1年間で100万円貯金できる!?専業主婦の節約術を伝授!

更新日:2018/03/27

100万円と言えば、子どもにもわかるような大金です。家にはそんなお金ない……なんて思ってしまうのは大間違い。100万円がなければつくりましょう。今度こそ続く、専業主婦のリアルな家計ダイエット、節約術をレクチャーします。

1年間で100万円貯金できる!?専業主婦の節約術を伝授!

スタートは現状把握

節約のスタートラインは収入と支出を把握することです。家計簿などで毎月の食費や水道光熱費を確認し家計管理をしましょう。外食やレジャーなどにどの程度のお金を使っているかチェックして無駄な支出は削減します。

併せて通信費の見直しも必要です。また、コンビニなどでお菓子を購入したり、ムダな出費をしていないか生活を見直してください。

 

外出先でペットボトルや傘を買ってしまうという人は、無駄遣い防止の為、水筒や折り畳み傘を持ち歩く習慣をつけましょう。普段の支出の状況を見て、見過ごしてきた無駄を洗い出してください。

銀行口座で強制的に貯めよう

もともと貯金が得意でない人は銀行口座の自動積立などを利用すると便利です。もしも毎月8万5,000円ずつ貯金できれば、必ず1年間で100万円貯めることができます。現実的には5万円ずつ貯金してボーナス月に上乗せするといった形でもいいでしょう。勤務先に財形貯蓄制度があればそれを利用することも可能です。

貯めたお金は少額からでも定期預金や国債などに投資しましょう。現金はすぐ使えるようにしておくのではなく、他の資産に変えることをおすすめします。国債などのほかに株式や投資信託など、リスクがあっても収益が期待できる投資を少しずつ始めると言う方法もあります。

意外と大切な節約が掃除!

掃除は貯金と何も関係ないように感じますが、掃除をすると意外なほどにお金が貯まります。冷蔵庫掃除をしながら献立のメニューを考え、食費カットに努めましょう。ついつい衝動買いしてしまう人は部屋も雑然としています。部屋を美しく保つためには、無駄なものを買わず必要なものを長く大切に使うことがポイントです。

 

部屋を綺麗にしておくことで、自分が持っているものの把握も簡単になります。同じものをもう一度買ってしまうようなこともなくなるでしょう。綺麗に片付いた部屋は居心地も良く、身体や心をリラックスさせてくれます。

節約は必死になりすぎるとストレスの原因になります。お金を使わないことに必死になるとギスギスして長続きしません。やりくりLifeや節約は無駄をなくして心地よく暮らすための生活術のひとつと考えてもいいでしょう。

関連記事