ショートスリーパーとは?短時間睡眠でも健康でいられる方法

更新日:2021/04/20

お金と同じように、時間にも限りがあり、有効に活用したいと考えている人は多いでしょう。もっと時間が欲しいというとき、長すぎると損をしたように感じられるのが「睡眠時間」だと思います。そうしたなか、「ショートスリーパー」という言葉が気になる方は多いかもしれません。文字通り短い睡眠で済むなら、より有効に時間を使える気がします。ショートスリーパーとはどういった人なのか、また睡眠と健康の関係がどうなっているのか、みていきましょう。

ショートスリーパーとは?短時間睡眠でも健康でいられる方法

ショートスリーパーとは

ショートスリーパーとは

睡眠時間に関してよく耳にする「ショートスリーパー」という言葉。これは短い睡眠でも、健康を保っていられる人のことを指しています。「健康を保っていられる」という点がポイント。あまり眠れずに困っている「不眠症」とは区別されます。

 

ショートスリーパーと定義される人の睡眠時間は、1日あたり6時間未満。一般的な睡眠時間が7~8時間とされるなか、短めと言えるでしょう。ショートスリーパー以外にも、1日の睡眠時間が9時間以上必要な人は、「ロングスリーパー」と呼ばれています。そしてその中間となる、6~9時間の睡眠で健康を保っている人は「バリュアブルスリーパー」となります。

 

睡眠時間が短くて済むショートスリーパーになりたい、と思う方は多いかもしれませんが、睡眠時間は遺伝子によって決まっている部分が多いようです。自分に合った睡眠時間を探したり、睡眠の質を高くしたりするのが、現実的な解決策と言えるでしょう。また歴史上の人物では、ナポレオンがショートスリーパーだったと言われる一方、アインシュタインはロングスリーパーだったと伝えられています。人間の能力の高さとは、あまり関係がないようです。

わたしもショートスリーパーだわ!1日5時間くらいしか寝てないけど、毎日元気よ!

短時間睡眠でも健康でいられる方法

短時間睡眠でも健康でいられる方法

もし自分が睡眠時間を6~9時間必要とするバリュアブルスリーパー、さらには9時間以上必要なロングスリーパーだったとしても、睡眠の質を上げることで睡眠時間を短縮できるかもしれません。睡眠の質を上げるにはどうしたら良いか、いくつか方法をみていきましょう。

 

まず注目したいのが、睡眠に関係が深いと言われるホルモンの「メラトニン」分泌されると眠くなり、分泌されなくなると目が覚めるという仕組みになっているようです。メラトニンの分泌は光と関係があり、眠る前に強い光を浴びると分泌されなくなり、睡眠の質が下がってしまうと考えられます。眠る前は部屋のなかを、やや暗めにしておくと良いかもしれません。また気持ちよく目覚めるためには、逆に太陽の光を浴びるのが良いようです。

 

就寝前の習慣として気を付けたいのが、スマホやパソコン。眠くなるまでのあいだ、布団の中でスマホをみていると、関心のある情報に次々と触れることで、脳を興奮させてしまう可能性があります。よく眠れるという状態からは、遠くなりそうです。またスマホやパソコンの明るい画面をみることは、睡眠に必要なホルモンの分泌を弱めるかもしれません。睡眠の質を上げたいときは、就寝前の時間、スマホをみないように気を付けると良さそうです。

 

また眠る前に注意が必要なのは、飲食関係。就寝時間の近くに食事をとると、内臓が消化するための活動を始めてしまいます。これは深い眠りを妨げることと考えられます。就寝直前は、食べるとしてもすぐに消化されそうなものが良いでしょう。アルコールやカフェインも、質の高い睡眠のためには、あまり良くないものとされています。覚醒した状態になったり、夜に目が覚めやすくなったりといった影響があるようです。眠る前の飲食を意識することによっても、睡眠の質を上げることが可能となるのです。

自分に適切な睡眠時間は?

自分に適切な睡眠時間は?

人の睡眠時間は、ショートスリーパー・バリュアブルスリーパー・ロングスリーバーとさまざま。体質や遺伝の要素があり、無理に変えることは難しいようです。無理にショートスリーパーを目指すことは、身体に悪い影響があるかもしれません。一番大切なのは、日中に眠気を感じないこと。睡眠不足や眠り過ぎを防ぐには、自分に合った睡眠時間を知ることが重要です。その上で、睡眠の質を高めながら、睡眠時間を節約するというのが現実的だと考えられます。

 

適切な睡眠時間を知る方法としては、毎日睡眠に関する記録を付けていく、というものがあります。毎日、睡眠に入った時間と目覚めた時間、そして日中の眠気の具合などを記録していくのです。眠気をあまり感じることがないという人は、睡眠時間を減らすことができるかもしれません。昼間はいつも眠いという人は、睡眠時間をのばしてみることで、自分に合った眠り方を発見できる可能性があります。適切な睡眠時間は、季節や年齢によっても変化するということなので、長期的に記録することは、健康管理に役立ちそうです。

 

睡眠時間を適切にするなど、健康に気を付けていれば医療費の節約につながります。しかし病気への備えは必要。万が一に備えて加入するのが医療保険です。医療保険の問題点に、保険料を払っているのだから使わなければ損と感じてしまうことがありますが、楽天生命の「楽天生命スーパー医療保険 戻るんです」は、使わなかった分の保険料が戻ってくる医療保険。お金が戻ってくるということであれば、健康に気を付ける励みになるでしょう。健康に気を付けながら病気に備えたいという方におすすめです。

  • 著者:黒川ヤスヒトさん

    証券会社でリテール営業を経験し、AFP資格を取得。
    現在ライターとして、パーソナルファイナンスに関する情報の発信を手がけています。
    関心分野は、ライフプランに関する意識調査や最新の金融商品・サービスなど。


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事