サステナブル、サステナビリティとは。注目ワードの意味をやさしく解説

更新日:2021/01/22

最近よく目にする「サステナブル」や「サステナビリティ」とは、一体どんな意味を持つ言葉なのでしょうか。この記事では、サステナブル・サステナビリティの言葉の意味や、企業が実践しているサステナブルなことについて紹介します。

サステナブル、サステナビリティとは。注目ワードの意味をやさしく解説

サステナブル、サステナビリティとは

「サステナブル(Sustainable)」は、直訳すると「持続可能な」という意味です。「サステナビリティ(Sustainability)」は、その名詞形なので「持続可能性」と訳されます。近年では、自然に配慮した行動を心がけ、未来に向けて現在の地球環境を維持していこうという意味でよく用いられるようになりました。

 

例えば、環境に配慮したファッションである「サステナブルファッション」や家庭で取り入れる「サステナブルな暮らし」などという使い方をします。身近な例でいうと、スーパーやコンビニのレジ袋が有料化になり、エコバッグを持参するようになったのもサステナブルな取り組みの1つです。

 

近年では持続可能な社会の実現を目的とし、世界中の企業が環境保護活動や社会貢献活動を重視するようになりました。このような活動は、「コーポレート・サステナビリティ」と呼ばれています。

世界での取り決めであるSDGs

世界での取り決めであるSDGs

サステナビリティを知る上で重要になるのが「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」というキーワードです。SDGsは、「Sustainable Development Goals」の略称で、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されます。

SDGsは2015年9月の国連サミットで、発展途上国・先進国の区別なく全世界で取り組むべき目標として採択されました。「持続可能でより良い世界」をつくるための17のゴールと169のターゲットから構成されており、それらを2030年までに達成することを目指しています。17のゴールの一部を見ていきましょう。

 

・貧困をなくそう
・ジェンダー平等を実現しよう
・エネルギーをみんなにそしてクリーンに
・働きがいも経済成長も
・住み続けられるまちづくりを
・海の豊かさを守ろう
・陸の豊かさも守ろう
・平和と公正を全ての人に

 

これを見て分かる通り、17のゴールには地球環境のための目標のみならず、貧困削減や平等性の実現、社会の豊かさなどあらゆる社会課題の解決が目標に盛り込まれています。また、17のゴールをより具体的にしたものが、169のターゲットです。

大手企業が取り組むサステナブルなこと

大手企業が取り組むサステナブルなこと

ここでは、大企業が戦略的に取り組んでいるコーポレート・サステナビリティの例を紹介します。

 

・株式会社ユニクロ
「UNIQLO」のブランド名で衣料品を生産販売している株式会社ユニクロは、サステナビリティを推進する企業です。スローガンは「服のチカラを、社会のチカラに。」というもの。地球環境や動植物に配慮した素材を用いたり、着なくなった服を店頭のリサイクルBOXで回収し、リサイクル・リユースすることに取り組んだりしています。

・花王
花王も地球環境に配慮したモノづくりをしています。例えば、アブラヤシの実から食用油を採取した後に残る油脂を原材料とする洗剤を開発しました。この他にも、容器に使われるプラスチック使用量の削減、つめかえによる本体容器の再利用など、環境負荷低減に取り組んでいます。

・スターバックス
大手コーヒーチェーンのスターバックスは、調達、環境、コミュニティ、文化といった観点からサステナビリティに取り組んでいます。「エシカルな調達」を掲げ、コーヒー豆の品質が基準を満たしていること、適正な価格が生産者に支払われていることなどを重視してきました。さらに、再利用可能なタンブラーやマグの利用を進め、環境負荷の低い素材への切り替えやリサイクルにも取り組んでいくことによって環境負荷の低減を目指しています。

・イケア
家具量販店のイケアは、「Climate Change(気候変動)」「Sustainable Energy(再生可能エネルギーの促進)」「Equality(平等)」を掲げ、サステナビリティ戦略に取り組んでいます。

白熱電球よりも85%少ない消費電力で寿命が20年続くLED電球や、原料の85%がさとうきび由来のバイオプラスチックを利用したプラスチックバッグなど、サステナブルな生活を支える商品の売上は2,000億円に達しました。日本では、さらに「家具下取り還元サービス」を実施。使えなくなった家具をイケアが買い取り、アウトレットで販売しています。

私たちができるサステナブルなこと

私たちができるサステナブルなこと

さまざまな企業がサステナブルな取り組みを始めていますが、そのような取り組みは私たち個人でもできることです。例えば、エコバッグやタンブラーを利用してプラスチック製品の使用を減らしたり、サステナブルに配慮された商品を選んだりといったことが挙げられます。ほかにも、こまめに電気を消す、シャワーの水を流しっぱなしにしないなども、サステナブルな取り組みの一環です。

 

地球環境を守ることは企業だけの役割ではなく、地球に住む私たちひとりひとりが意識しなくてはならないことです。未来の世代も美しい地球で生活をし続けていける社会を目指し、サステナブルな取り組みを進めていきましょう。

 

地球環境の持続可能性だけでなく、持続的で安定した生活も気にしなくてはなりません。楽天証券では、つみたてNISAiDeCoなど、老後に向けた資産づくりの制度を利用できます。まだ口座開設をしていない方は、まず無料の口座開設から行いましょう。

  • 著者:まきあんさん

    元栄養士で現在フリーのWEBライターとして活動している、まきあんです。基本的なお金の知識を身に付けたいと思い、独学でFP2級を取得しました。
    お金に関する知識や生活に役立つ情報を分かりやすく発信していきます。


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事