金運アップにおすすめの日本のパワースポットと穴場の観光名所とは

更新日:2020/04/22

貯蓄の目的はさまざまですが、「旅行」のためにお金を貯めているという方も多いようです。『とらばーゆ』が働く女性322人に貯蓄の目的をたずねた調査では、具体的なものとして「マンション購入の資金」や「結婚資金」と並んで、「旅行に行くため」がランクインしていました。じっくりと旅行資金を貯めながら、行ってみたい場所を探すのも良いではないでしょうか。ここでは最近人気の観光名所や、金運アップのパワースポット、さらには穴場でねらい目の旅行先をいくつかピックアップして紹介していきたいと思います。

金運アップにおすすめの日本のパワースポットと穴場の観光名所とは

いちどは見たい、日本の観光名所とは

いちどは見たい、日本の観光名所とは

それではまず、最近のトレンドとなっている旅行先から、観光名所を紹介します。楽天トラベルのWebマガジン『マイトリップ』では、2019年に予約実績を伸ばした旅行先の都道府県ランキングを発表しました。1位は北海道で前年比+13.0%、2位が香川県で前年比+12.2%、3位が鳥取県で前年比+11.7%という結果になっています。

 

・小樽運河(北海道)

1位の北海道から紹介するのは「小樽運河」。アクセスはJR北海道の小樽駅から徒歩で約8分。駅から歩いて行ける場所にあります。運河沿いの木骨石造倉庫群は当時の姿を残していて、周辺には散策路が整備されています。また散策路には63基のガス灯が設置され、夕暮れからライトップされるのが見どころです。さらに小樽は大正・昭和初期まで多くの銀行が作られ、「北のウォール街」と呼ばれていました。旧北海道銀行本店などの建築物が今でも残っています。お金に関係が深い場所と言えるでしょう。

 

・小豆島エンジェルロード(香川県)

2位の香川県で行ってみたいのは「小豆島のエンジェルロード」。土庄港(とのしょうこう)から小豆島オリーブバスで10分の場所にあります。エンジェルロードは小豆島の前島から、その沖にある中余島・大余島へと続く500mの細長い砂州。潮の満ち引きにより1日に2回だけ現れ、歩いて渡ることができます。ロマンチックな雰囲気を味わえるでしょう。ちなみに小豆島は、日本におけるオリーブ栽培の発祥地で、「オリーブの島」と呼ばれることもあります。

 

・久松公園(鳥取県)

3位の鳥取県で観光名所となっているのは「久松公園(きゅうしょうこうえん)」。公園近くの久松山には、かつて鳥取城が建てられていました。鳥取駅からバスで8分、「西町」で下車し徒歩5分という場所にあります。見どころは公園内にある「仁風閣(じんぷうかく)」。国の重要文化財にも指定されている明治洋風建築です。映画『るろうに剣心』のロケ地にもなりました。春には数多くの桜が咲き、日本さくら名所100選に指定されています。

特に金運アップが期待できる噂のパワースポットとは

特に金運アップが期待できる噂のパワースポットとは

観光名所の中には、金運アップのご利益がある神社なども数多く存在します。投資の成功や宝くじの当せんなど、願い事をしに行くのを兼ねて旅行をするのも良いかもしれません。金運のパワースポットを3カ所選んでみました。

 

・金華山(宮城県)

まず紹介するのは「金華山(きんかさん)」。宮城県石巻市の太平洋上に浮かぶ島です。パワースポットとなっているのは、島にある黄金山神社(こがねやまじんじゃ)。1250年の歴史がある神社です。言い伝えでは、「3年つづけてお参りに行くと、一生お金に困らない」とされています。アクセスとしてはまず、仙台から石巻市まで電車で1時間、バスで港へ向かい金華山までフェリーに乗ることになります。野生のシカが多いことでも有名です。

 

・お湯かけ弁財天(静岡県)

温泉を楽しみつつ、金運アップのお参りもできるのが、静岡県の「お湯かけ弁財天(べんざいてん)」。伊豆熱川駅から徒歩で3分の場所にあります。お湯かけ弁財天の尊像に熱いお湯をかけて願い事をすると、何でも叶うと言われています。そして金運アップのパワースポットとなっているのが、弁財天のそばにある宝池。ここでお金を洗うと、金運に恵まれるということです。お湯かけ弁財天は熱川温泉(あたがわおんせん)に近く、周囲は旅館やホテルが並ぶ温泉街となっています。

 

・飛瀧神社(和歌山県)

和歌山県の飛瀧神社(ひろうじんじゃ)にも、金運のパワースポットがあります。飛瀧神社は、那智の滝を御神体とする神社。滝の飛沫を浴びるだけで、寿命が延びると言われています。金運をアップさせるのは神社にある「光ヶ峯遥拝石(ひかりがみねようはいせき)」。なでる回数でご利益が変化するそうです。1回だと縁結び・心願成就、2回なでると金運隆盛・家庭安全、3回では厄除け・身体健勝となっています。JR紀伊勝浦駅からバスで約20分の場所です。

これは穴場?

これは穴場?

旅行の穴場探しには、ブランド総合研究所の「都道府県&市区町村の観光意欲度ランキング2019」を活用したいと思います。このランキングで45位となったのが佐賀県、46位が埼玉県、47位となったのが茨城県でした。ランキングは低くても、素晴らしい観光名所を見つけることができます。

 

・嬉野温泉(佐賀県)

佐賀県で訪れてみたいのは、「嬉野温泉(うれしのおんせん)」。日本三大美肌の湯に選ばれています。嬉野ICより車で約5分というアクセス。ご当地グルメの「温泉湯どうふ」が有名です。

 

・トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園(埼玉県)

埼玉県にあるのは、「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」。西武池袋線の元加治駅から歩いて20分の場所にある施設です。北欧生まれの人気キャラクター「ムーミン」が住む「ムーミン谷」の世界を再現しています。

 

・国営ひたち海浜公園(茨城県)

茨城県で行ってみたいのは「国営ひたち海浜公園」。公園の総面積は350haで、東京ディズニーランドの約7倍という規模です。広い敷地は7つのエリアに分かれていて、サイクリングコースが整備されています。レンタサイクルでサイクリングを楽しめるでしょう。ひたち海浜公園ICから車ですぐの場所にあります。

 

行きたい場所が決まったら、さっそく取り掛かりたいのがホテルや航空券の確保。楽天トラベルでは、オンラインで予約することができます。定期的に発行される割引クーポンを使えば、予約する際にその場で料金から割り引かれるというお得なシステムもあります。

 

また旅行の準備のひとつとして、キャッシュレス決済の楽天ペイをスマホで使えるようにしておくと便利です。多額の現金を持ち歩かなくて済み、食事や買い物での支払いもスムーズ。旅をより快適なものにできるでしょう。

参考サイト

・とらばーゆ|働く女子322人の最新リアル・マネー事情 2020.4.21
https://toranet.jp/contents/money/income/774/

 

・マイトリップ(楽天トラベル)|2019年国内旅行先 年間人気上昇エリアランキング 2020.4.21
https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/ranking/trend/

 

・ブランド総合研究所|地域ブランド調査2019 2020.4.21
http://tiiki.jp/survery2019/

  • 著者:黒川ヤスヒトさん

    証券会社でリテール営業を経験し、AFP資格を取得。
    現在ライターとして、パーソナルファイナンスに関する情報の発信を手がけています。
    関心分野は、ライフプランに関する意識調査や最新の金融商品・サービスなど。


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事