【人生相談】お金にならない仕事の相談

更新日:2017/12/07

こんにちは。青山の占い師いけのりです。今回は、フリーランスをしている女性からいただいたお金と人間関係に関する人生相談です。

どうしたらいい?お金にならない相談事

「お金にならない相談ばかり持ちかけられ、時間もエネルギーも吸い取られて疲れます。」

 

疲れることはしない方がいいと思うものの、お金にならないからといって、跳ね除けてしまうのはもったいないような気がする占い師です。この私めのところにも1円のお金にもならないご相談事は結構な頻度でやって来ます。そして、ちょっと臭いかもしれませんが、お金など関係なくても、誰かのお役に立てるって悪くないことだと思うのです。

 

また、向こうから相談にやってくるということは、こちらに心を許している、こちらのことを信頼してくれているということであり、大変ありがたいことです。ゼロから信頼関係を作るのは大変なことですが、それが既にできているということですので。

ご相談者様のフリーランスというお仕事は、一人でいろいろと業務をこなさればならず、余裕がない時も多いかもしれませんが、個人でお仕事をされているからこそ、先にお相手に貸しを作るのも大切な仕事だったりします。

 

さらに、占い師の周辺の方は、お金にならない相談事に乗ることを「徳を積む」「見えない貯金・ありがとう貯金をする」なんて言ったりします。一つ相談事に乗ると、一段徳が積める。何だか素敵な話ではありませんか。

 

がしかし、注意が必要なのは、タダで使えるものはとことん使い倒してやろう!とか、他人を利用するだけ利用して、利用価値がなくなるとポイっとするようなタイプの人間もこの人間界には少なからず存在しているということです。

そういう人の場合、こちらが相談に乗って、徳を積もうと前向きに思おうとしても思うことができず、ストレスだけが溜まってしまって、他の仕事にも悪影響が出たりするので、あまりにも疲れてしまうようであれば、「ここから先は有料で」と線を引くか、上手に会わないようにできるといいですね。

 

そうならないよう、占い師は気を付けていることがあります。ええ、ええ、相談に乗る相手は誰でもいいわけではなく、大事な時間とエネルギーを無償で費やしてもいいと思えるくらい好きな相手にのみ喜んで相談に乗らせてもらうということです。

 

判断基準は、こちら側が「相談に乗ってあげる(やる)」ではなくて、「相談に乗らせてもらう」という気持ちを相手に持てるかどうかです。タダでもなんでもいいから、こちらが相談に乗りたいお相手の相談にだけ乗るようにしたいですね。

著者:占い師 いけのりさん

1980年、秋田県生まれ。 一橋大学商学部卒業後、金融会社を経て楽天市場へ入社。ハードな会社生活の中で、“精神安定剤”としての占いの魅力にハマり、独学で人相学・手相占いを研究。2013年株式会社青山ストーンラボを設立。代表取締役社長(兼占い師)として、占い、人相学・手相講座の講師などを務める。 これまでに占った人数は、7,000人以上。コミュニケーションを円滑にし、対人関係を良くするための人相学の普及活動に力を入れている。独りニュースサイト「いけのり通信」の更新がライフワーク。

>>ブログページ

関連記事