「体育の日」が「スポーツの日」に変わる?オリンピックとの深い関係

更新日:2019/10/10

秋の祝日である体育の日には、日本中で様々なイベントが行われます。地域や学校で体育大会や運動会が開催されることもあるでしょう。このように私たちの生活に根付いている体育の日ですが、2020年からスポーツの日に変わることはご存知でしょうか。ここでは、体育の日がスポーツの日となる理由や東京オリンピックとの関係、また東京オリンピックのチケット情報をまとめました。

「体育の日」が「スポーツの日」に変わる?オリンピックとの深い関係

「体育の日」の意味と由来

「体育の日」の意味と由来

体育の日はもともと1964年10月10日に日本で初めてオリンピックが開催されたことを記念して制定されました。スポーツに親しみ、健康な心身を培うことを趣旨として全国で様々なイベントが開催される祝日です。

 

1964年の東京オリンピックは、10月10日という夏季と言うには遅めの季節に開催されました。これには理由があります。この日は秋雨前線が去った後にやってくる晴れの特異日と言われていました。厳密には違うという説もありますが、高確率で晴天であると考えられて10月10日が開会式の日となったのです。そして1966年から、この日が体育の日になりました。

 

その後、ハッピーマンデー制度が導入されて一部の祝日は月曜日に異動することとなり、体育の日も10月10日から10月の第2月曜日に変更されました。せっかくの記念日が移動するため惜しがる声もありましたが、連休創出でレジャーなどに出かけやすくなったことも事実です。

各地で盛り上がるスポーツイベント

2019年の体育の日は、10月14日の月曜日です。この日は全国で多くのスポーツイベントが予定されています。例えば毎年恒例となっているスポーツ・レクリエーションイベント「新宿スポレク」は新宿コズミックセンター、新宿スポーツセンターなどを会場に、トップアスリートの講演会やスポーツの体験コーナーなど約90企画が体験できるイベントです。幅広い年代層が楽しめる秋のイベントとして、毎年多くの人が心待ちにしています。

 

江東区にある東京辰巳国際水泳場で行われる「辰巳スポーツフェスティバル」も多くの人を楽しませています。東京辰巳国際水泳場は世界新記録が2度も更新されたスイマーの聖地です。昨年はオリンピック出場選手たちによるレッスンや子供向けのイベントなどが開催されました。

 

今年も全国各地で様々なスポーツイベントが開催されるでしょう。地域によっては普段有料の施設が無料や割引になったり、体験できたりというサービスが用意されていることもあります。事前に調べて計画的に体育の日をエンジョイしましょう。

2020年から「スポーツの日」へ名称変更

2020年から「スポーツの日」へ名称変更

すでに定着した「体育の日」ですが、実は2020年から名前が「スポーツの日」になります。体育の日は学校教育のイメージが強いため、世界的に通用するスポーツの日に名称を変更するのです。

 

また、2020年に限り、休日が移動することも決まっています。ご存知のように、2020年には東京でオリンピック・パラリンピックが開催されますが、オリンピックの開会式は7月24日、閉会式は8月9日です。両日とも各国の要人などが来日するため、警備が厳戒態勢になり、交通機関などでも大混雑が予想されます。そこで開会式と閉会式の前後を祝日とすることで、通勤や通学、経済活動を減らし、東京オリンピックの進行をスムーズに運営しようというのが、この祝日移動の目的です。

 

具体的には、現在7月第3月曜日にある「海の日」を7月23日にして、スポーツの日を7月24日、さらに8月11日にある「山の日」を8月10日にします。これによって開会式の前後は4連休、閉会式前後は3連休となります。

 

ただし、この祝日移動は2020年だけの措置。2021年からは元の日程に戻ります。そういう意味でも、2020年という年は日本人にとって特別な年となるでしょう。この記念すべき時を現地で観戦して楽しむか、家で家族と観戦三昧をするか、今のうちに計画を立ててみてください。

2020年オリンピックチケットの再販スケジュール

2020年オリンピックチケットの再販スケジュール

2020年の東京オリンピックをせっかくなので観戦したいと、多くの人々が5月の1次抽選でチケットを申し込みました。また、1次抽選に申し込んで1枚も当選しなかった人を対象にした追加抽選が8月に行われました。ここで落選しても、まだ一般の座席チケットは残っています。

 

2019年秋からは第2次の販売も予定されています。さらにギリギリとなる2020年の春からは、第3次として都内の公式チケット販売所でチケットが販売される予定です。

 

また、チケットを購入したものの行けなくなった人が定価で転売できる公式サービスの設置も予定されています。最初の抽選に外れても、まだチャンスがなくなったわけではありません。

 

ただし、販売のスケジュールや販売に関しての詳細は変更される可能性があります。東京オリンピックの公式サイトやニュースでこまめに情報を確認するようにしてください。なお、公式チケット販売サイトでチケットを購入する場合は、TOKYO 2020 IDの登録が必要です。TOKYO 2020 IDを登録しておけば、チケットの販売情報についてメールマガジンなどで配信されるので便利です。

  • 著者:Y.Oさん

    株や社会情勢に興味を持ち、証券会社入社。
    在籍中にファイナンシャルプランナー2級を取得し、個人の資産運用への理解を深める。
    退社後に結婚と出産。
    現在は二人の子どもを育てながらライターとして活動中。


この記事をチェックした人にはコチラ!

関連記事