自動車保険の保険料に大きく影響!ノンフリート等級制度について

更新日:2019/11/22

車を所有していると必要になるのが自動車保険。どうせ加入するなら、少しでも安く済ませたいですよね。自動車保険の保険料は、基本的に安全運転を心がけて事故を起こさなければ毎年下がっていきます。この記事では、保険料が下がっていく仕組みである「ノンフリート等級」についてお伝えしていきましょう。

自動車保険の保険料に大きく影響!ノンフリート等級制度について

自動車保険の「等級」とは

自動車保険の「等級」とは

等級(ノンフリート等級)は、自動車保険の保険料を決定する要素のひとつ。事故の履歴により、保険料が割引されたり割り増しされたりする仕組みのことを言います。つまり、過去に事故を起こしたことがある人は保険料が高くなり、事故を起こすリスクが少ない人の保険料は安くなるのです。

等級は1等級から20等級まで20段階に分かれており、数字が大きくなるほど割引率が高くなります。初めて自動車保険に加入するときは基本的に6等級からのスタートです。1年間、保険を使うような事故がなければ翌年に1等級上がり、7等級となって保険料が割引されます。

ノンフリート等級の「フリート」とは、契約の種類を表しています。契約台数が9台以下の場合はノンフリート契約、10台以上の契約がフリート契約です。個人の場合はノンフリート契約が一般的でしょう。ノンフリート契約における自動車保険の割引(割増)率を定めた等級制度が「ノンフリート等級」と呼ばれています。

あおり運転なんて問題外!安全運転ほど自動車保険料が安くなる

あおり運転なんて問題外!安全運転ほど自動車保険料が安くなる

昨今、社会問題となっている「あおり運転」。前方を走る車を威嚇するようにして距離を詰めたり追い回したりするあおり運転は、死亡事故などの重大事故につながりかねない危険極まりない行為です。

あおり行為のような危険運転は、保険料にも影響があります。安全運転で事故を起こさなければ、自動車保険の保険料が安くなるためです。

・無事故もしくは過失のない事故があった場合
自動車保険の契約は1年更新のため、この1年間に保険を使うような事故がなければ等級がひとつ上がって保険料が安くなります。万一事故を起こしたとしても、自分に過失がなく、相手の保険で補償される場合は「ノーカウント事故」となり等級への影響はありません。通常どおり翌年の等級が上がって保険料が割引になります。

・過失のある事故を起こしてしまった場合
反対に、あおり運転による追突など自分自身に過失があるような事故を起こして保険を使うと、3等級ダウンしてしまいます。等級が下がるだけではなく、以後の3年間は事故有りの扱いとなり「事故有の割引率」という低い割引率が適用されます。

ただ、事故を起こしてしまったからとはいえ、事故有の割引率が永遠に続くわけではありません。翌年には1等級ずつ上がっていきます。割引率は、事故を起こしてから3年間は事故有、4年度目にしてようやく「無事故割引率」が適用になります。

例として、楽天の総合自動車保険「PAP」の等級別料率制度を見てみましょう。例えば、12等級だった人が事故を起こした場合は3等級ダウンして9等級になります。

12等級の無事故割引率は48%ですが、翌年は事故有りの割引率が適用となり割引率は22%です(2019年10月時点)。その差はなんと26%。命を守る安全運転が、実はお財布さえも守っているのだということがよくわかると思います。

車を運転していると、渋滞に巻き込まれたり急に割り込まれたりしてイライラすることがありますが、あおり運転は禁物。できるだけ平常心で運転することを心がけましょう。

ノンフリート等級制度は10年間保存ができる!?制度をよく知ろう

ノンフリート等級制度は10年間保存ができる!?制度をよく知ろう

海外赴任や留学など、なんらかの事情で車を手放して自動車保険を解約することもあるでしょう。その場合、気になるのはせっかく安全運転を心かげて積み上げた等級です。

自動車保険の等級は、解約の際に保険会社に依頼すると「中断証明書」を発行してもらえます。中断証明書とは、自動車保険の契約を続けられなくなっても、最大10年間は中断したときと同じ等級を引き続けるというものです。

中断証明書があれば、自身が将来的に自動車保険に再加入する際に等級を引き継げるだけではなく、同居の家族が車を持つ場合でも、その等級を継続できます。本来、新たに自動車保険に加入する場合は6等級から始めなければなりませんが、仮に20等級で中断していた場合は20等級で再加入が可能です。楽天の総合自動車保険「PAP」の等級別料率制度を見ると、再度新規でスタートする場合は6等級の19%、20等級が引き継げれば63%と大きく割引を受けられます。

ただ、中断証明書は自動車保険を解約すれば必ず発行されるわけではなく、こちらから請求しなければなりません。そのうえ、7等級以上でなければ発行できないなど、一定の条件があります。解約時に保険会社に確認しておきましょう。

また、中断証明書は、万一、解約を申し出るときに請求を忘れていたとしても、解約日の翌日から起算して13カ月以内であれば発行してもらえます。保険料を少しでも安くしたいなら中断証明書の発行は忘れずに行いましょう。

安全運転を心がけると自動車保険が安くなる

車を使う方なら、自動車保険への加入は欠かせません。少しでも保険料を安くするために保険会社を比べることも大切ですが、もっとも保険料の節約に繋がるのは事故を起こさないようにすること。常に心に余裕を持った運転を心がけましょう。

また、楽天の保険の総合窓口では自動車保険以外にも生命保険や火災保険など、万が一の生活をサポートする商品が紹介されています。総合的に一度保険の見直しをしてみるのも良いでしょう。

  • 著者:ことりえさん

    奈良県在住のフリーライターです。
    長年、企業で経理事務をしてきた経験とFP資格を生かしてお金に関する記事を執筆しています。
    専門用語を使わず、わかりやすく書くことを心がけています。
    趣味はファイナルファンタジー。


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事