エアコンの電気代を節約したい!節約豆知識とテクニックを伝授

更新日:2019/03/13

光熱費の中でも、一番高くなりがちなのが電気代です。電気代は季節によってかなり変動します。とくに夏場と冬場では高額になることも多く、家計を苦しめる原因の一つです。そこでお金の見直しをするためにも、エアコンの電気代を節約するテクニックを紹介します。少しでもエアコン代を抑えながら、快適な空間を手に入れましょう。

エアコンの電気代を節約したい!節約豆知識とテクニックを伝授

もくじ

・どっちがお得?つけっぱなしorこまめにつける

・どっちがお得?冷房or除湿

・エアコンの電気代をもっと抑えるには?

・電力会社の見直しでさらに電気代がお得に!

どっちがお得?つけっぱなしorこまめにつける

エアコンの消費電力は、外気温とエアコンの設定温度の差が大きくなるほど増加します。また、冬は夏よりも気温差が激しくなるため、冷房よりも暖房のほうが電気代がかさむ傾向に。ずっとつけっぱなしにしておけばお得では?という意見もありますが、必ずしもそうとはかぎりません。

 

例えば、エアコンの電源をこまめにつけたり消したりし過ぎるよりも、つけっぱなしのほうが電気代は安くなりますが、1時間以上間を空けてつけたり消したりすれば、つけっぱなしよりも安くなります。目安として30分以上家を留守にするようでしたら消しましょう。

どっちがお得?冷房or除湿

どっちがお得?冷房or除湿

冷房は部屋の温度を下げる機能で、除湿は部屋の湿度を下げる機能です。また除湿には再熱除湿と弱冷房除湿の2種類あり、電気代の高さは、再熱除湿>冷房>弱冷房除湿の順番になります。

 

再熱除湿は室内気温を下げないように除湿する機能で、電気代が最も高くなります。梅雨の時期やよほどじめじめしているとき以外は、使わないほうが節約になります。

エアコンの電気代をもっと抑えるには?

エアコンの電気代をもっと抑えるためにできることをご紹介します。

室外機を掃除する

【室外機を掃除する】

マンションやアパートなどの集合住宅の場合、室外機はベランダにあることが多いです。その際、室外機が汚れていると熱交換の効率が下がり、電力の消費も大きくなってしまいます。掃除機でホコリを取り除き、使い古した歯ブラシで細かい部分のホコリも掃除しましょう。もしフィンの奥深くまで汚れが溜まっていたら、専門業者に頼むのも一つの手です。

 

【室外機に直射日光を当てないようにする】

室外機が熱を持つと、熱交換率が悪くなり電気代が高くなります。極力直射日光が当たらないように移動するか、日よけを設けて室外機が常に日陰になるようにしましょう。すだれなどを活用するのも効果的です。

 

注意点は排気口をふさがないことです。また、すだれなどが室外機に近すぎるのもいけません。熱を持たせないようにすることが大切で、必ず風が通る道を作るようにしましょう。

エアコンのフィルター掃除

【エアコンのフィルター掃除】

エアコンのフィルターは見えなくともホコリだらけの可能性があります。掃除しないとフィルターの汚れが部屋中に拡散されることになりますから、電気代が上がるばかりか健康にも悪影響です。

 

もちろんホコリにはダニがいる可能性も高く、アレルギーも心配です。電気代に関してもエアコンの性能が弱くなり、電気代が高くなりますから、定期的にエアコンのフィルターは掃除しましょう。

 

エアコンフィルターは全面カバーを外して掃除機で吸えば簡単に掃除できます。フィルターを取り出して表から吸い出し、その後裏のフィルターも掃除機で吸っていきます。

 

余裕があるようでしたら、シャワーを使ってブラシでこすってもいいでしょう。掃除機では取れない汚れも取り除くことができ、中性洗剤を使えばさらにきれいになります。水洗い後は必ず乾かしてから元に戻しましょう。

電力会社の見直しでさらに電気代がお得に!

電力会社の見直しでさらに電気代がお得に!

電力会社を変えれば電気代の単価も変わることになります。例えば関西大手の電気会社だと1キロワット当たり28.76円(300kwh超過分)ですが、他の電気会社だと1キロワット当たり25円や、それより安い場合もあります。どれだけエアコンの節約に努力しても、元の電気の単価が高ければ効果は薄れます。

 

まずは電気代が1キロワット当たりいくらになっているかを電気代の明細で確認し、それよりも安い電気会社をインターネットで検索しましょう。自分の生活スタイルに合わせて最も電気代が安いところを選べば、さらなる節約につながります。

 

・楽天でんきについて

楽天でんきは申し込みをするだけで、楽天スーパーポイント2,000ポイントがプレゼントされます。裏技として、このようなポイントキャンペーンは大いに活用したいものです。また基本料金は0円で、電気は使った分だけ支払います。切り替え手続きや工事費用、さらに解約手数料も0円ですからとても切り替えやすいです。

 

他の電気会社では解約手数料を取ることも多く、注意が必要です。また楽天でんきは1キロワット当たり22円~26円ほどで大手の電気会社よりも安くなる可能性が高いです。地方によって電気代は変わるためこのような値段の幅があります。詳しく知りたい方は楽天エナジー(https://energy.rakuten.co.jp/)のホームページを確認してみてください。

 

競争社会においては電気会社も本来競争すべきです。何もしなければ高い単価のままの電気代ですから、今の電気代を見直し、少しでも安い電気会社に乗り換えるのも賢い選択です。

 

電力会社を変えるだけで、例えば年間2万4,000円節約となれば、10年で2万4,000×10年=24万円もの節約になります。電気の節約は固定費ですから、早く始めれば始めるほどお得になります。

 

電気代の節約は早く始めた方がお得

 

同じサービスをうけることができるにもかかわらず、大手だからといって高い電気代を払い続けるのはもったいないこと。是非ともこの際に様々な電気会社を比較検討しましょう。

  • 著者:ニコニコマネーさん

    関西圏在住。
    不動産と会計に携わる仕事をし、その後独立しました。
    現在はFPの資格を活かしながらライターの仕事をしています。
    少しでも分かりやすい記事の執筆を心がけています。


この記事をチェックした人にはコチラ!

関連記事