酸素カプセルはダイエットにも効果的?基本的な効果やカプセル内の過ごし方

更新日:2019/12/03

サロンやクリニックを中心に導入されている酸素カプセル。美容や睡眠不足などの悩みを解決できると聞き、興味が湧き始めた方もいるのではないでしょうか。カプセルに一定時間入ることで、疲労回復や肩こり解消などの効果が期待できるといいますが、それはなぜでしょう。ここでは酸素カプセルがどのようなものなのか、また具体的にどのような効果が期待できるのかについて詳しくご紹介します。

酸素カプセルはダイエットにも効果的?基本的な効果やカプセル内の過ごし方

酸素カプセルはダイエットに最適?

酸素カプセルはダイエットに最適?

酸素カプセルを提供しているサロンやクリニックでは、酸素カプセルのさまざまな効果の一つとしてダイエット効果を上げています。しかし、酸素カプセルに入るだけで、簡単にダイエットできるわけではありません。では、ダイエット効果を引き出すにはどうしたら良いのでしょうか。次のように酸素カプセルを利用するのが良いとされています。

・トレーニングをしたあと酸素カプセルに入る
有酸素運動のトレーニングは脂肪の燃焼につながります。有酸素運動の結果、脳内に酸素が通常よりも多く取り込まれると、脳は脂肪燃焼につながる脳内物質の分泌を促すからです。有酸素運動をしてもなかなか体重が減らない方は、酸素をうまく取り込めていない可能性があります。そのような場合、トレーニング後に酸素カプセルを使用することで酸素をより多く取り込み、脂肪を燃焼させます。

トレーニングとの関係で酸素カプセルがダイエットに役立つかどうかという点については、現在の体内の状態や有酸素運動の有無・内容などによって変わるといえるでしょう。

・酸素カプセルの効果を引き出すには生活習慣の改善も大切
酸素カプセルを使えば酸素をより多く取り込めるため、新陳代謝を高める効果も期待できます。しかし、酸素カプセルに入るだけでは、ダイエット効果は限定的になってしまいます。ダイエット効果を高めるには、酸素カプセルの定期的な利用と同時に、生活習慣の改善も大切です。具体的には毎日少しでも有酸素運動を継続したり、栄養バランスのよい食事を心がけたりといったことです。

酸素カプセルの仕組み

酸素カプセルの仕組み

酸素カプセルと似たものに高気圧酸素治療があることはご存じでしょうか。ここでは酸素カプセルの仕組みを説明しながら、高気圧酸素治療との違いについて分かりやすく解説します。

・酸素カプセルは気圧を高める装置
酸素カプセルには、カプセル内の気圧(内部気圧)を高める加圧装置があります。そして加圧装置で気圧を上げた内部に、濃度の高い酸素が送り込まれる仕組みです。カプセルの中には1人分が入ることのできるスペースがあり、横に入る設計が一般的です。

一般的な酸素カプセルは、内部気圧を1.3気圧程度にまで高め、溶解型酸素を体内に取り込みます。溶解型酸素とは分子の細かい酸素のことで、ヘモグロビンと結合しなくても毛細血管まで行き渡るのが特徴です。ちなみに私達が普段呼吸している空気中の酸素は、結合型酸素と呼ばれるもので、ヘモグロビンと結合しなければ体内に取り込めない性質があります。

・高気圧酸素治療は1.3気圧より高く目的が違う
病院で用いられている酸素カプセルは高気圧酸素治療などと呼ばれています。大きな違いは気圧の高さと治療効果・目的です。

サロンなどで使用されている酸素カプセルは1.3気圧程度までですが、高気圧酸素治療は2気圧以上にしています。また、高気圧酸素治療は、ダイエット効果や美容効果を目的としていません。減圧症や低酸素性脳機能障害などの治療に用いられるものです。酸素カプセル(加圧カプセルなど)と、高気圧酸素治療は大きく違うということを覚えておきましょう。

酸素カプセルの主な効果

酸素カプセルの主な効果

酸素カプセルにはダイエット効果だけでなく、健康に関する効果も期待できます。サロン・クリニックはだいたい共通して、酸素カプセルの効果には以下のようなものがあると謳っています。

睡眠不足解消
美肌効果
アンチエイジング
けがの早期回復
疲労回復
肩こり・腰痛の改善
ダイエット効果
集中力向上
レオロジー効果

レオロジー効果とは、骨格や筋肉のバランスを整える効果のことです。酸素カプセル内は気圧が高いので、体にも多少の圧力がかかり、このような効果が得られます。また、肩こり・腰痛・美肌・集中力を上げる効果が期待できるのは、酸素カプセル利用で血流がよくなったり、脳に届く酸素量が増えたりするためです。酸素カプセルは、けがの回復速度を高める効果も期待できます。なぜなら、細胞の再生に必要な酸素を、酸素カプセルでより多く取り込めるからです。

酸素カプセル内での消費カロリー

酸素カプセル内での消費カロリー

酸素カプセルを使用するだけで、大きなカロリー消費やダイエットができると考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、消費カロリーを増やすためには、酸素カプセルを使用して酸素の取り込み量を増やすと同時に、普段から有酸素運動をしたり生活習慣を改善したりすることが大切です。酸素カプセルと運動をセットで行うと新陳代謝がよくなり、酸素カプセル使用前よりも消費カロリーを増やすことができます。

カプセル内での過ごし方

酸素カプセルに入っている時間は45分から60分ほど。カプセル内でゆっくり過ごすことができます。じっとしているだけでは退屈に感じるときは、カプセル内にスマートフォンや本などを持ち込めるので、何か作業をして過ごすこともできます。

また、カプセル内の気圧が高くなるため、カプセル内での耳抜きが必要です。酸素カプセルに入ると、飛行機の中や登山をしたときと同じように、耳が痛くなります。酸素カプセルに入った直後は、まず耳抜きをして快適に過ごせるようにしましょう。

酸素カプセルにはダイエット効果も期待できます。ただし、有酸素運動と生活習慣の改善もセットで継続することが、効果を伸ばすために必要です。疲労回復効果や美肌効果なども期待できますので、これから酸素カプセルを始める方は、生活習慣の改善も同時に進めるプランをたてるのがおすすめです。

楽天ビューティでは、酸素カプセルのあるサロンも掲載されています。ご予約ごとに楽天スーパーポイントが貯まるので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

  • 著者:菊地 祥さん

    専業ライターの菊地です。
    株式・投資信託8年目。
    もっとお金やライフプランについて知りたいと思い、2018年にFP技能士3級を取得しました。
    現在は2級取得を目指して勉強中です。
    お金に関するあらゆる専門知識を、分かりやすく説明します。


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事