クレジットカードの還元率とは|楽天カードのポイント還元+お得情報

更新日:2019/05/30

クレジットカード払いをするとポイントが貯まります。獲得できるポイントなんて微々たるものだと思っていませんか。たしかに、多くのクレジットカードのポイント還元率は0.5%程度で、1万円の利用で50円分にすぎません。しかし、楽天カードは1%の還元率。上手に利用すれば、さらに多くのポイントを獲得できます。

この記事ではクレジットカードの還元率について説明するとともに、楽天ユーザーならぜひ持っておきたい楽天カードの特徴についてもご紹介します。

クレジットカードの還元率とは|楽天カードのポイント還元+お得情報

クレジットカードの還元率とは

クレジットカードの還元率という言葉を見聞きしたことがある人も多いでしょう。還元率とは、クレジットカード利用で得られるポイントの割合を示したものです。クレジットカードを利用した分だけポイントや現金・商品として還元されるという意味で、還元率と呼ばれています。

 

ポイントの利用方法はカードの種類によって異なりますが、ほとんどのカードでは楽天スーパーポイントやAmazonギフト券、Tポイントなどのポイントに交換可能。中には現金としてキャッシュバックされるものや、商品と交換できる場合もあります。

 

三井住友VISAカードやセゾンカード、ライフカードなどの年会費無料カードの還元率は0.5%が一般的。1万円で50円のポイント還元率なので、大きな買い物をしない人はあまり恩恵を感じないかもしれません。それでも、大手銀行の普通預金金利が0.001%の時代に、クレジットカードで買い物するだけでポイントが得られるのはありがたいものです。

還元率1%!楽天カードの特徴

還元率1%!楽天カードの特徴

クレジットカードにもいろいろありますが、楽天ユーザーにおすすめしたいのが楽天カード。年会費永年無料で、還元率は1%です。年会費無料で還元率1%のカードはほかにも存在しますが、楽天カードなら楽天スーパーポイントが貯まりやすいのが魅力です。もらった楽天スーパーポイントは楽天市場のお買い物や楽天トラベルでの旅行代金に利用できますし、楽天Edyに交換して電子マネーとしても使えます。楽天の利用者ならぜひ持っておきたいカードです。

入会時のキャンペーン

楽天カードでは入会するだけでポイントがもらえます。通常は新規入会特典が2,000ポイント、カード利用特典が3,000ポイントで合計5,000ポイントですが、キャンペーン中は8,000ポイントになることも。キャンペーン期間はテレビCMでも放映されるので、ポイントがたくさんもらえる時期を狙って入会したいものです。新規入会特典は楽天e-NAVIでの受け取り申請が必要になるので、忘れずに申し込みましょう。

ベースで必ずついてくる!基本のポイント

楽天カードでクレジットカード払いをすると、100円につき1ポイントがもらえます。これは楽天での買い物に限らず、実店舗の買い物であっても1%還元です。

SPUでポイントを増やせる

SPUとは「スーパーポイントアッププログラム」の略で、エントリー不要の常設キャンペーンです。(※予告なく変更・終了する可能性があります。)

 

楽天グループの利用時にもらえるポイントがUPするもので、楽天カードも対象となっています。その内容は、楽天カードを使って買い物すると、楽天市場の商品がいつでも+2倍になるというもの。ただしこのうち+1倍は楽天カードの通常ポイントで、+1倍がSPUの上乗せポイントです。楽天市場で買い物した際、通常は100円につき1ポイントですが、楽天カード決済をすると、100円で3ポイントがもらえます。

急ぎでない買い物は5と0のつく日に!

急ぎでない買い物は5と0のつく日に!

毎月5と0のつく日に、楽天市場で楽天カードを使って決済すると、さらにポイントが+2倍になります。(※2019年4月現在のキャンペーンです。予告なく変更・終了する可能性があります。)通常の+1倍、SPU+2倍に+2倍が上乗せされて、実質5%還元になるということです。

楽天ポイントカード機能もついてくる

さらに、現在発行中の楽天カードにはすべて楽天ポイントカード機能がついています。ファーストフード店やファミリーレストラン、家電量販店など、店頭に楽天ポイントカードの対象店と書かれていたら楽天カードを提示しましょう。こちらも100円につき1ポイントがもらえます。クレジットカード機能とポイントカード機能が1枚にまとめられているので、カードが増えないところも魅力です。

ゴールドカードにグレードアップするとさらにお得に

楽天のヘビーユーザーなら楽天ゴールドカードも視野に入れるとよいでしょう。楽天ゴールドカードは年会費2,200円がかかりますが、SPUで獲得できるポイントが最大5倍になります。

 

また、楽天市場でクレジットカード決済した場合、楽天カードは3%のポイントがつきますが、楽天ゴールドカードなら5%です。たとえば月に1万円、年間12万円楽天市場で買い物すると、楽天カードは3,600円分、楽天ゴールドカードは6,000円分のポイントがもらえるということ。その差額は2,400円分ですから、年会費2,200円の元を取れることになります。楽天市場で月に1万円以上買い物している人は検討するとよいでしょう。

通常のクレジットカードとの比較

通常のクレジットカードとの比較

楽天カード以外のクレジットカードを使って楽天市場で10万円分買い物したとすると、基本のお買い物1%と、クレジットカードの還元率0.5%で、1,500円分のポイントが還元されます。これに比べて、楽天カードなら3,000円分のポイント還元、しかも5と0がつく日なら5,000円分のポイントがもらえるので、いかにお得かわかります。楽天カードは年会費無料なので、楽天はたまにしか使わないという人でも持っておいて損はないでしょう。

 

詳細は楽天カード公式ページから詳しい情報を確認できます。カードのデザインや、付帯サービスなどの特徴についてもチェックしておいたほうが良いでしょう。

  • 著者:宮島ムーさん

    関西に住む子育て中の主婦です。 お金や不動産に興味があり、日商簿記1級・FP2級・宅建などの資格を独学で取得しました。 記事ではなるべく専門用語を使わず、わかりやすく説明するよう心がけています。
    >>ブログページ


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事