タイプ別の副収入を得る方法!目的に合わせて副業を選ぼう

更新日:2019/03/20

「副収入」や「副業」は、今や「パラレルキャリア」などと呼ばれることもあり、大きな注目を集めています。終身雇用や年功序列といった従来の日本企業らしい雇用の在り方が崩れかかっている昨今、ひとつの企業から給料を得るだけでなく、いろいろな場所から給料をもらうことこそが「老後の備え」「リスク分散」という考えを持つ人も増えているでしょう。そこで、ここでは副収入を得る方法についてご紹介します。

タイプ別の副収入を得る方法!目的に合わせて副業を選ぼう

もくじ

・副収入を得ている人は意外と多い

・副収入を得る方法とは

・サラリーマンが副収入を得る方法と目的

・主婦が在宅で副収入を得る方法と目的

・スマホで副収入を得る、アプリランキング

・始める前に知っておきたい確定申告について

副収入を得ている人は意外と多い

「エン転職」がインターネット上で3,000人に行ったアンケートによると、副業経験のある人は全体の32%にも上ったそうです。約3人に1人が「副業経験あり」と答えたのは意外と考える人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、「そんなにいるの!?」と思った人の中にも、本業を持ちながら「インターネットオークション」や「フリマアプリ」で不用品などを売ってお小遣い稼ぎをしたことがあるという人がいるのではないでしょうか?

 

ポイントサイトでポイントを稼いだり、友達や親せきの引っ越しを手伝って商品券をもらったりすることまで含めると、「本業以外のところで金銭価値のあるものを受け取ったことがある人」はかなり多いと考えられるでしょう。

 

改めて「副業を始める」となると少し構えてしまうかもしれませんが、こういうちょっとしたところから、副収入を得る習慣がスタートするともいえるのです。

 

 

参照:正社員3,000名に聞く「副業」実態調査|エン・ジャパン

副収入を得る方法とは

副収入を得る方法とは

先ほどご説明したように、フリマアプリやポイントサイトなども副収入を得るひとつの方法です。副収入を得る方法は、大きく次の5つに分けられます。

 

・インターネットで副収入を得る

フリマアプリやポイントサイトのほか、アフィリエイトやユーチューバーなどもこれにあたります。

 

・投資で副収入を得る

投資信託やFX、REITなど、さまざまな投資商品があります。

 

・資産を使って副収入を得る

家やマンション、駐車場などを貸すなど、自分が持っているものを使ってお金を稼ぐ方法です。

 

・スキルを使って副収入を得る

ハンドメイド作家、声優、フォトグラファー、作家などを副業として行う方法です。インターネットが発達したことで、こうしたスキルの売買が容易になりました。

 

・もうひとつ仕事を持つ

アルバイトや日雇い派遣など、本業とは別の雇用主に雇われる方法です。自宅で行う内職などもこれにあたりますが、この場合は雇用関係を結ぶのではなく業務委託が一般的です。

サラリーマンが副収入を得る方法と目的

サラリーマンが副収入を得る方法と目的

サラリーマンが副収入を得る目的は、大きく「副収入をいつか本業にして会社を辞めたい」というケースと、「あくまでも副収入としてプラスアルファの稼ぎが欲しい」というケースのふたつに分けられるでしょう。

 

前者の場合は本格的に稼ぐ必要があるため、不動産投資や太陽光発電、サイトを作って稼ぐアフィリエイトやアドセンスなどが選択肢として挙げられます。一方、後者の場合は大きく稼ぐよりはあまりリスクを取らず、労力をかけないことを重視すべきですので、少額からできる投資や、短期アルバイトなどがオススメです。また、知識を持っている専門分野がある場合は、せどりなどでも稼げる可能性があるでしょう。

 

ただし、アルバイトは勤めている会社が認めている場合に限り行いましょう。隠れてアルバイトをすることで、本来の仕事での評価が下がってしまっては本末転倒だからです。

主婦が在宅で副収入を得る方法と目的

主婦が在宅で副収入を得る方法と目的

主婦が在宅で副収入を得る場合、目的のほとんどが「お小遣い稼ぎ」「生活費の足し」でしょう。ですから、スキマ時間で気軽にできるプチ稼ぎがオススメです。アンケートサイトやモニターサイト、ポイントサイトなどを使ってみてはいかがでしょうか。

 

また、写真撮影が好き、ハンドメイドが好き、などのスキルを持っている人は、それを活かして副収入を得るのもオススメです。

スマホで副収入を得る、アプリランキング

スマホで副収入が稼げるアプリをいくつかご紹介します。

 

1.楽天スーパーポイントスクリーン

ページを閲覧するだけで楽天スーパーポイントが貯まります。現金を稼げるわけではありませんが、スキマ時間にできるので、楽天を使っている方はチェックしてみてください。

 

2.クラウドワークス

アンケートや文章作成など、簡単な作業でお金が稼げるサイトです。もともとパソコンユーザーがメインターゲットですが、アプリも用意されていて、簡単に仕事を探したり応募したりできるようになっています。

 

3.マクロミル

老舗アンケートサイトです。アンケートだけでなく、座談会などの参加者を募集していることもあり、一度に高額の報酬を得られることもあります。

始める前に知っておきたい確定申告について

副業で収入を得た場合、確定申告をしなければいけない可能性があります。サラリーマンやパート主婦の場合は収入から経費を引いた所得20万円以上、主婦の場合(ほかにパート等をしていない人)は所得38万円以上になった年は、確定申告が必要です(源泉徴収ありの特定口座やNISA口座等での取引の利益を除く)。

 

知らず知らずのうちに脱税をしてしまわないように気を付けましょう。面倒な場合は、この範囲内に副収入が収まるようにしておくのがオススメです。

  • 著者:平林恵子さん

    人事労務関係の仕事からライターへ転身。
    経験を活かしてコラム執筆を行っています。
    2017年、見識を深めるためにFPの資格を取得しました。
    税金や給与計算などに詳しくない方にもわかりやすい解説を心がけています。


この記事をチェックした人にはコチラ!

関連記事