Vプリカの上手な使い方を徹底解説!有効期限や手数料もチェック!

更新日:2019/01/11

Vプリカとはインターネット上でクレジットカードと同じ使い方ができるプリペイドカード。クレジットカードを作れない人がクレジットカード払いを利用したいときや、クレジットカード番号を登録したくないときなどに役立ちます。しかし有効期限や手数料など、通常のクレジットカードにはない問題点も。どんな使い方ができるのか、詳しく説明します。

Vプリカの上手な使い方を徹底解説!有効期限や手数料もチェック!

もくじ

・Vプリカとは?

・Vプリカとクレジットカードの違い

・Vプリカの購入・発行方法

・Vプリカの使い方

・Vプリカの有効期限

・Vプリカの魅力とは?

Vプリカとは?

Vプリカはインターネットだけで使えるVISAプリペイドカード。ライフカード株式会社が提供するサービスです。通常のクレジットカードと違って審査が不要なので、これまでクレジットカードが作れなかった人でも持つことができます。VISAブランドはクレジット払いができるサイトであればほとんどで使えるため、幅広い利用が可能です。

 

Vプリカには、買ってすぐに使えるタイプのVプリカギフトも存在します。コンビニでも購入でき、利用登録が不要なので手軽に使えます。ギフトと名前がついているとおり、人にプレゼントすることもできます。

Vプリカとクレジットカードの違い

Vプリカとクレジットカードの違い

Vプリカと通常のクレジットカードとの大きな違いは、カードが発行されないこと。読み取り機能がないため、通常の店舗では使えません。そのため、バーチャルクレジットカードという呼び方もされます。利用はインターネット限定なので、買い物の際にクレジットカード番号を入力すればOKです。

 

Vプリカはクレジットカード払い全てで使えるわけではありません。公共料金や携帯電話の支払いなど、継続性のある支払いにはVプリカが使えません。チケットなど、利用時にクレジットカードを提示するサービスもNGです。

 

Vプリカは審査がないため、18歳以上の人なら誰でも持てます。アカウント登録はニックネームでもできるので、匿名性が高いです。ただし、SMS認証があるため、完全に匿名で登録できるわけではありません。匿名だからといって、法を逸脱するような利用ができるとは考えないほうがよいでしょう。

Vプリカの購入・発行方法

Vプリカの購入・発行方法

Vプリカはインターネットで購入できます。支払いはクレジットカード支払いかインターネットバンキングです。どちらの支払いも難しいのであれば、コンビニで購入する方法があります。

 

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップではコンビニ端末で操作して購入。デイリーヤマザキ、セイコーマートではサンプルカードをレジに持っていって購入します。

 

このとき注意したいのが、購入価格に手数料が上乗せされているということ。通常、プリペイドカードというと「1,000円で1,100円分使える」などお得になるケースがありますが、Vプリカは逆で、「購入価格2,200円で2,000円分使える」です。

 

Vプリカを利用するためにはアカウントの開設が必要です。アカウントの登録さえできれば、すぐに使い始めることができます。同時に保有できるVプリカの枚数は10枚まで、限度額は10万円です。

Vプリカの使い方

Vプリカではカードの現物は発行されませんが、インターネット上のmyページからVプリカのカード画像を見ることができます。通常のクレジットカードと同様、カード番号、有効期限、セキュリティコード、カード名義が表示されているので、その情報をネット決済画面で入力すればOKです。残高不足では購入できないようになっているため、使いすぎを防ぐこともできます。

Vプリカの有効期限

Vプリカの有効期限

Vプリカの有効期限は1年間です。発行日から1年後の月末になると、カード番号が無効となり、残高が全て没収されてしまいます。Vプリカギフトの有効期限も購入から1年間です。有効期限が過ぎる前に新しいVプリカを購入して、同じアカウントに残高を加算すれば、新しいVプリカの有効期限まで使用できます。

 

また、3ヶ月を超える未使用期間が発生した場合、休眠カード維持費が必要です。毎月25日にVプリカ残高より125円が引き落とされます。残高が125円未満の場合はその分がすべて引き落とされ、追加で請求されることはありません。

 

残高没収や休眠カード維持費を発生させないためには、すべて使い切ることが重要です。端数が残ってしまったら、Amazonギフト券を購入するのがオススメ。Amazonギフト券は15円以上から1円単位で購入できます。

Vプリカの魅力とは?

Vプリカの大きな魅力としては、本名を登録しなくていいことが挙げられます。ニックネームでもOKなので、どうしても名前を知られたくない買い物に使うといいかもしれません。また、アカウントの開設のみで手軽に利用できるのもメリットのひとつでしょう。

 

最近では、ネットショッピングでクレジットカードが必須となっているケースも少なくありません。ネットで買い物をしたいけどクレジットカードを作るのは面倒といった方は、Vプリカを試してみるのも良いでしょう。

  • 著者:宮島ムーさん

    関西に住む子育て中の主婦です。 お金や不動産に興味があり、日商簿記1級・FP2級・宅建などの資格を独学で取得しました。 記事ではなるべく専門用語を使わず、わかりやすく説明するよう心がけています。
    >>ブログページ


この記事をチェックした人にはコチラ!

関連記事