節約が逆効果にも!?日本の夏のかしこい熱中症対策

更新日:2019/07/16

暑い夏がやってくると、街中やニュース等でよく耳にするようになる「熱中症」という言葉。「冷房をかけ続けると電気代がもったいない」と暑さを我慢してしまう方もいるようですが、熱中症にかかると身体に重大な危険性が生じることもありえます。室内にいるときでも、十分な対策をとりましょう。今回は、熱中症の予防と対策法を紹介するとともに、お金の観点からも熱中症に迫っていきます。

節約が逆効果にも!?日本の夏のかしこい熱中症対策

もくじ

・どんなときに熱中症になりやすいの?

・熱中症の予防と対処

・熱中症の予防によい食べ物

・熱中症のお金事情:予防のための冷房vs発症した場合の入院費

どんなときに熱中症になりやすいの?

どんなときに熱中症になりやすいの?

熱中症の多くは「高温多湿な環境に長時間いる」ことが原因です。日本に住んでいる以上、夏場に高温多湿の状況を避けるのは難しいもの。屋外の炎天下はもちろんのこと、冷房のかかっていない室内などでも発症する可能性が非常に高いので気をつけなければなりません。

また、体が暑さに慣れきっておらず、汗による体温調整がうまくいかない時期も熱中症になりやすいとされています。梅雨の時期に急に晴れたときや、雨が上がって急激に気温が上がった日などは特に注意してください。

 

熱中症になると、下記のような症状が見られます。思い当たる不調があったら、熱中症を疑いましょう。

 

・めまい、立ちくらみ
・手足のしびれ
・筋肉のこむら返り
・気分が悪い
・頭痛
・吐き気、嘔吐
・倦怠感、虚脱感

 

これらの症状が悪化すると、意識を失ったり身体が痙攣したりする恐れも。最悪の場合は死に至る可能性もあるため、軽視せずにしっかりと対策しましょう。

熱中症の予防と対処

熱中症の予防と対処

熱中症にかからないためのポイントは3つあります。

 

1.  暑さに負けない丈夫な身体をつくる
2.  暑さをやわらげる工夫をする
3.  暑い環境下で身体を守る

 

環境だけでなく、体力の低下などから熱中症になってしまうということも考えられます。夏バテで食欲がないときでも栄養バランスを考えた食事を心がける、十分な睡眠をとって体力を回復させることを忘れないようにしましょう。

 

そして屋内でも屋外でも「体を冷やす」ことを心がけます。吸水性や放熱性の高い衣服を着る、冷却グッズを身につけるなどの工夫をしましょう。ただし、アイスやジュースなど冷たいものばかり食べるのはNG。胃を冷やして負担をかけると、夏バテの要因になります。

 

さらに、こまめな水分補給(のどが渇いていなくても30分~1時間の感覚で水を飲む)を心がけるだけでなく、天気予報をチェックする、定期的に休憩をはさんで塩分補給をするなど、暑さに対する意識を持つことが大切です。

 

もしも熱中症と思われる症状が現れたら、無理をせず日差しを避けるために日陰に移動して、衣服を脱ぐなどして体温調節しましょう。その際は水分と塩分を補給することも忘れずに。薬局などで販売している「経口補水液」を飲むことをおすすめします。それでも改善しない場合は医療機関を受診しましょう。

熱中症の予防によい食べ物

熱中症の予防によい食べ物

熱中症を予防するために栄養補給は必須ともいえる条件です。そのために、疲労回復に役立つ栄養素「ビタミンB1」を多く含む食べ物を食べるようにしましょう。

 

ビタミンB1を多く含む食べ物の代表例として、豚肉や豆腐、味噌や納豆といった大豆製品、モロヘイヤ、玄米などが挙げられます。これらを中心とした食生活を送るように心がけましょう。

熱中症のお金事情:予防のための冷房vs発症した場合の入院費

熱中症のお金事情:予防のための冷房vs発症した場合の入院費

いくら熱中症が危険といっても、冷房を常に使っていては電気代がかかってしまう…と思ってしまう人も多いはず。節約意識の高い人は、「多少暑くても我慢すれば大丈夫」と冷房を使うのをためらってしまうかもしれません。

しかし、万が一対策を怠って熱中症にかかり入院することになった場合、電気代とは比較にならないほどの費用がかかります。ここでは、冷房を使って熱中症予防をした場合の費用と、熱中症を発症した場合の入院費について見ていきます。

 

たとえば、14畳クラスの冷房を使った場合の1時間あたりの電気代はおよそ2.8円~36.5円(消費電力105W~1,350W)。1日12時間冷房を使った場合を想定し、冷房の電気代が1時間あたり約20円であったと仮定すると1日約240円になります。1カ月に換算すると約7,200円となる計算です。

 

一方、節約のために冷房を使わずに過ごし、熱中症にかかって救急車で運ばれ1泊2日の入院をした場合を想定してみます。その際の内訳は、次のとおりです。

 

・救命救急センターに2日間入院:5万3,000円
・包括処置費:2万8,000円(熱中症の場合)
・初診料:4,000円
・合計:8万5,000円

 

熱中症にかかって8万円以上の出費をするくらいなら、電気代を節約せずに冷房をかけて生活した方が賢明ですし、何より健康的な生活を送ることができます。冷房の電気代は高くつきがちですが、転ばぬ先の杖ということを念頭に置いた方がいいかもしれません。

 

暑さを我慢していると、集中力が落ち、作業効率も下がってしまうといわれています。そのうえ熱中症で倒れて入院となってしまったら、費用がかかるだけでなく日常生活にも支障をきたしてしまいます。熱中症にかからないためにしっかりと休息と栄養をとり、対策を整えたうえで夏に臨んでいきましょう。

  • 著者:げんげんさん

    自動車ディーラーでの営業職を経て、現職であるFP関連出版社に転職。
    実際にお客様と対面するFPとの交流等で刺激を受け、自身もFP資格を取得し「生活に役立つFP知識」をわかりやすく紹介するために日々奔走中。


この記事をチェックした人にはコチラ!

関連記事