お金・金融がテーマの映画6選!入門編から上級編まで

更新日:2020/09/07

経済や金融業界に興味を持ったなら、映画がおすすめ。金融に関する堅苦しい話もストーリー仕立てで楽しみながら学べます。実話を元にした作品もあるので、現代の経済問題や金融業界のリアルを知ることができます。この記事では、知識がなくても楽しめる入門編から、金融用語が分かる人向けの上級編まで、お金・金融がテーマの映画をご紹介します。お金について詳しくない人も、映画を機に勉強してみてはいかがでしょうか。

お金・金融がテーマの映画6選!入門編から上級編まで

知識がまったくなくても楽しめる入門編

はじめに、金融に関する知識がまったくなくても楽しめる、お金がテーマの作品を紹介します。金融映画としてではなく、エンターテイメント作品としても楽しめます。

 

・『殿、利息でござる』

ある商人が千両もの大金を藩に貸し付け、その利子でさびれた宿場町を復活させるという、江戸時代の実話を映画化した時代劇です。商人・穀田屋十三郎を阿部サダヲさんが演じるほか、阿部さんの相棒を演じる瑛太さん、仲間の妻夫木聡さんなど実力派のキャストがそろっています。

 

お金に関する実話の時代劇ですが、コメディなので金融の知識や日本史の知識がなくても楽しめるでしょう。ただ笑えるだけではなく、村を救うために奔走する男たちの姿や人情に心を打たれる作品です。

金融業界の表と裏を知る初級編

金融業界の表と裏を知る初級編

次に、金融に詳しくない人でも楽しめる初級編の映画を紹介します。楽しみながら金融に触れることができます。

 

『ハゲタカ』

企業の買収を主題とした、壮絶なマネーゲームを描いてヒットしたNHKテレビドラマ『ハゲタカ』の4年後を舞台にした劇場版。日本の大手自動車メーカーに買収を仕掛ける中国系ファンドと、日本の天才ファンドマネージャー鷲津が繰り広げる激しい買収戦争がドキュメンタリータッチで描かれています。

 

さらに、映画製作中に起こった世界規模の金融危機「リーマン・ショック」や現代日本の「派遣切り」といったタイムリーな経済問題も盛り込まれています。金融業界のリアルな現状を知ることができるだけでなく、身近な経済問題についても考えさせられてしまうでしょう。映像にも緊迫感があり、見ごたえのある作品です。

 

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

元株式ブローカーのジョーダン・ベルフォートによる回想録『ウォール街狂乱日記 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』をレオナルド・ディカプリオ主演で映画化した作品です。

 

1987年に起きた史上最大規模の株暴落、ブラックマンデーで仕事を失った新人証券マンが、わずか26歳で証券会社を立ち上げ、年収46億円にまで登りつめるというストーリー。しかし株の取引は詐欺行為そのもの。ベルフォートは稼いだ金で豪遊するものの、そのやりたい放題の生活も長くは続かず……。ベルフォートの破天荒な人生を描いたエンターテイメント作品で、富と権力に溺れる怖さを教えてくれます。

金融業界のリアリティを描いた中級編

金融業界のリアリティを描いた中級編

金融経済を学んだことのある人におすすめの中級編を紹介します。金融業界のリアルを垣間見ることができるでしょう。

 

『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』

第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した作品で、2008年に起きたリーマン・ショック前後の世界金融危機の実態に迫ったドキュメンタリー映画です。金融業界関係者や政治家、ジャーナリストらへのインタビューを通じて、世界レベルの経済ショックを引き起こした原因を検証しています。

 

リーマン・ショックの原因であるサブプライムローンについてだけでなく、金融業界の構造的な問題まで深く掘り下げているので、映画を通じて金融業界や世界経済の仕組みを知ることができるでしょう。金融危機当時の状況を考えさせられる学びの深い作品です。

金融用語も分かる人向けの上級編

金融用語も分かる人向けの上級編

金融用語が分かる人ならより楽しめる、金融上級者向けの作品を紹介します。金融に詳しくなりたい人もぜひチェックしてみてください。

 

『ウォール街』

1985年ニューヨークのウォール街を舞台にした、金融映画の中では非常に有名な作品です。マイケル・ダグラス演じるゴードン・ゲッコーが大人気となり、米国で金融業界や投資家を目指す若者が増えたとも言われています。

 

若い証券マンが敏腕投資家のゴードンと出会って、ウォール街の生き方を学び、インサイダー取引、M&Aなどに身を投じて成功するというストーリー。金融映画の名作と言える作品なので、金融に興味がある人は観ておいて、損はないでしょう。

 

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

リーマンショックが起きる前に経済破綻の可能性に気付いた投資家やトレーダーたちを、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピット、ライアン・ゴズリングといった豪華キャストで描いたノンフィクションのストーリーです。

 

リーマン・ショックまでに何があったのかを、実話を元にスリリングなドラマに仕立て上げており、思わず手に汗を握ってしまいます。金融用語がたくさん出てきますが、映画の中で難しい専門用語を分かりやすく解説してくれるシーンもあります。金融用語に強い人はもちろん、金融に詳しくなりたい人にもおすすめの作品です。

 

金融映画を鑑賞して金融のリアルな世界に興味を持ったら、株の取引や投資信託をはじめてみませんか?楽天証券は楽天ポイントを使って投資ができるので、投資デビューにおすすめです。さらに投資信託の引き落とし方法として楽天カード決済を選べば、積立額100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります。気になった人はチェックしてみてください。

  • 著者:まきあんさん

    元栄養士で現在フリーのWEBライターとして活動している、まきあんです。基本的なお金の知識を身に付けたいと思い、独学でFP2級を取得しました。
    お金に関する知識や生活に役立つ情報を分かりやすく発信していきます。


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事