2021年の祝日はいつ?オリンピックどうなる、連休は?カレンダーで確認してみた

更新日:2020/12/24

2021年の祝日とは、「国民の祝日に関する法律」によって定められ、市販の手帳やカレンダーはこれを元に作られています。しかし近年、天皇の即位、東京オリンピックの開催予定により法律の規定と祝日が異なる年が続きました。2021年も祝日が例年とは一部変更になっている部分があります。そんな2021年の祝日や連休について確認しましょう。

2021年の祝日はいつ?オリンピックどうなる、連休は?カレンダーで確認してみた

2021年のカレンダー

カレンダーの日付の色分けをチェックすると、おおまかな祝日が把握できます。早速、2021年のカレンダーを見てみましょう。


2021年カレンダー

※2020年12月22日現在の情報を元にしています。

 

2021年の暦の特徴は、「3連休が少ない」ことです。2020年は1月、2月、3月、5月、7月、8月、9月、11月となんと年間8回も土曜、日曜と祝日の繋がった3連休以上の日がありました。しかし2021年は日曜と重なる祝日が一度しかないため、3連休以上となるのは1月に2回、5月、7月、8月、9月の6回しかありません。

 

3連休は土日祝日を休みとして仕事をしている人にとって、長い時間を自由に使えるチャンスです。旅行や帰省などに利用しようと考える人もいるかもしれません。そう思って見ると、2021年の暦を残念に思う人も多いでしょう。しかも、7月と8月の3連休はオリンピック開催期間とも被っているため、どこかへ行こうと思う場合には交通機関が混み合うことが予想されます。

2021年の祝日・休日一覧

2021年の祝日・休日一覧

次に、2021年の祝日の一覧を見ていきましょう。

【1月】
1月1日(金)元日
1月11日(月)成人の日

 

【2月】
2月11日(木)建国記念の日
2月23日(火)天皇誕生日

 

【3月】
3月20日(土)春分の日

3月20日は祝日の「春分の日」ですが、祝日を決めている「国民の祝日に関する法律」第3条第2項では「祝日が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする」とのみ規定されているため、振替休日は発生しません。

 

【4月】
4月29日(木)昭和の日

 

【5月】
5月3日(月)憲法記念日
5月4日(火)みどりの日
5月5日(水)こどもの日

 

【6月】
6月は祝日がありません。

 

【7月】
7月22日(木)海の日
7月23日(金)スポーツの日

例年の「海の日」は7月の第3月曜日ですが、2021年はオリンピック開会式の前日(7月22日)に移動しています。また「スポーツの日」は例年10月の第2月曜日ですが、2021年はオリンピック開会式当日である7月23日に変更になっています。よって、7月には4連休があります。

【8月】
8月8日(日)山の日

例年の「山の日」は8月11日ですが、2021年はオリンピック閉会式当日にあわせ8月8日に移動となります。この移動により日曜日が祝日となり、8月に3連休が生じます。

【9月】
9月20日(月)敬老の日
9月23日(木)秋分の日

 

【10月】
例年であれば10月第2月曜日は「スポーツの日」ですが、2021年は7月22日に移動しているため10月に祝日はありません。

 

【11月】
11月3日(水)文化の日
11月23日(火)勤労感謝の日

 

【12月】
12月は祝日がありません。

2021年の祝日の特徴

2021年の祝日の特徴

2021年の祝日の一番の特徴は、2020年同様、オリンピックに関連して祝日が移動していることです。
2021年の祝日移動の発表は、2020年12月22日に内閣官房から行われました。多くの1月始まりのカレンダーや手帳は刷り終わった後であり、印字されている祝日と会社で決められた祝日が異なる場合も出てくるでしょう。スケジュールを立てる際には注意が必要です。

2021年の大型連休

2021年は東京オリンピックにともなう祝日の移動により3連休、4連休の位置も例年と比べ変則的です。実際に日にちを確認してみましょう。また、いわゆる大型連休と言われている5月のゴールデンウィーク、年末年始の休暇がどうなっているかもみていきましょう。

 

・2021年の3連休は?
2021年に3連休があるのは、1月に2回、8月、9月の4回です。それぞれの日程は下記となります。しかし1月1日の元旦は年末年始の休暇と土日が続いてしまっており、3連休とは感じづらい日程でしょう。

 

1月1日(金)~3日(日)
1月9日(土)~11日(月)
8月7日(土)~9日(月)
9月18日(土)~20日(月)

 

・2021年の4連休はいつ?
では、4連休はどうでしょう。2021年は東京オリンピック開催による祝日の移動により、7月に4連休があります。2020年には4連休は2回ありましたが、2021年は1回のみとなっています。

7月22日(木)~7月25日(日)

 

・2021年のゴールデンウィークは何連休?
2021年のゴールデンウィークは5連休です。土日の休みと3日連続の祝日が続いているため、現在の暦で可能な最長の休みをとることが可能です。

5月1日(土)~5月5日(水)

 

また、4月30日(金)を休みにすると7連休、5月6日(木)7日(金)の3日を休めば11連休も休みをとることもできます。

 

・2021年のシルバーウィークは?
シルバーウィークは、9月にある敬老の日と秋分の日が土日と続くことで発生する9月下旬の大型連休です。しかし2021年の敬老の日は9月20日(月)で秋分の日は9月23日(木)。2015年には最長の5連休となったシルバーウィークですが、次にこの大型連休が来るのは、2026年と先になる見込みです。

 

・2021年~2022年の年末年始休暇はどうなる?
2021年~2022年の年末年始の休暇を見てみましょう。土日が1月1日(土)、2日(日)となるため2020年~2021年の時と同様、あまり長い休みにはならないでしょう。12月30日から1月3日までが休みの会社に勤めている人の場合、2021年12月30日(木)~2021年1月3日(月)の5連休になると思われます。これは2020年~2021年の年末年始と同じ日数です。

 

2021年も年末年始の休暇が少なく残念に思う人もいるかもしれませんが、上記の考え方では2024年~2025年の年末年始は12月28日(土)~1月5日(日)の9連休となる見込みです。少し先の話にはなってしまいますが、楽しみですね。

 

2021年の連休は東京オリンピック開催予定期間と重なり、都心部は混み合うことが予想されるでしょう。しかし、こんな時こそ前後に休みを足して連休を延長することで混雑を避け、都心を離れてゆっくりするのも良いかもしれません。思い切って海外旅行に行くのも手です。

 

楽天トラベルは宿泊のホテルやツアー予約に加えてレンタカー高速バスなどの交通機関も予約可能、複数の会社の比較も簡単にできます。楽天カード決済ならポイントが2倍になるのに加え、会員限定の国内宿泊のクーポンも配布され、お得に利用することができます。検討してみてはいかがでしょうか。

この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加
参照元:ページタイトル

関連記事