FXでよく聞くスキャルピングとは?FX取引の基礎からわかりやすく解説

更新日:2020/07/31

スキャルピングとはFXの取引スタイルのひとつ。数秒~数分で取引を行い、小さな利益を積み上げていく手法です。初心者がいきなり取り入れるのはおすすめしませんが、どのような取引手法か知っておくといずれ役立つかもしれません。この記事ではFXの基礎や取引スタイルの種類について詳しく解説していきます。

FXでよく聞くスキャルピングとは?FX取引の基礎からわかりやすく解説

FXってどのような取引?

FXってどのような取引?

FX(外国為替証拠金取引)とは、主に為替レートの動きで利益を狙う取引のことです。

 

・為替差で利益を得る仕組み

例えば、1ドル100円のときは、100万円を1万ドルに交換できます。これを1ドル110円のときに円に交換すれば110万円になるため、10万円の儲けになります(※手数料等は考慮しない)。このような為替の動きで利益を得るのがFXの仕組みです。

 

ドルと円の取引は「ドル/円」と示されます。他にも、ユ-ロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、ランド/円などのペアがあります。

 

・証拠金取引とは

FXは外貨取引を証拠金で行います。1ドル100円のとき1万ドルを得るのに、本来であれば元手が100万円必要です。FXでは手元の資金の25倍まで取引ができるので、最低4万円あればOKということになります。

 

FXでは外貨そのものの受け渡しはありません。取引結果に応じた損益のみを受け渡す、差金決済が行われます。10万円の利益が出たら、10万円が得られます。一方、10万円の損失が出たら、証拠金から差し引かれた上に、6万円を支払わなくてはなりません。

 

・売りからも入れる

買いだけでなく売りからも入れるのもFXの特徴です。株の現物取引では株を購入して、株価が上がらないと利益が得られません。FXは買いと売りの両方から選択できるので、外貨が下がった(=円高になった)場合も利益を得るチャンスがあります。

 

・スワップポイント

FXでは為替の変動だけでなく、金利差で利益を得るスワップポイントがあります。高金利の通貨を買って、低金利の通貨を売って、そのポジションを翌営業日まで持ち越すと、金利差に応じた額がもらえます。逆に高金利の通貨を売って、低金利の通貨を買ったときにはスワップポイントを支払わなくてはなりません。

 

・初心者はFX体験から

FXは株や投資信託と比べて投機的な要素が強いため、投資そのものが初めての人にはあまりおすすめできません。極端にいえば、外貨が上がるか下がるか当てるゲームのようなものです。大きなレバレッジをかけると大きなリターンが得られる可能性がある一方、大きな損失を被る可能性もあります。お金を使わずにFXが体験できるデモ取引もあるので、まずは試してみると良いでしょう。

 

楽天デモ取引
https://rfx.rakuten-sec.co.jp/demo/

投資スタイルの分類

FXのトレードスタイルには取引時間に応じた分類があります。

 

 

株式でも同様の分類がされますが、株式は取引所が開いている時間しか取引できないのに対し、FXは24時間取引ができます。そのため、昼間働いている人でもスキャルピングやデイトレードが可能です。

 

スイングトレードや中長期トレードではスワップポイント狙いの運用もできます。FX会社によって提供するスワップポイントが異なるので、スワップポイントの高いFX会社を選んだほうが良いでしょう。

 

ここからはスキャルピングに焦点を当てて解説していきます。

スキャルピングの特徴

スキャルピングの特徴

・短時間で結果が出る

スキャルピングは超短期売買とも呼ばれます。すぐに結果が出るため、忙しい人でも隙間時間に取引できます。

 

・小さな利益を積み重ねる

よっぽどのことがない限り、短時間で得られる利幅は小さいです。回数をこなして小さな利益をコツコツ積み上げ、利益を増やしていきます。

 

・損失額を小さく抑えられる

ポジションを持っている時間が短いので、損失が出ても大きな額にはなりません。

 

・取引経験が積める

スキャルピングは1日に何度も取引できるので、回数をこなせます。初心者でも経験を増やしやすいでしょう。

スキャルピングの注意点

スキャルピングの注意点

・相場に張り付く必要がある

スキャルピングでは数秒単位での動きが重要になるため、トレード中はチャートを注視する必要があります。

 

・環境の不具合が命取りになることも

インターネット回線の不具合があると、スムーズに注文が出せません。数秒のズレで大きな損失を被るおそれがあります。

 

・口座が凍結される?

FX会社によってはスキャルピングを禁じていることも。最悪の場合は口座が凍結されることもあるようです。スキャルピングを禁止していない会社を選んだほうが良いでしょう。

スキャルピングは初心者には難しい?

スキャルピングにはとっさの判断や瞬発力が求められます。それを一日に何度も繰り返さなければならないため、心身ともに疲れます。

 

その反面、ポジションを長く持たないことで、大きな損失を被るリスクを軽減できます。夜寝ている間に世界情勢が変わって大きな変動が起こる可能性がありますが、スキャルピングはすぐに決済するため、そうした心配がありません。

 

FX初心者は大きなレバレッジを掛けずにマイペースにはじめることが重要です。一度失敗するとマイナス分を取り返そうと焦ってしまいがちですが、落ち着いて自分のスタイルを確立していきましょう。

 

楽天証券でもFXの取り扱いがあります。すでに楽天証券の総合口座を持っている人は簡単に楽天FX口座が申し込み可能。取引手数料は無料、低スプレッドで取引できます。FXをはじめたい方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

  • 著者:宮島ムーさん

    関西に住む子育て中の主婦です。 お金や不動産に興味があり、日商簿記1級・FP2級・宅建などの資格を独学で取得しました。 記事ではなるべく専門用語を使わず、わかりやすく説明するよう心がけています。
    >>ブログページ


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事