銀行振込のやり方を全種類お教えします!窓口からネット振込の方法まで

更新日:2019/05/24

銀行振込には、いくつかのやり方があります。慣れていないと、「具体的にどこで、どうすれば振込ができるの?」「銀行へ行かないといけないの?」など、さまざまな疑問を感じることもあるでしょう。そこで、銀行振込のやり方をすべてまとめてご説明します。

銀行振込のやり方を全種類お教えします!窓口からネット振込の方法まで

もくじ

・銀行振込のやり方がわからないとどうなる?

・4種類の銀行振込方法

・現金振り込みができる場所

・新しいサービスpaidyでの振込方法

銀行振込のやり方がわからないとどうなる?

クレジットカードや電子マネーを使える場所が増えたとはいえ、まだまだ銀行振込で代金を支払わなければいけないこともたくさんあります。

 

たとえば、新しく家や駐車場を借りるときの前払い代金や、クレジットカードの引き落としに間に合わなかったときの支払いなどは、振込で行うことが多いです。車の購入費や結婚式費用など、クレジットカードの限度額を超えるような高額な代金の支払いも、振込で行われます。

 

そのため、銀行振込のやり方がわからないと、困ったことになってしまう可能性があります。

4種類の銀行振込方法

4種類の銀行振込方法

銀行振込の方法には、全部で4つの種類があります。やり方を見てみましょう。

 

1.銀行窓口

銀行の窓口に行って振込をする方法です。銀行の窓口は、通常9時から15時までが営業時間です。銀行の窓口で振込をしたい人は、この時間内に行くようにしてください。銀行についたら、窓口の人に「振込がしたい」と伝えると、案内をしてもらえます。このとき、内容によっては、窓口ではなくATMでの振込を勧められます。その方が、手数料を安くできるためです。

 

ATMでも問題なければ、窓口の人がやり方を教えてくれるため、そのままATMで振込をしましょう。ATMが使えない高額の振込や、窓口で振込をしたいという場合は、振込用紙に記入をして番号札を取ります(一般的な銀行の場合)。

 

振込用紙には、日にち、振込先の銀行名、振込先の銀行の支店名、預金種別(普通・当座・貯蓄・その他 など)、口座番号、振込先の口座名義、振込金額を書く欄があります。この情報がないと振込ができないため、事前に調べてから行きましょう。自分の名前や連絡先を書いたら、振込用紙の記入は終わりです。番号が呼ばれたら窓口に振込用紙を出します。振込金額と手数料の合計額を教えてもらえるため、その金額を現金で渡してください。

 

もし、自分の口座から振込をしたい場合は、通帳と届出印を持参して、その旨を銀行員の人に伝えましょう。ただし、銀行口座から振込をするときは、自分が持っている銀行の窓口からしか申し込みができません。また、10万円を超える金額の振込をしたい場合は、本人確認書類の提示や振込の目的を求められることがあります。身分証や銀行のキャッシュカード(持っている場合)を持参しましょう。

 

2.銀行ATM

ATMでの振込は、窓口よりも簡単です。銀行ATMの画面に表示されている案内の通りにボタンを押していくことで完了します。このときも、相手の銀行名や支店名、口座番号などが必要になるため、必要な情報がすぐに見られるように準備をしておくのがおすすめです。

 

銀行口座を持っている場合は、キャッシュカードを使うと口座からの振込ができます。持っていない場合は、現金振込を選択します。銀行に併設されたATMの場合は、係員が近くにいることがあります。初めての振込で不安な場合は、やり方を教えてもらうこともできますよ!

3.コンビニATM

3.コンビニATM

コンビニATMも、銀行ATMと基本的には同じですが、ひとつ違うのは、キャッシュカードが必要ということです。コンビニATMでは、現金での振込ができません。忘れずにカードを持って行くようにしてください。手続きについては、銀行ATMと同様、画面に表示されている案内を見ながら進めましょう。

 

4.ネット

インターネットバンキングで振込をするときは、まず、インターネットバンキングの口座を持っている必要があります。口座を持っている人は、それぞれの銀行のやり方でログインをします。自分の口座の操作方法については、銀行HPなどで確認してみてください。

 

以下は、ネットバンクの振込手順の一例です。

 

1.ログイン用のお客様番号とパスワードでログイン
2.ログイン後、「振り込み」を選択
3.振込先の銀行名、支店名、口座番号、振込金額などの情報を入力
4.振込人の名義や電話番号に変更があるか確認される(自分以外の名義で振り込むことも可能)
5.振込内容の確認ページが表示される
6.内容に問題がなければ、振込用のパスワードを入力して実行

現金振り込みができる場所

現金振り込みができる場所

銀行振込には、「銀行口座からの振込」と「現金での振込」の2種類があります。銀行口座を持っていない人が現金で振込をしたいときは、次のいずれかの方法をとりましょう。

 

・銀行ATMでの振込
・銀行窓口での振込

 

現金で振込をしたいときは、銀行か銀行ATMまで行かなければならないということです。銀行振込は、口座間で行った方が手数料を節約できる場合もあります。ネットバンクでは手数料無料サービスを行っているところも多いので、あらかじめ銀行口座を作っておくと便利です。

新しいサービスpaidyでの振込方法

銀行振込とは少し違いますが、クレジットカードを持っていない人のための新しい支払いサービス「paidy」というものが登場しているので、最後にご紹介します。

 

paidyは、クレジットカードがなくてもその場ですぐに利用することができる便利なオンライン決済サービスです。必要なのは、メールアドレスと電話番号だけで、会員登録も不要です。利用した金額は、合計額を翌月10日までにコンビニ払いか銀行振込、自動引き落としのいずれか希望の方法で支払います。

 

オンラインショッピングを利用したいのにクレジットカードを持っていない、銀行振込は面倒、という方は、paidyを試してみてはいかがでしょうか?

  • 著者:平林恵子さん

    人事労務関係の仕事からライターへ転身。
    経験を活かしてコラム執筆を行っています。
    2017年、見識を深めるためにFPの資格を取得しました。
    税金や給与計算などに詳しくない方にもわかりやすい解説を心がけています。


この記事をチェックした人にはコチラ!

関連記事