楽天ペイとは?特徴とお得なポイント還元方法を詳しく解説!

更新日:2020/07/27

キャッシュレス決済の普及が進んでいます。普及の要因はいくつか考えられます。まずは2019年10月に消費税率アップ。これに合わせてキャッシュレス決済時のポイント還元事業がおこなわれ、キャッシュレス決済への関心が高まりました。そしてもうひとつが、2020年の新型コロナウイルスの流行。現金のやり取りがなくレジでの決済がスムーズになるため、接触による感染リスクを低くすると考えられています。そこで今回はスマホを使ったキャッシュレス決済が可能な楽天ペイについて、お得にポイント還元ができる使い方などを解説していきたいと思います。

楽天ペイとは?特徴とお得なポイント還元方法を詳しく解説!

楽天ペイとは?

楽天ペイは、スマホ決済とオンライン決済の両方が使えるサービスです。街のお店で使う場合は、楽天ペイアプリをインストールしたスマホで決済します。スマホの画面に表示したQRコードを読み取ってもらうなどでレジでの支払いができます。ネットショッピングでも楽天ペイを決済方法として選択できるショッピングサイトなら、楽天IDとパスワードを使って支払いが完了。楽天ペイは街でもネットでも、支払いに使用できます。

楽天ペイの使い方とメリットは?

楽天ペイの使い方とメリットは?

楽天ペイのスマホ決済を利用する場合は、まず楽天ペイアプリをインストールします。楽天の会員情報を入力してログインし、電話番号によるSMS認証をおこないましょう。あとはアプリ決済で利用する支払い元を選択し、登録完了です。支払い元としては、すでに楽天に登録してあるクレジットカードから、楽天ペイに設定可能なものが表示されるので選択します。

 

・店頭で楽天ペイを使う場合

スマホ決済では、コード払い・QR払い・セルフ払いが使えます。コード払いでは、お支払い方法で「R Payコード・QR払い」を選択。画面に表示されるバーコード/QRコードを読み取ってもらい、決済は完了です。QR払いであれば、お支払い方法で「QR読み取り」を選択。お店のQRコードを読み込んでから金額を入力し、確認画面でスライドすると決済できます。セルフ払いは、お支払い方法で「セルフ」をタップして、画面からお店を選択。金額を入力してから、確認画面でスライドします。

 

その他にSuicaや楽天Edyを使った支払方法も、楽天ペイで利用可能です。

 

・ネットショッピングで楽天ペイを使う場合

ネットショッピングで使う場合は、購入手続きの際に、楽天ペイでの決済を選択します。楽天ペイのサイトに移動するので、楽天IDとパスワードでログインすれば手続きは完了です。楽天IDに登録されているクレジットカード情報を利用できるので支払いも簡単にできます。

 

・楽天ポイントが貯まり、使える

楽天ペイを使うとポイントを貯められるのもメリットです。2020年7月1日から、スマホ決済の「コード・QR払い」なら、1%~1.5%がポイント還元されます。ショッピングサイトでの利用では1%~2%の楽天ポイントが獲得可能です。また支払いに楽天ポイントを使えるのも、楽天ペイのメリットです。貯まっている期間限定ポイントを使いたいときなど便利です。

楽天ペイが使えるお店と提携ショップはどれくらいある?

楽天ペイが使えるお店と提携ショップはどれくらいある?

楽天ペイのスマホ決済が使えるお店は、全国に数多くあります。2019年6月の数字をみると、対応する店舗数は120万店舗超。現在ではさらに多くのお店で使えるようになっていると考えられます。普段よく利用するコンビニやドラッグストア、家電量販店が楽天ペイに対応していれば、スマホで決済できる場面は多くなりそうです。そのほかにもファミレスや居酒屋などを含む飲食店、ファッション関連のお店やショッピングモールなど広くカバーしているので、楽天ペイが使えるか確認してみるとよいでしょう。

 

ネットショッピングで楽天ペイが使える提携サイトは、たとえばファッション関連だと「BUYMA」や「オンワード クローゼット」などの32のサイトとなっています(2020年6月現在)。ほかにも「ドミノ・ピザ」や「Pizza Hut」などのグルメ・百貨店が23のサイト「ワタシプラスオンラインショップ」や「ドクターシーラボ」などの美容・生活分野が26のサイト「めちゃこみっく」や「mobage」といったホビー・デジコン関連が31のサイト「ドスパラ」や「富士通WEB MART」などの家電分野で20のサイトが楽天ペイに対応しています。

楽天ペイのキャンペーンってどんなものがあるの?

楽天ペイのキャンペーンってどんなものがあるの?

ポイント還元は、楽天ペイを利用するメリットのひとつです。キャンペーンにエントリーすることによって、より多くのポイントを獲得できます。お店によってポイントが3倍、5倍、ときには10倍になるキャンペーンをおこなっているので要チェックです。ほかにも楽天ペイで楽天ポイントカード機能を利用するとポイント山分けに参加できるといったものや、楽天ペイでSuicaにチャージするとポイントが貯まるなどのキャンペーンが開催されています。

楽天カード+楽天ペイでポイント還元率が上がる?

これだけは知っておくべき!知らないと損する税金対策

2020年7月1日から、スマホで楽天ペイの「コード・QR払い」を使うと、いつでも最大1.5%のポイント還元となります。楽天カードを支払い元として紐付けると1%の還元、今までに貯めた楽天ポイントで支払う場合も1%のポイント還元です。最大の1.5%還元となるのは、楽天カードを使いチャージしてから支払うケースです。還元率を最大にしたいときは、この方法を選択しましょう。チャージしてから支払う方法には、ほかに楽天銀行とラクマからのチャージがあります。こちらはそれぞれ1%の還元となっています。

 

なお楽天カードを支払い元として紐付けた場合の1%は、楽天カードからの還元です。また楽天カードでチャージして支払うと付与される1.5%の内訳は、楽天カードからのチャージ時に付与される0.5%とチャージ残高での支払い時に楽天ペイから付与される1%です。

 

楽天ペイを使ったネットショッピングでは、提携サイトを利用すると、1%のポイントが還元されます。さらに楽天ペイでの支払い時に楽天カードを選択すると、楽天カードから1%の楽天ポイントが付与され、合計で2%のポイント還元となります。

 

楽天ペイはこのように、街なかのスマホ決済でもネットショッピングでも、便利に使える決済手段。楽天カードとの組み合わせで、ポイント還元率が高くなります。楽天ペイの公式サイトで使えるお店を確認し、開催中のキャンペーンも合わせてチェックすれば、ポイントを貯めるチャンスが広がるでしょう。詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか。

  • 著者:黒川ヤスヒトさん

    証券会社でリテール営業を経験し、AFP資格を取得。
    現在ライターとして、パーソナルファイナンスに関する情報の発信を手がけています。
    関心分野は、ライフプランに関する意識調査や最新の金融商品・サービスなど。


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事