[落語家]三遊亭楽麻呂:ポイントなんかしらねえ!師匠それはもったいないです

更新日:2019/11/08

落語家:三遊亭楽麻呂が登場!ポイントの魅力をここだけの小噺で解説

[落語家]三遊亭楽麻呂:ポイントなんかしらねえ!師匠それはもったいないです

皆様こんにちは。三遊亭楽麻呂です。

私の師匠は三遊亭円楽です。円楽と言っても先代、五代目です。

日本テレビの「笑点」で20年以上にわたって司会を務めていました、あの円楽です。笑点で20年以上司会を務めて、メンバーにざぶとんをあげたり、取ったりしていた人です。いい答えには、惜しみなくたくさんのざぶとんをあげるので有名でした。

もうずいぶんと昔の話ですが、ある時、久しぶりに師匠のお供をすることになり、鹿児島に仕事に行きました。

お前何しているんだい?

羽田空港で、ちょっと失礼しますと言い、マイレージ登録の機械の前でカードを取り出して登録しようとしたその時です。

 

「お前何してるんだい?」

背後から師匠の言葉が飛んできました。

 

「マイレージ、つまりポイントを貯めているんです。たくさん貯まるとタダで飛行機に乗れちゃうんです。あっ、師匠はまだやっていないんですね。年間かなりの回数を搭乗する師匠もマイレージを貯めたほうがいいですよ。私が手続きしましょうか?」

と勧めたら

 

「世の中で大を成そうと思う者はそんなチマチマとしたことはしないもんだよ」

にこにこしながら諭すように言いました。さすが、成功者はかっこいいなとその時は思ったものです。

 

しかし、あれから時代は大きく変わりました。今の世の中でポイントを貯めないのは、旅に出かける時に、飛行機に乗らず、駕籠(かご)で移動しているようなものです。

まだポイントを貯めていない方、ぜひともポイントの世界へ!

▼スペシャル動画「ポイント小噺」



※この動画は音がでます。ご視聴になる際は周囲にご注意ください。

※お客様のご利用の端末・ネットワーク環境によって、一部表示されない場合があります。再読み込みをすると、表示される場合があります。

※ご利用環境によってご視聴が一時停止する場合がございます。回線状況などをご確認の上、再度ご視聴をお試しください。

三遊亭楽麻呂のポイント活用術

僕がポイントを貯めだしたのは、今を去ること20年ぐらい前。航空会社のマイレージでした。

落語家の仕事は東京だけでなく、結構地方からもお声が掛かって出かけていくことが多く、週に何回も飛行機を利用することがあります。

ある時、後輩が仕事でもないのに飛行機に乗ってたびたび旅行に行くことに気がつきました。一瞬、航空関係の身内でもいるのかと思いましたが、そんな気配はありません。ずいぶんと優雅な生活をしているなと羨ましくなりました。

 

かなり稼いでいるのかと。

 

しかし、よくよく聞いてみると、飛行機代は払ってないと言うではないですか。「どーゆーこと?」思わず身を乗り出しました。そこで初めてマイレージという制度を知ったのです。

 

「なぜ、もっと早く教えてくれないんだ」

思わず言ってしまいました。

なぜ、もっと早く教えてくれないんだ

 

それからは僕も始めて、今となれば、だいぶ恩恵にあずかっています。

 

そういえば先日、ある方が浮かない顔をして僕のところへやって来ました。どうやら家族に怒られたようです。

彼は家族とマイレージを使って家族旅行を計画しました。出張が多い方なので、かなり貯まっていると思っていました。しかし意気揚々と航空会社に電話して席の予約をいれたところ、相当の部分が失効になってしまっていた事実を告げられたのです。

あんなに貯めたのになくなっちゃうなんて。なぜもっと早く気が付かなかったのか、もったいないったらありゃしないと、ご家族からの総攻撃を受け、3日間家に入れてもらえなかったそうです。

 

ポイントは「期限がある」ということがポイントを貯める上での最大のポイントで、このポイントを押さえないとポイントはだめです。

 

ともかく、マイレージを貯めることをきっかけとして僕のポイント人生が始まりました。

それからというもの、ポイントを貯めることが楽しくて楽しくてしょうがありません。今では、当時と違って対象がかなり増えてきました。

電車に乗っても、コンビニで買い物をしても、ネットでクリックしても、何でも貯まります。

 

この間知り合った女性はポイントを使って月5万円ぐらい得をしているそうです。5万円ですよ! 好きなものに換えたり、割引してもらったり、はたから見ていても鼻息が荒いのが分かります。さらに、このことはご主人には気づかれてないと、うれしそうに語ってくれました。

いわば主婦のへそくりみたいなもんですね。時々内緒でおいしいものを食べてるみたいです。

しかし、月5万円分は、どうやって貯めているんでしょうか。残念ながらその手口、いえ、やり方は教えてもらえませんでしたが工夫によってはそれだけ大儲けするんだと感心しました。

あ、そうそう、その方がこんなことも言ってました。「今はポイントで自分のお金を増やせる可能性もあるのよ」と。

まさにこの時代はポイントを制するものが世界を制する、ですね。

 

人生で、ポイントを貯めない、使わないということになると、その人の損失は膨大なものになってしまいます。誰でも損をするよりは得をしたいですよね。

今からでも遅くありません、みんなでポイントを貯めて幸せになりましょう! え、そんなことを言ったら亡き師匠が草葉の陰で悲しむって? いやいやもうあの時とは時代が違います。

今だったら、きっとこう言うでしょう。

ざぶとん10枚

 「おーい、山田くん。一生懸命ポイントを貯めている楽麻呂にざぶとん10枚!」

  • 三遊亭楽麻呂

    昭和57年3月 五代目三遊亭円楽に入門
    平成3年5月真打昇進
    ロシア、旧ユーゴスラビア、イギリス、アメリカ、インド等海外公演多数
    現在 五代目円楽一門会事務局長


▼あわせて読みたい「ポイント活用」

LINE友だち追加

関連記事