女性のための役立つ資格7選。需要のある資格をピンポイントで取るには

更新日:2017/12/11

働き方が多様化した現代、能力がある人の元へと仕事が集中する傾向は加速するばかり…。ましてや、AIがヒトに代わってこなす仕事の領域も拡大の一途を辿っている状況です。一人一人が各々のスキルを磨いて、自分の価値を高める必要に迫られている今、資格取得を目指す女性が増大中。オリンピック需要も期待できるこの時期、2018年度から心機一転、今こそ取得しておきたい注目の資格をピックアップしました。

女性のための役立つ資格7選。需要のある資格をピンポイントで取るには

1.通訳案内士

きたるオリンピックに備えて、需要が高まると噂されている「通訳案内士」の仕事。日本を訪れた外国人に付き添い、外国語で国内を案内するのが主な業務です。この仕事は語学力だけでなく、歴史や文化など様々な分野に通ずる知識や教養が必要となります。その分、やりがいもある仕事です。>>公式サイト

 

2.食育アドバイザー

近年、「食育」の重要性が見直されており、小学校をはじめとする教育現場においても、スペシャリストを必要とされています。食にまつわるいろいろな基礎知識を習得することで、「食育アドバイザー」として幅広い活動を行うことができます。>>公式サイト

 

3.終活ライフケアプランナー

人生の終わりに際して必要となる事務的なことや、様々なケアについての基礎知識を備えた「終活ライフケアプランナー」は、今後、ますます需要が高まると予想されます。精神面だけでなく、保険・不動産・福祉など、人生設計の根幹をなす部分に関わる、大変やりがいのあるお仕事です。>>公式サイト

 

4.サービス接遇(せつぐう)検定

サービス業に携わるすべての人にとって役に立つ「サービス接遇検定」。接客マナーをはじめ、人をもてなすためのスキルを身につけることができます。顧客を満足させることのできる人材は、多くの企業から常に求められています。>>公式サイト 

 

5.パーソナルスタイリスト検定

パーソナルスタイリストは、ファッション・ヘアメイクなど外見をブラッシュアップするための基礎的な知識を身につけたスペシャリストのことです。人それぞれが持って生まれた顔や肌色、体型などを分析し、個性をいかせるスタイルを提案できるようになります。女性の社会進出がめざましい昨今、女性をおしゃれに美しくプロデュースすることのできる魅力的な資格です。>>公式サイト

 

6.コスメコンシェルジュ

コスメコンシェルジュは、いろいろな肌の悩みを解消するべく、化粧品や化粧品の使い方に関する知識を習得した専門家。自分自身の美容やメイクを上達させるためにも役立ちますが、コスメについての知見を深めることで、コスメライターとしても重宝される有望株です。>>公式サイト

 

7.ウェブ解析士認定講座

消費者のニーズが多様化されていることを受けて、いろいろなデータを解析してマーケティングに活用するスキルが求められるようになってきました。ウェブ解析の技術は今後、小売業者や営業だけでなく、広く自治体などでも必須となるものです。>>公式サイト

 

どんな資格試験であっても、試験勉強のためには一定の時間を費やす必要があります。大切な時間をつぎ込むのですから、せっかくならば需要のある資格をピンポイントで狙っていきたいものですよね。新しい年のスタートに合わせて、新たな気持ちで自分磨きに取り組んでみてはいかがでしょうか?

関連記事