株主優待ランキング2018!長期保有でお得なものや女性向けのものなど

更新日:2018/08/20

株主優待は株式投資の魅力の1つ。どの銘柄に投資してよいかわからない場合、株主優待から選ぶ方法もあります。ここでは、長期保有でお得になるものや女性向けのもの、クオカードがもらえるものなど、人気の株主優待をランキング形式でご紹介します。 (※記事内のランキングは、2018年7月22日調査時点のものです)

株主優待ランキング2018!長期保有でお得なものや女性向けのものなど

長期保有にオススメの株主優待ランキング

長期保有にオススメの株主優待ランキング

第1位 イオン

継続保有特典ありのランキングで上位にランクインしているのがイオン。10万円台の投資でも、日常生活のあらゆるシーンで大活躍してくれる特典があるのでお得感がすごい!さらに、イオンの株を3年以上かつ1,000株以上保有していると、年1回イオンギフトカードがもらえる長期保有株主優待制度もあります。長期保有株主優待制度でもらえるギフト券の金額は、保有株式数によって異なり、2,000円~1万円となっています。

 

第2位 オリックス

金融、リースなどさまざまな事業を展開しているオリックス。こちらの株主優待は、優待カードと全国のふるさとカタログのふたつ。優待カードではオリックスのレンタカーや新江ノ島水族館、すみだ水族館などの全国の施設が割引になります。全国のふるさとカタログでは、3年未満の保有では5,000円相当の、3年以上の保有ではなんと10,000円相当の商品の中からお好みの商品がチョイスできます。

 

第3位 ヤマダ電機

家電量販店の最大手、ヤマダ電機。ヤマダ電機の株主優待は、現金での買い物時に1,000円につき1枚使うことができる500円の割引券がもらえます。もらえる割引券の枚数は、保有株数、保有期間によって変わります。ヤマダ電機では家電製品だけでなく、日用品の販売も行っているので余すことなく利用できて便利です。優待券は3月と9月の年2回配布されるので、利回りも良くお得です。

 

第4位 ビックカメラ

続いても大手家電量販店、ビックカメラ。100株以上保有で年に2回「株主様お買物優待券」が贈呈されます。たとえば100株の場合、1枚1,000円のお買い物券が2月末2枚、8月末1枚贈呈。しかも、株式保有期間が8月末日の時点で、1年以上2年未満の場合はお買い物券を1枚追加、2年以上継続して保有している場合2枚追加されるという長期保有特典を受けることができます。

 

第5位 KDDI

携帯電話auで知られているKDDIの株主優待は、全国の商品カタログギフト。優待が受けられるのは保有株数が100株以上の株主で、保有期間に応じてギフトの金額が変わります。たとえば、保有株式数100~999株の場合、保有期間が5年未満なら3,000円相当ですが、5年以上なら5,000円相当のカタログへとランクアップされます。

2018年株主優待総合ランキング

化粧品など女性向けの株主優待ランキング

・化粧品など女性向けの株主優待ランキング

第1位 マルコ

女性用矯正下着やボディケア用品の販売を行っているマルコ。マルコの株主優待は、女性に嬉しく、利回りが良いことで人気です。マルコでは、100株以上保有の株主に年2回優待カタログが送られ、持ち株数に応じて付与されたポイントを利用してお買い物ができます。さらに、マルコでのお買い物が20%オフになる割引券ももらえます。

 

第2位 ファンケル

化粧品と栄養補助食品の製造販売を行っているファンケル。こちらの株主優待は100株以上かつ6ヶ月以上継続保有で適用されます。優待内容は美と健康のトータルスペースとして女性に大人気の「ファンケル銀座スクエア」で使用できる5,000円相当の利用券または5,000円相当のファンケル製品のいずれか。これは女性にはとても嬉しい内容ですね。

 

第3位 アダストリア

「ジーナシス」「ニコアンド」など、女性向けのファッションブランドを展開している会社です。こちらの株主優待権利確定日は、年1回2月末日、100株以上保有が条件です。内容は、全国のアダストリア店舗で使える商品引換券。100株以上で3,000円分、200株以上で5,000円分、2,000株以上で10,000円分、10,000株以上で20,000円と、保有株式数によって金額が分かれています。女性に大人気のブランドばかりなので、これは嬉しい!という方も多いのではないでしょうか。

クオカードが特典の株主優待ランキング

・クオカードが特典の株主優待ランキング

第1位 ディア・ライフ

不動産事業を展開するディア・ライフ。こちらの株主優待は、クオカード。株式保有期間半年以上が条件で、100株以上で1,000円分、1,000株以上で3,000円分、5,000株以上で10,000円分が贈呈されます。

 

第2位 TOKAIホールディングス

LPガスを販売するTOKAIホールディングス。株主優待は年2回、3月末と9月末に実施され、ウォーターサーバー関連商品、クオカード、フレンチレストラン「ヴォーシエル」のお食事券、グループ内のサービスで使える「TLCポイント」、格安スマホの1年間無料特典の5つから希望する優待特典を選べます。クオカードを選択した場合、100株以上で500円分、300株以上で1,500円分、5,000株以上で2,500円分となります。

 

第3位 ブロードリーフ

システム販売、システムサポート、ネットワークサービス事業を展開するブロードリーフの株主優待は、自社ECサイト優待券及びオリジナルクオカードです。クオカードは100株以上保有で3,000円分、500株以上保有で6,000円分、1,000株以上保有で10,000円分、5,000株以上保有で30,000円分贈呈されます。

10万円以下で買える株の株主優待ランキング

・10万円以下で買える株の株主優待ランキング

第1位 楽天

楽天では100株以上の保有で株主優待が受けられ、優待獲得最低金額は80,060円(2018年7月22日現在)となっています。優待特典は、楽天市場で使える200円クーポン4枚、楽天トラベル国内宿泊クーポン2,000円相当、楽天イーグルス公式1軍主催試合及びヴィッセル神戸主催公式戦観戦チケットの優待価格販売など、バラエティに富んだ中から選べます。

 

第2位 タカラトミー

おもちゃメーカー、タカラトミーでは100株以上の保有で株主優待が受けられ、優待獲得最低金額は89,200円(2018年7月22日現在)となっています。優待の内容は、年1回他では手に入らない非売品のタカラトミー製品がもらえるほか、オンラインショッピングサイト「タカラトミーモール」で保有期間に応じた割引率で割引購入ができる特典もあります。

 

第3位 りそなホールディングス

金融サービス事業を展開するりそなホールディングスでは、100株以上の保有で株主優待が受けられ、優待獲得最低金額は60,000円(2018年7月22日現在)となっています。優待の内容は、株式数に応じたクラブポイントの付与。クラブポイントが貯まると、ATM利用手数料無料などの特典が受けられるほか、パートナー企業のポイントやマイルと交換することもできます。

ニーズにあった株主優待をチョイスしよう!

株主優待を活用すれば、株式投資がより楽しくなります。これから株式投資を始めたいという方は、ぜひ株主優待ランキングを活用して、人気の株主優待をチェックしてみてください。きっとニーズにあった優待が見つかるはずです。

  • 監修:森本 由紀さん

    ファイナンシャルプランナー・行政書士・離婚カウンセラー。Yurako Office(行政書士ゆらこ事務所)代表。自らの離婚・シングルマザー経験を活かし、女性がお金に困らないマインド作りから生活設計までアドバイスしています。


関連記事