一人暮らしの食事、自炊を続けるコツは?節約法やおすすめレシピも紹介!

更新日:2020/08/26

生活費のなかでも、食費は自炊をすれば大きく削れるポイントです。しかし一人暮らしで仕事が忙しかったりと、毎日の自炊を続けるのは難しいですよね。買った食材を余らせてしまい、あまり節約に繋がらないこともあるでしょう。この記事では、一人暮らしの自炊を長く続けるコツや食費の節約法をご紹介します。

一人暮らしの食事、自炊を続けるコツは?節約法やおすすめレシピも紹介!

一人暮らしの食費、平均はどのくらい?

2019年の総務省の家計調査によると、単身世帯の1カ月の食費の平均は男性が4万4,466円、女性が3万6,729円です。

出典:家計調査2019【単身世帯】(総務省統計局)

https://www.e-stat.go.jp/dbview?sid=0002190004

 

1カ月の食費の平均は約3~5万円と考えても良いでしょう。しかし、食費は毎月出ていくお金なのでできるだけ減らしたいですよね。一人暮らしの食費の理想は2万円です。食費を2万円に抑えられれば、余ったお金を貯蓄に回したり、ゆとりのある生活を送ることができます。

一人暮らしの食費を節約するためには

一人暮らしの食費を節約するためには

一人暮らしの食費を節約するにはどのようにすれば良いのでしょうか。食費を節約する方法を紹介します。

 

・やはり自炊!自炊にするメリットとは

自炊を上手に行うことで、大幅な食費の削減ができます。昼も夜も外食をするとなると、1日に1,000円~2,000円はかかってしまいますよね。スーパーで食材を買って自炊をして、昼食もお弁当を持っていけば1日の食費を500円以内に収めることができます。自炊をすれば理想の食費2万円は十分達成可能な金額ですよ。

 

また、外食やコンビニ、テイクアウトなどの中食は塩分やカロリーが高く、野菜が不足しがちになります。自炊をすることによって、栄養バランスの良い健康的な食事が取れるでしょう。

 

・外食や中食を取り入れる場合

自炊をコツコツ頑張っていても、仕事で疲れてしまいどうしても外食や中食に頼ってしまう場合もあるでしょう。

 

外食や中食でも節約するコツは、支払いにクレジットカードやポイントカードを使ってポイントを貯めることです。たとえば、マクドナルド、ファミリーマート、すき家、はま寿司などでは、楽天ポイントカードを利用するのも手です。楽天ポイントカード機能付帯の楽天カードで支払えば、100円につき合計2ポイントが貯まります。(ポイント付与率はお店によって異なります。)

 

貯まったポイントで支払いもできるので、ときにはタダで外食をすることもできますよ。



楽天カード
https://www.rakuten-card.co.jp/

自炊を長く続けるコツ

自炊を長く続けるコツ

自炊をするのは、時間がかかるので毎日続けるのは難しいですよね。料理が苦手な人にはハードルが高いと感じてしまうかもしれません。そこで自炊を長く続けるコツを紹介します。

 

・作り置きをする

仕事でヘトヘトに疲れて料理なんてできない…。そんなときでも作り置きの料理があれば、温めるだけですぐに食べられます。休日に主菜や副菜を何種類かまとめて作り置きしておけば、疲れているときでも栄養バランスの整った食事が取れるでしょう。

 

また、1人分の料理を作ろうとすると食材も余りやすくなります。初めから作り置きをするつもりで何人分かをまとめて作って冷蔵・冷凍しておけば、食材を余らせることがないので節約になりますよ。

 

・冷凍食品やカット野菜を活用する

野菜の下処理やカットが面倒で料理が苦手な人も多くいます。最近では、そのまま料理に使える野菜の冷凍食品やカット野菜の種類も豊富なので上手に活用しましょう。冷凍食品やカット野菜を使えば、野菜を洗ったり皮をむいたりする手間もなく、そのまま炒めたり煮たりするだけで簡単に料理が作れます。食材を余らせる心配もなく、簡単に料理が作れるので長く続けることができるでしょう。

 

・簡単な料理だけを作る

自炊を始めた最初のうちは「いろいろな料理を作りたい!」と張り切っていても、毎日続けるとなるとだんだん面倒になってくるものです。そうならないよう簡単な料理だけを作るようにすれば、長く自炊を続けられます。面倒な工程があっても、時間がかかる料理は避け、レンジで作れるレシピを活用し時短料理のレパートリーを増やしましょう。めんつゆやポン酢など、それだけで味が決まる調味料を使うのもひとつの手です。

おすすめ簡単レシピを紹介!

おすすめ簡単レシピを紹介!

最後に、火も包丁も使わずに簡単に作れて節約にもなる自炊レシピを紹介します。

 

・豚肉ともやしのポン酢かけ(1~2人前)

<材料>

●もやし1袋
●豚肉100~200g(豚バラや、安い豚こま肉や切り落としでも)
●塩こしょう 適量
●ポン酢 適量

 

<作り方>

(1)もやしを洗って水を切り、耐熱のお皿に盛る
(2)豚肉を広げながら、もやしの上に並べる
(3)塩こしょうを振りかけ、ラップをかけて600wのレンジで2分温める
(4)お好みでポン酢をかけて食べる

 

もやしは格安食材ですし、豚肉も安いこま肉や切り落としを使うと、1食100円以内に収められるでしょう。また、豚肉にはビタミンBが豊富に含まれていて、もやしのビタミンCもレンジ調理なら逃がすことなく取ることができます。誰でも簡単に作れて、なおかつ栄養バランスが良いレシピなのでぜひ試してみてください。

 

自炊は長く続けることが肝心です。今回紹介した自炊を長く続けるコツを参考にしながら、食費の節約を頑張ってみてくださいね。

 

スーパーで購入する食材も楽天カードで支払うとポイントが貯まります。さらに食費の節約をして貯まったお金は、金利がよい楽天銀行で貯めるのがおすすめです。ぜひサイトもチェックしてみてください。

  • 著者:まきあんさん

    元栄養士で現在フリーのWEBライターとして活動している、まきあんです。基本的なお金の知識を身に付けたいと思い、独学でFP2級を取得しました。
    お金に関する知識や生活に役立つ情報を分かりやすく発信していきます。


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事