今さら聞けない「楽天Edy」の特徴やメリット。使い方もやさしく解説

更新日:2019/06/26

最近では電子マネーが広く普及し、その種類も増えてきました。数ある電子マネーのなかでも楽天Edyは、若者を中心に人気を集めています。楽天市場の利用者であれば聞きなじみがあっても、あまり利用しない方だと「どんな特徴があり、どんな使い方ができるのか」はご存じないかもしれません。この記事では楽天Edyに興味がある方向けに、その特徴やメリット、使い方についてやさしく解説します。

今さら聞けない「楽天Edy」の特徴やメリット。使い方もやさしく解説

もくじ

・楽天Edyとは

・ポイントの貯め方

・楽天Edyの使い方

・使える店舗

楽天Edyとは

楽天Edyとは

楽天Edyは楽天が運営する電子マネーのことで、楽天ポイントカードやおサイフケータイにチャージして使用できます。パソリやおサイフケータイ対応機器を使えばiPhoneでも楽天Edyにチャージができます。楽天Edyの特徴を以下にまとめてみました。

 

1. 年会費や入会金がかからない

楽天Edyを利用するのに年会費や入会金は一切かかりません。チャージするだけで気軽に利用できます。

 

2. 使える店舗が多い

楽天Edyは楽天市場だけでなく、全国にたくさんある提携店舗でも使えます。楽天Edyのロゴマークが店舗入り口に表示してあれば、そのお店ではお会計時に利用が可能です。キャッシュレス決済に対応していれば、ほとんどのお店で楽天Edyを使えます。

 

3. 店舗での決済が簡単にできる

楽天Edyを使って決済したい場合、店員に「楽天Edyで決済したい」と伝えて専用端末にカードをかざすだけ完了です。お金の計算は不要で、スムーズに短時間で決済できます。

 

4. チャージできるクレジットカードが多い

楽天Edyをチャージできるクレジットは多くあります。なかでも以下のクレジットカードは還元率1%以上です。

楽天Edyチャージできるクレジットカードとポイント還元率

5. Edyオートチャージで手軽にチャージできる

Edy機能付き楽天カードやスマホのEdyアプリを使うと、Edyオートチャージを利用してショッピングができます。このサービスはEdyの残高が設定額以下になると自動的にチャージしてくれるので、チャージの手間がかかりません。

 

ポイントの貯め方

ポイントの貯め方

楽天Edyの大きな魅力は、ポイントをどんどん貯められることです。楽天Edyを使ったポイントの貯め方には、以下のような方法があります。

 

・いろいろな決済に利用する

楽天Edyを使って決済すれば、楽天スーパーポイントが貯まっていきます。楽天Edyで普段どおりにお買い物をするだけで、200円につき1ポイントを獲得することが可能です。

 

・Edy機能付き楽天カードでチャージする

Edy機能付き楽天カードからチャージすると、利用ポイントを獲得できます。この方法でチャージして、支払いの決済をすればポイントの二重取りができお得です。

 

・キャンペーンを利用する

ポイントアップキャンペーンの間に利用すると、獲得するポイントを増やせます。キャンペーン期間中にEdy機能付き楽天カードでチャージして決済すれば、ポイントの三重取りも実現。還元ポイントが2%になることもあります。

 

・ポイントプラス加盟店でショッピングする

ポイントプラス加盟店でショッピングすると、200円で2ポイントが貯まります。楽天Edyのポイントアッププラス加盟店は固定ではなく、毎月1回変更されるのが特徴です。

楽天Edyの使い方

楽天Edyの使い方

楽天Edyは利用によるメリットが多いだけでなく、使い方もとても簡単です。楽天Edyを店舗での決済に使うには、Edyカードを購入するか、チャージする必要があります。チャージ方法は以下の3つです。

 

1. 現金によるチャージ

コンビニなどの一部の楽天Edy加盟店でチャージしたいと伝えれば、現金でチャージできます。また一部の加盟店には「Edyチャージャー」という現金入金機が置いてあり、現金チャージに対応可能です。

 

2. クレジットカードによるチャージ

クレジットカードの情報をおサイフケータイのアプリで登録すると、楽天Edyをチャージできます。iPhoneからチャージすることも可能です。

 

3. 楽天スーパーポイントでチャージ

楽天ユーザーなら自然と貯まっている楽天ポイントですが、貯まったポイントは楽天Edy公式サイトからチャージ申請できます。チャージしたポイントは、おサイフケータイや加盟店で受け取りましょう。

使える店舗

使える店舗

楽天Edyを使える店舗はたくさんありますが、以下ではコンビニとその他の店舗に分けて一部ご紹介します。

 

【楽天Edyを使えるコンビニ】

セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
デイリーヤマザキ
スリーエフ
ミニストップ
セイコーマート

 

【楽天Edyが使えるお店】

マツモトキヨシ
ツルハドラッグ
マクドナルド
ロイヤルホスト
ガスト
ロフト
紀伊國屋書店
ヨドバシカメラ
ビックカメラ
ソフマップ
エディオン
サンマルクカフェ
上島珈琲店
山内農場
ビッグエコー
シダックス
QBハウス
ANA FESTA
ANA機内販売
…ほか

※一部ご利用いただけない店舗があります

 

楽天Edyは使える店舗が多く、コンビニやクレジットカードで気軽にチャージできる電子マネーです。楽天市場など楽天に関係のあるサービスで利用すれば、楽天ポイントがどんどん貯まっていきます。年会費・入会金は無料なので、楽天ユーザー以外の方も賢く便利に利用してみてはいかがでしょうか。

  • 著者:FP宮迫さん

    資産運用を中心にコンサルティング活動を行っている独立系FP。
    ウェブメディア・金融メディアで多数の記事を執筆した実績あり。
    特に保険、不動産ジャンルを得意としており、マネー・節約系コラムも執筆経験あり。


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事