500円玉貯金を成功させる秘訣とは?お手軽な始め方と長続きさせるコツ

更新日:2020/11/13

500円玉だけを貯金していく500円玉貯金。手軽に始められて、貯金が貯まる楽しみもあるのでなかなか貯金ができないという人にもおすすめの方法です。この記事では、500円玉貯金の始め方と成功させる秘訣をご紹介します。貯金を成功させられないという人はぜひ参考にしてみてください。

500円玉貯金を成功させる秘訣とは?お手軽な始め方と長続きさせるコツ

何のための貯金?500円玉貯金の目的は?

500円玉貯金は、財布の中にある500円玉を貯金箱に貯めていくだけの貯金方法です。少額でもコツコツ貯めていけば、いつの間にか数万円のお金が貯まっていたなんてことも。準備も家に貯金箱を用意するだけなので、誰でも簡単に始められます。

 

500円玉貯金をする目的には、「海外旅行のため」、「欲しかったバッグを買うため」、「ノートパソコンを買うため」などが考えられます。500円玉貯金で数万円を貯めるのはそれほど難しくありませんが、百万円単位の貯金を作るには時間がかかるので、ちょっとした贅沢や欲しいもののために始めるのが良いでしょう。

500円玉貯金のお手軽な始め方

500円玉貯金のお手軽な始め方

500円玉貯金は、思い立ったらすぐに始められる貯金方法です。お手軽な始め方について紹介していきます。

 

(1)目標を決める
500円玉貯金をする際に、最も大切なことは目標を決めることです。目標があることでモチベーションを保ち長く続けることができます。何のために貯金をするのか、それを達成するためにどれくらいの金額が必要なのかという目標を具体的に定めましょう。ただし、あまり目標が高すぎると、達成までに時間がかかりすぎて現実的ではなくなってしまいます。1年~数年で貯められる10万円~30万円程度の目標を決めるのがおすすめです。

 

(2)貯金箱を準備する
目標額が決まったら、その金額にあった貯金箱を用意しましょう。10万円や30万円など、貯まる金額が設定されている500円玉貯金専用貯金箱もありますよ。貯金が苦手ですぐに使ってしまいそうだという方は、途中でお金を取り出せないタイプのものが良いでしょう。

500円玉貯金のメリット

500円玉貯金のメリット

500円玉貯金の大きなメリットは、貯金箱さえあればすぐに始められるということです。貯金のたびにお金を銀行口座に入金しにいく手間もかかりません。財布の中の500円玉を貯金箱に入れるだけです。

 

また、毎回の貯金額500円はそれほど高額ではないため、貯金に負担を感じないということもメリットとして挙げられます。毎月3万円などのまとめた金額を口座に入れるという貯金方法だと、生活費のやり繰りが難しくなってしまうこともあるかもしれません。それに比べ、500円玉貯金なら1回ごとの負担が少なく継続しやすいため、大きな貯蓄が可能です。貯金箱が徐々に重くなっていくことで貯金が増えている実感も湧き、貯金を楽しく続けることができるでしょう。

500円玉貯金のデメリット

500円玉貯金には、高額の貯金には向いていないというデメリットがあります。500円玉でお金を貯めていくため、貯金額が増えるにつれ貯金箱が重くなり管理がしづらくなるという問題もあります。自宅に保管することから、安全性の面で不安を感じるかもしれません。貯金箱が重くなれば重くなるほど、貯金箱を家の中に置いておく不安は大きくなります。

 

また、貯めた現金が使いづらいのもデメリットのひとつです。目的のものを購入する際は、いったん500円玉をお札に両替するか銀行口座に入金しなければならないため、手間がかかります。全体的に銀行口座で貯金を管理する場合と比較して、安心感と利便性の面では劣るといえるでしょう。

初めての方でも500円玉貯金を成功させる秘訣

500円玉貯金を成功させる秘訣は、買い物の会計のときに500円玉をもらえるように支払いをすることです。例えば、会計が710円だったときには、1,210円を出せば500円玉がお釣りでもらえます。さらに財布の中に500円玉があるときは必ず貯金箱に入れるようにするというルールを作れば、どんどん貯金箱の中にお金が貯まっていくでしょう。

 

また、貯金を習慣付けるというのも大事なポイントです。帰宅したらすぐに財布の中の500円玉を貯金箱に入れるようにするなど、毎日の習慣にできるようなルールを作りましょう。貯金箱を見えやすい場所に置いておき、お金を入れるのを忘れないようにするのもコツのひとつです。

500円玉貯金の使い方

500円玉貯金の使い方

大きな買い物をするとき、大量の500円玉で支払いをすることは現実的にはできません。目標の金額が貯まったら一度銀行口座にすべて預けて、必要なときに紙幣で取り出すと良いでしょう。あらかじめ貯金専用の口座を作っておき、ある程度500円玉が貯まってきたところで入金しにいくこともおすすめです。

 

また、すぐにお札に替えたいという場合には、銀行に持っていって両替してもらうという方法もあります。自動両替機と窓口での対応がありますが、自動両替機は銀行によって上限枚数が決まっているので注意が必要です。窓口で両替する場合には、枚数によって手数料がかかるのが一般的です。

 

500円玉貯金はとても簡単に始められて、楽しく貯められるというメリットが多い貯金方法ですが、安心感や利便性の面では銀行貯金に劣ります。500円玉貯金の目標は少額にして、目標金額が貯まったら一旦銀行に預けるようにしましょう。

 

楽天銀行コンビニのATMが365日使えて、手数料も最大で月7回まで無料になります。さらに、給与を楽天銀行で受け取ると、他行への振込手数料が3回無料になる特典もあります。スマホやパソコンから簡単に口座開設ができますよ。気になった方はぜひチェックしてみてください。

  • 著者:まきあんさん

    元栄養士で現在フリーのWEBライターとして活動している、まきあんです。基本的なお金の知識を身に付けたいと思い、独学でFP2級を取得しました。
    お金に関する知識や生活に役立つ情報を分かりやすく発信していきます。


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事