾ものでも、もしかしたら何かいいことがあるかもしれません。ぜひ参考になさってください。

金運が上がる漢字の書き方があった!?

占い師として独立する前、知り合いの勧めでよく当たると評判の占い師さんのところに偵察がてら行ったことがあります。その時に、そこの仙人風の占い師さんに、金運がUPする『田』の書き方を指南されて以来、苗字の「池田」を書く時に気を付けてしまう自分がいます。

名前を書くたびに運気が上がるなんて素敵な話ではありませんか。ええ、ええ、信じる者は救われるの世界ですが…。 

では、早速金運が上がる漢字の書き方に入っていきましょう。まずは試しに、以下の4つの漢字、

 

『田、門、様、美』

 

をいつも通りに紙に書いてみてください。診断形式で解説させていただきます。

運気アップの漢字の書き方を解説

■田:金運

左上の角の部分が開いていて、一番下の横棒がきっちり閉じている書き方をした方!おめでとうございます!こういう方はお金が(上から)どんどん入ってきてきっちり貯まるタイプだそうです。一番下の横棒が右でも左でも両方でも、開いてしまっていた方はきっちり閉じていきましょう。

 

■門:上昇運

正面から見て、右の部分の方が上にある書き方をした方!おめでとうございます!運気上がっていく人です。まさに右肩上がりです。さ、ら、に!下に向かって広がっている書き方をした人!末広がりの人生です。怖いものなしですね。

 

■様:仕事、金運

偏とつくりが離れた書き方をした方!おめでとうございます!その書き方は、お金やいい人間関係がどんどん舞い込んで来る書き方だそうです。

 

■美:高貴運

下の『大』のはらいが左に向かってゆったり長い書き方をされている方!おめでとうございます!スケールの大きな人として活躍する人の書き方です。

 

と、こういうわけで、かなり迷信っぽいところもありますが、試してみて運気が上がったら儲けものです。よかったら試してみください。

ええ、ええ、占い師には見えます。占い師に言われなくても、上記の4つの漢字を書く時、何となく気になってしまっている読者様の様子が…一緒に運気を上げていきましょう。

著者:占い師 いけのりさん

1980年、秋田県生まれ。 一橋大学商学部卒業後、金融会社を経て楽天市場へ入社。ハードな会社生活の中で、“精神安定剤”としての占いの魅力にハマり、独学で人相学・手相占いを研究。2013年株式会社青山ストーンラボを設立。代表取締役社長(兼占い師)として、占い、人相学・手相講座の講師などを務める。 これまでに占った人数は、7,000人以上。コミュニケーションを円滑にし、対人関係を良くするための人相学の普及活動に力を入れている。独りニュースサイト「いけのり通信」の更新がライフワーク。

>>ブログページ

関連記事