コミケの経済効果がすごい!コミケ初心者が抑えるべきポイントも

更新日:2019/11/27

「オタクの祭典」とも呼ばれる「コミケ」は、国内外を問わず多くの人が注目するイベントで、大きな経済効果をもたらしていることでも知られています。一度コミケに参加してみたいけどイマイチよく分からなくて心配…という方もいるでしょう。この記事ではコミケがもたらす経済効果、そしてコミケ初心者の抑えるべきポイントをお伝えします。

コミケの経済効果がすごい!コミケ初心者が抑えるべきポイントも

コミケとは

コミケとは

そもそも「コミケ」とは「コミックマーケット」の略称で、個人間でサークルという団体を結成した人たちが、同人誌(自費で製作した雑誌)を販売するイベントのことです。現在は東京ビッグサイトを会場に年に2回開催されています。コスプレをしている方たちが注目されがちですが、メインは同人誌の頒布です。

その歴史は意外にも古く、第1回は1975年。現在は一度の開催で50万人を超える人々が訪れるコミケですが、発足した当時の来場者は数百人の規模でした。年々注目度を増していった結果、今では日本の文化を象徴するイベントの一つとなっています。

2019年夏のコミケ経済効果

2019年夏のコミケ経済効果

例年のコミケは1度の開催で3日間の期間となっていましたが、2019年は初の4日間開催という試みが行われました。8月9日(金)~12日(月)の日程で、参加サークル数はおよそ3.2万サークル、来場者数は73万人に上っており、その経済効果はおよそ150億円と言われています。

年に2回となるとその金額は300億円ほど。この金額は人気歌手、安室奈美恵さんが引退発表してからの一年でもたらした経済効果と同じぐらいの数値です。

参加者のなかには1日に10万円もコミケで使用する方や、コミケのために貯金をしているという方も。いわゆるオタクの市場規模は年間5,700億円といわれており、こういった方々によってコミケは応援され続けています。

海外からの参加者はどれくらい?

海外からの参加者はどれくらい?

コミケには近隣国である韓国をはじめ、外国からの参加者も多くの訪れています。海外からの参加者の8割は一般参加で、2割はサークル参加と言われています。

海外にも認知が広がっているコミケですが、海外のファンはどこでコミケを知っているのでしょうか?コミケの公式アンケート調査によると、「マンガ・アニメ・ゲームで知った」「Webで知った」という声がそれぞれ4割ほどで、海外の人達が日本の文化に慣れ親しんでいることが窺えます。

また「何のためにコミケに参加したのか?」という調査では、「同人誌を購入するため」が約29%、「日本で最大のマンガ・アニメ・ゲームのイベントを体感するため」が約25%と二つを合わせて半数以上を占めています。

そして海外から参加した方々ももちろん、コミケでお金を消費しています。アンケートでは約半数の方が5,000~3万円を同人誌やグッズの購入に費やしたと答えており、人によっては日本のヘビーユーザーと同じく10万円以上も消費する人も。コミケは日本と海外の経済の懸け橋になっているのです。

初心者が参加するときに気をつける点

初心者が参加するときに気をつける点

日本の文化と経済を象徴するコミケですが、どことなく初心者は入りづらい…と考えている方も多いのではないでしょうか?しかし、誰でも最初は初心者です。参加するときに気をつけるべき、いくつかの点をご紹介します。

・体調管理は万全に
コミケは多くの人が訪れるイベントです。特に夏の開催では、会場は熱気に満ちており、常に汗をかくことは免れないでしょう。熱中症の危険も伴うので、水分や塩分をこまめに補給することが大切です。また会場は非常に広いため、一日中歩き回らなければいけません。コミケの参加前の不眠、徹夜は必ず体調不良となって現れます。ワクワクする気持ちもあるかもしれませんが、参加前はしっかりと睡眠をとりましょう。

・「客」ではなく「参加者」としてマナーを大切に
コミケは同人誌を販売する「サークル」と同人誌を購入する「参加者」の双方によって成り立つイベントです。互いに尊重し、マナーを大切にすることが大切なのは言うまでもありません。たくさんの人が訪れるので、身だしなみの清潔感はもちろん、香水のつけすぎも要注意です。

また小銭や千円札など、お金の用意にも心遣いができればベスト。同人誌の購入の際に高額な紙幣で支払ってしまうと、特に開会直後はサークルのお釣りが足りなかったり、お釣りの対応をしている間に行列ができてサークルの回転が悪くなってしまったりすることもあります。マナーを守ってコミケをより楽しみましょう。

・事前準備は入念に
コミケは参加サークルも多く、日によって出店しているサークルが違います。また、会場がとても広いためどこに何があるのか把握しきれないことも。「目的のサークルやブースに行けなかった…」とならないためにも、事前に公式ホームページなどで公開されている情報を入念にチェックしてから参加しましょう。


コミケは世界でも最大規模の同人誌即売会。たくさんの人が関わっており、非常に大きな経済効果を持つことでも例年注目を集めています。とっつきづらい印象があるかもしれませんが、準備をしておけば誰でも参加は可能です。気になる方はぜひその熱気を体感しに足を運んでみてはいかがでしょうか。

コミケでのお買いものは、基本的に現金払いのみとなります。楽天銀行なら全国の主要ATMに対応しているので、万が一手持ちが足りなくなってもすぐに現金を引き出すことができるでしょう。

  • 著者:ブロッコリーさん

    関東在住のフリーライター。
    現在は資格で得た知識をもとに国内株式、不動産投資、ロボアドバイザーを用いて無理のない範囲で資産運用を行っている。


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事