半導体とは?世界的な半導体不足の理由や今後の展望も分かりやすく解説!

更新日:2021/08/03

最近、世界的な供給不足で注目されている「半導体」。身近なところではPCやスマホにも使われていますが、それ以外にも広い範囲で重要な役割を担っています。これから成長するとみられている産業への応用も期待されるため、投資について考える際、理解を深めておきたい分野と言えるでしょう。ここでは半導体についての基本的な知識や、最近起こった不足の理由、日本における半導体関連企業などをみていきたいと思います。

半導体とは?世界的な半導体不足の理由や今後の展望も分かりやすく解説!

半導体とは?

電気をよく通す金属などの物体は「導体」と呼ばれ、反対に電気をほとんど通さないゴムなどは「絶縁体」と呼ばれています。「半導体」はこの2つの中間の性質を持つ物質や材料のことです。シリコンなどがこれにあたります。また半導体を材料として作られるトランジスタや集積回路を指して「半導体」と呼ぶこともあります。半導体には情報の記憶や数値計算の機能があり、電子機器を構成する重要な部品となるのです。

半導体は暮らしの中でどのように使われている?

半導体は暮らしの中でどのように使われている?

トランジスタや電子機器などと言うと難しく感じますが、半導体は身近なところで使われています。例えばパソコンを動かすCPUは半導体からできています。スマホやデジタルカメラ、テレビといったものを作る際にも半導体が必要です。

 

さらには洗濯機や炊飯器、エアコンの中にもセンサーや制御装置として半導体が使われています。そのほか社会を支えるインフラにおいても重要な役割を果たしています。銀行のATMや電車の運行なども、半導体が必要です。

半導体が世界的に不足しているのはなぜ?

2021年に問題として注目されたのが、半導体の世界的な不足。新型コロナウイルスが流行する中、在宅で仕事をするなど家で過ごす機会が多くなりました。このことで仕事用のPCや屋内で遊ぶためのゲーム機などの需要が増えています。どちらも半導体が多く使われる製品です。

 

半導体への需要が増える一方、その供給を増やすには困難がともないます。半導体に必要なシリコンウエハーの工場を増やすには、多額の投資と時間がかかります。不足の解消には時間がかかるかもしれません。

日本の主要な半導体メーカーは?シェアはどのくらい?

日本の主要な半導体メーカーは?シェアはどのくらい?

日本で半導体を作っている企業を確認しておきましょう。市場調査会社OMDIAによると、2020年第1四半期の売上高ランキングは次のようなものでした。

 

 

また世界の国別シェアについては、米調査会社ICインサイツが、2020年の国・地域別売上高シェアを公表しています。シェアがもっとも高かったのは米国企業で55%。以下、韓国が21%、台湾が7%、欧州が6%、日本が6%、中国が5%などとつづきます。

 

日本は半導体自体のシェアは低いのですが、関連する素材や装置のシェアが高いのが特徴です。シリコンウエハーやフォトレジスト、洗浄装置などがこれにあたります。半導体への投資を考える際には、半導体そのものだけでなく、その製造を支える企業などにも注目してみるとよいかもしれません。

半導体の製造に使用される「フッ化水素」も話題に

半導体は世界で重要な産業となっていますが、ときには安全保障や外交の問題として現れることがあります。そのひとつが半導体の製造で使用される「フッ化水素」。2019年に日本政府が韓国向けの輸出規制を強化したことで話題になりました。フッ化水素は軍事転用の懸念がある物質。ほとんどの金属を溶かす物質で、半導体の製造では高い純度が求められます。高純度のフッ化水素は日本のシェアが高く、韓国では国産化を進めるなど、対応に追われたようです。

半導体の進化と技術革新

半導体の進化と技術革新

身の回りの家電や生活インフラなど、様々な場面で利用されている半導体。これからも半導体を必要とする分野は増えるものと考えられています。その過程では技術革新が進められていくでしょう。微細化(スケーリング/小型化)・高速化・省電力化がさらに進むと思われます。半導体を搭載する機器も小型化できるようになるでしょう。また省電力化は、環境問題を解決する手段としても必要性が高まりそうです。半導体を製造する企業間では、競争の激化も予測されます。

半導体の未来はどうなる?

近い未来に普及する技術として挙げられるのが、IoTやAI(人工知能)、そしてビッグデータやクラウド。これらの実現に必要となってくるのが、半導体なのです。現在、自動車業界でも半導体が不足しています。自動運転の技術が進めば、さらに大きな半導体需要が生まれるでしょう。半導体の未来については、これからも技術革新が進められ、応用範囲も広がると期待されています。

 

半導体に関する話題は技術的な面で難しく感じることもありますが、これからの経済・産業を考えるうえで重要な知識と言えるでしょう。楽天ブックスでは半導体の関連書籍を数多く見つけることができます。理解を深めるのに役立ちそうです。また、未来の産業における半導体の活用も広く予測されています。投資の対象として魅力的と考えることもできるでしょう。半導体メーカーだけでなく、それに関連する素材や製造装置などの企業もあります。楽天証券に口座を開設すれば、そうした半導体関連企業への投資も可能となります。

投資先にメーカーを検討するときって、関連企業も含めた広い視野で考えなきゃダメなのね!勉強になったわ

このテーマに関する気になるポイント!

  1. 半導体とは?
    電気をよく通す「導体」と電気をほとんど通さない「絶縁体」の中間の性質のもの。

  2. 半導体にはどんなものがある?
    シリコンなど。また半導体を材料にしたトランジスタや集積回路も半導体と呼ばれる。

  3. 導体にはどんなものがある?
    金属など。

  4. 絶縁体にはどんなものがある?
    ゴムなどなど。

  5. 半導体は家庭のどんなものに使われている?
    PCやスマホ、デジカメ、テレビ、洗濯機、炊飯器、エアコンなど。

  6. 半導体は街中のどんなものに使われている?
    銀行ATMや電車の運行など。

  7. 半導体が世界的に不足しているのはなぜ?
    コロナ禍のPCや家庭用ゲーム機の人気によって。

  8. 今後普及してくるどんな技術に半導体は必要になる?
    IoTやAI(人工知能)、そしてビッグデータやクラウドなどです。
  • 黒川ヤスヒトさん

    証券会社でリテール営業を経験し、AFP資格を取得。
    現在ライターとして、パーソナルファイナンスに関する情報の発信を手がけています。 関心分野は、ライフプランに関する意識調査や最新の金融商品・サービスなど。

    ブログページ Twitterアカウント:@igawasin5

この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加
Twitter追加

関連記事