Vプリカの登録方法は?PayPalや海外インターネットサイトでも使える?

更新日:2019/09/17

インターネットショッピングを使えば、日本国内だけでなく海外のお店とも簡単に取引をすることができます。しかし、便利である反面、インターネットショッピングには、安全性という不安もつきまといます。安易にクレジットカード情報を入力してしまうと、不正利用されてしまうのではと不安に感じる人も多いでしょう。そこで今回は、クレジットカードよりも安全な取引ができる「Vプリカ」について、特徴や使い方をご説明します。

Vプリカの登録方法は?PayPalや海外インターネットサイトでも使える?

Vプリカとは

Vプリカとは

Vプリカは、クレジットカードブランドである「VISA」が使えるインターネットショッピング専用のプリペイドカードです。VISAで決済するインターネット通販サイトであれば、どこでもクレジットカードのように利用できます。クレジットカード情報を登録するのが不安な海外通販サイトでも、安心して使えますね。

 

また、Vプリカはクレジットカードとは違い、先払いのチャージ式です。そのため、「クレジットカードだと利用金額の管理が大変」「ついつい使いすぎてしまう」「そもそもクレジットカードを持っていない(作れない)」といった人にもおすすめです。

 

Vプリカはコンビニやインターネットで簡単に購入できますから、誰でも思い立ったときに使い始めることができます。

VプリカとVプリカギフトの違い

Vプリカと呼ばれるものには、「Vプリカ」と「Vプリカギフト」の2種類があります。どちらも基本的な使い方やシステムは同じですが、Vプリカがインターネット上で事前登録をした上でチャージをして利用するのに対し、Vプリカギフトは会員登録が不要です。

 

VプリカとVプリカギフトの比較表を作りましたので、どちらが良いか迷っている人は参考にしてみてください。

VプリカとVプリカギフト比較

Vプリカの登録方法

Vプリカの登録方法

Vプリカを使うための登録は、次のステップで進めます。

 

1. Vプリカのホームページを開く(http://vpc.lifecard.co.jp/
2. 右上の「アカウント開設(無料)」をクリック
3. 確認事項にチェックを入れて「次へ」
4. 普段使っているメールアドレスと、画像認証を入力して「確認」をクリック
5. 確認メールが届くので、本文中のURLをクリックして本登録画面へ
6. 氏名や生年月日などの個人情報を入力して「確認」をクリック
7. 確認メールが届いて登録完了

 

また、Vプリカアプリをダウンロードして、アプリから登録するのも便利です。Vプリカアプリを使えば、マイページと同じようにカード残高が確認できるだけでなく、残高合算やカード番号確認などもできます。

コンビニごとに違う?Vプリカの購入方法

コンビニごとに違う?Vプリカの購入方法

Vプリカはコンビニでも購入できますが、各コンビニによって購入方法が少し違います。どのように購入するのか見てみましょう。

 

Vプリカのコンビニでの購入手順は、ほとんどの場合下記の3ステップです。

 

1. コンビニ内の端末で「Vプリカ購入」を選択、購入したい券種を選ぶ
2. 申し込み券をレジに出して会計
3. コードが発行される

 

Vプリカの購入ができる端末は次のとおりです。

 

・セブンイレブン マルチコピー機
・ローソン Loppi
・ファミリーマート Famiポート

 

なお、デイリーヤマザキとセイコーマートでは端末が使えないので、「サンプルカード」をレジに持って行って会計します。

Vプリカのチャージ方法

Vプリカのチャージ方法

Vプリカの残高が少なくなってきたら、チャージしましょう。Vプリカでは、複数のカード残額を一つにまとめることから、チャージではなく「残高合算」と呼んでいます。

 

残高合算は、Vプリカのマイページかアプリ上で行います。コンビニで新しいVプリカを購入した場合は、まず、マイページやアプリからVプリカのコードを入力して、その後、もともと持っていたVプリカと新しいVプリカの残高を合算するという流れです。残高合算すると、カード番号やセキュリティコード、有効期限が新しいものになるので注意が必要です。

 

一方、インターネット上からVプリカを購入する場合は、マイページの「Vプリカ購入」からVプリカを購入して、「既存Vプリカの残高を加算」を選びます。

PayPalでVプリカを利用するメリット

PayPalは、セキュリティに優れた決済サービスです。年会費や国内取引の手数料もかからないため、安心してインターネットショッピングを楽しめます。しかし、たとえPayPalであっても、インターネット上にクレジットカード情報を乗せるのは不安という人もいるでしょう。

 

そういう人は、Vプリカを利用することでセキュリティ上のリスクを大幅に低減させることができます。Vプリカは残高合算をするごとに番号が変わりますし、チャージ式なので無制限に利用されてしまうということもありません。

 

インターネットショッピングの安全性が気になるという人は、PayPalでの支払いにもVプリカのようなクレジットカード代わりとして利用できるプリペイドカードを使ってみてはいかがでしょうか。

  • 著者:平林恵子さん

    人事労務関係の仕事からライターへ転身。
    経験を活かしてコラム執筆を行っています。
    2017年、見識を深めるためにFPの資格を取得しました。
    税金や給与計算などに詳しくない方にもわかりやすい解説を心がけています。


この記事をチェックした人にはコチラ!

関連記事