ゴルフ保険って入った方が良い?補償内容や選び方、おすすめの保険をチェック

更新日:2020/04/20

家計におけるお金の使いみちのひとつに、スポーツがあります。夏はテニス、冬はスキーやスノーボードといった感じで、楽しんでいる方も多いでしょう。また最近では女子プロゴルフ界で新しいスターも登場しており、これからゴルフを始めてみようと考えている方もいるかもしれません。その際、前もって検討しておきたいのが保険への加入。ゴルフをプレーする場面では、特有のリスクがあります。ここではゴルフ保険の必要性や選び方、おすすめの保険などを紹介していきたいと思います。

ゴルフ保険って入った方が良い?補償内容や選び方、おすすめの保険をチェック

ゴルフ保険(ゴルファー保険)とは?

ゴルフ保険(ゴルファー保険)とは?

ゴルフは、ゴルフクラブを振って硬いボールを飛ばすスポーツです。時に事故が起こったり、思わぬ出費が発生したりする可能性があります。そんなリスクに備えるのがゴルフ保険。まずはゴルフ保険の補償内容を確認しましょう。

 

・ゴルフ保険の補償内容は4つ

ゴルフ保険では(1)自分がけがをした場合、(2)他人にけがをさせた場合、(3)ゴルフ用具の破損や盗難、(4)ホールインワンやアルバトロスの達成にともなうお祝い、という4つのケースでの費用が補償されます。

 

なかでもゴルフ保険の特徴となっているのが、「ホールインワンやアルバトロスの達成にともなうお祝いにかかる費用」という補償の項目。これはどういったものなのでしょうか。

 

ホールインワンは、第1打でボールがカップに入ること。こちらはご存じの方も多いでしょう。もうひとつの「アルバトロス」は、「パー」と呼ばれる基準の打数よりも、3打少ない打数でカップに入れることを意味します。たとえばパー5のホールで、第2打がカップに入れば「アルバトロス」になるということです。ホールインワンより難しいと言われることもあります。

 

ゴルフ保険の補償内容は4つ

 

「ゴルフコンペ」と呼ばれる競技会や大会に参加して、ホールインワンやアルバトロスを達成したときは、達成者自身が費用を負担してお祝いをするのが慣例になっています。達成した人が祝ってもらえるわけではありません。キャディさんにチップを渡したり、他の参加者に贈り物をしたりするだけでなく、祝賀会を開いたり、記念植樹をしたりすることもあり、お祝いの規模にもよりますが、数十万円から百万円程度の出費が見込まれます。

 

・ゴルフ保険って本当に必要なの?

保険は、起こる確率は低いけれど、もし起こったら多大な費用が発生するという場面で有効です。万が一、ゴルフクラブなどで他人に大きなけがを負わせてしまった場合、損害賠償を貯蓄などで賄えるでしょうか。またゴルフ用具は高価なものも多く、盗難に遭う可能性もあります。ホールインワンの祝賀費用については、ゴルフ特有のリスクでもあり、ほかの保険ではなかなかカバーできないと考えられます。納得できる保険料であれば、ゴルフ保険に加入することで安心してプレーができるでしょう。

ゴルフ保険の選び方

ゴルフ保険の選び方

ゴルフ保険に入る前に、保険期間や補償範囲を確認しましょう。

 

・まずは保険期間を決めよう

ゴルフ保険にはさまざまな保険期間のタイプがあり、状況に応じて使い分けることが可能です。掛け捨てのゴルフ保険では、保険期間が1日・1週間・1年といったものから選べます。年に何回ゴルフをプレーするのかによって、保険料がお得になるように選ぶのが良いでしょう。1日タイプに何度も加入するより、1年タイプに入ったほうが良いことがあります。

 

このほか保険期間が3年・5年・10年となるような、積立タイプのゴルフ保険もあります。積立型傷害保険に、ゴルフに必要な補償を付加したものです。貯蓄性があり、満期返戻金を受け取れます。旅行やゴルフ用品の購入を目的として、貯蓄を兼ねて加入するという使い方もできそうです。

 

・いつどこで適用されるのか確認

ゴルフ保険を選ぶ際には、補償範囲についてチェックしておきたいポイントがいくつかあります。まずは、海外でのプレーが補償されるかどうかです。ホールインワンに関する補償は、一般的に海外では範囲外となります。ホールインワンのお祝いをするのは、日本特有の習慣であるためです。また自宅などコース外における練習での事故が補償されるかについても、確認しておいたほうが良いでしょう。

 

・ほかの保険でカバーできる場合も

ゴルフ保険には4つの補償内容があります。そのなかでホールインワンのお祝い費用以外については、すでに加入している保険を活用してカバーすることも可能です。他人にけがをさせてしまうケースでは、火災保険・自動車保険・傷害保険などに個人賠償責任補償を付加することで対応できるでしょう。ゴルフ用品の破損や盗難の対策としては、携行品損害補償特約があります。どのリスクをどの保険でカバーするのか、漏れや重複がないかチェックしておきたいものです。

ゴルフ保険の加入方法

ゴルフ保険の加入方法

ゴルフ保険は損害保険会社が取り扱っています。

 

・保険代理店やネットで申し込みができる

ゴルフ保険への加入は、一般的な保険と同じように、インターネットで申し込むことができます。対面で説明を受けながらゴルフ保険を選びたい、という場合には保険代理店の店舗を利用するのが良いでしょう。申し込む際に確認しておきたいのは、いつから補償が始まるのかという点。プレーする日が含まれているかが重要です。

 

・補償範囲や証明方法は事前にチェックしよう

加入する前には、補償範囲に不足がないか確認しておくことが必要です。保険によって補償される金額も違ってきます。とくに他人にけがをさせてしまった場合の補償には注意が必要でしょう。また証明方法で気を付けたいのは、ホールインワン費用の補償を受ける場合です。キャディを伴わないセルフプレーでは、ビデオ映像や目撃者などによる証明が必要になります。

おすすめのゴルフ保険

最後にいくつか、おすすめのゴルフ保険を挙げておきます。au損保の「ゴルフの保険」は保険期間が日帰り・1泊2日のもので、保険料は428円から。個人賠償責任は5,000万円から、ホールインワン・アルバトロス費用は10万円からの補償となっています。

 

保険期間1年のものとしては、楽天損保の「ゴルフアシスト」がおすすめ。年間保険料は3,250円からとなっています。こちらは賠償責任が1億円、ホールインワン・アルバトロス費用が10万円といった補償内容。安心してプレーできるように、これからゴルフを始める方も、ゴルフ保険への加入をぜひ検討してください。

  • 著者:黒川ヤスヒトさん

    証券会社でリテール営業を経験し、AFP資格を取得。
    現在ライターとして、パーソナルファイナンスに関する情報の発信を手がけています。
    関心分野は、ライフプランに関する意識調査や最新の金融商品・サービスなど。


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事