島田秀平さん×マネ活美人の 金運の手相&パワースポット 貯金や投資、不動産購入など今の運勢がわかる!

島田秀平さん×マネ活美人の
金運の手相&パワースポット
貯金や投資、不動産購入など今の運勢がわかる!

「今の仕事のままでいいのだろうか」「投資するとしたらいつがいい?」「そろそろ家を買いたいな…」など、人生の岐路に立ったときには、できるだけ多くのアドバイスが欲しいもの。
今回、美人のマネ活では、「よく当たる!」と人気の手相占い芸人 島田秀平さんに特別にアドバイスをいただいてきましたよ! 手相から見えてくる好機に、あなたも乗っかってみませんか?
  • 手相を見るなら左手で!
    手相を見るなら左手で!

    手相診断は、手のひらに刻まれた線を観察することで行います。とはいえ、手のひらの線は右手にも左手にもありますよね。この場合どちらを見ればいいのでしょうか。
    実は、右手は“生まれ持った才能”を、左手は“今現在の自分”を表していて、刻一刻と変化しています。なので、手相を見るのであれば、左手をチェックすればいい、ということになります。


お金に苦労しない? お金が入ってくる金運の相としっかり貯まる財運の相

・金運線

金運線

金運線は、どれだけお金を生み出せるかを表す相。薬指の下に縦に走っています。

 

「しっかりあればあるほど、また長ければ長いほど金運がいいことを表しています。見えづらかったら手のひらをすぼめてみてください。必ずありますから。感情線を超えていれば平均以上。セレブの証、とも言われています。とある宝くじ長者の人は、手首近くまで金運線が伸びていたんですよ!」

 

・財運線

財運線

お金をためて増やす力のある人に現れるのが財運線。小指の下に縦方向に伸びる線のことを指します。

 

「なかなか家計が安定しない、というご夫婦がいた場合、財運線がくっきり出ている配偶者が財布を握ると、効果が出てきますよ!ただ、財産というと一般的にお金のことが頭に浮かんできますが、実は人脈や健康が一番の財産なんですよね。良い友だちと健康に恵まれている人に強く出てくる。そういうものでもある、ということを覚えておいてください。」

・金運に恵まれていないと感じる人が行くといいパワースポット

神奈川 『銭洗弁財天宇賀福神社』
 
神奈川 『銭洗弁財天宇賀福神社』

「銭洗弁財天という名前で知られていますね。最近では、小銭だけでなく、お札やクレジットカードを洗う人も出てきたようですが、小銭で充分。汚れを落としたお金は、大切に使うようにしましょう。お守りとしてお財布の中に入れておくよりも、効果が出やすいですよ!」

 

・島田秀平さんから一言

島田秀平さん

「金運線が右側にカーブしているものをビューティー線と呼びます。これは、美的センスに優れている人に現れるもので、趣味や特技などを仕事につなげればお金になる、という人の相。もしこれが出てきたら、自分の好きなことを仕事にするのを考えてもいいタイミングかもしれませんね。

 

また、洗ったお金をすぐに使ったほうがいいということについてですが、『金は天下の回りもの』っていいますよね。そのサイクルで多くの人の手に渡り、どうしても業で汚れてしまう。銭洗弁財天で洗ったお金を使う、ということはそれを自分のところにきたときに清めて次の人に回すことで徳を積む、という意味合いがあるんです。

 

これは、自分の未来につながるような『生き金』としての使いかたに当てはまります。今すぐ銭洗弁財天に行けなくても、単にお腹が空いたから手早くそれを満たすためにお菓子を買う、といった『死に金』としての使いかたではなく、仲間と飲んで絆を深めたり、習い事をして未来の自分に投資するといった方法でもOK。上手なお金の使いかたを見つけることが、金運アップにつながっていくんですよ。貯めるだけが、金運につながるわけではないんです。」

ヨミがあたる、ひらめき冴える、投資運あり!な相

・神秘十字線

神秘十字線

直感力の働く人に見られるのがこの神秘十字線。感情線と頭脳線の間に挟まれるようにして現れるクロスした線のことを指します。

 

「神秘的な力に守られていたり、直感が働いたりするような人に現れるもので、とてもラッキーな線となっています。事故にあったけど、九死に一生を得た、というような強運の持ち主や、成功者に見られます。必ずしも垂直と水平の線のクロスではなく、ばってんのように斜めになっているものも含みます。この線が現れているときには、インスピレーションが働くので、投資や宝くじの購入などをするといいですよ。」

 

 ・投資運に恵まれていないと感じる人が行くといいパワースポット

東京 『皆中稲荷神社』
 
東京 『皆中稲荷神社』

「新宿区の百人町という場所にある歴史のある神社です。百人町は、徳川幕府時代に鉄砲百人組が住んでいた地域。なかなか命中率の上がらない隊員が、ここにお参りに行ったところ、飛躍的に上がった、という言い伝えが残っています。また、『皆中』という名称も、『皆』『中(あた)る』という文字が使われていますよね。宝くじだけでなく、馬券や株、受験といったひらめきが冴えわたるようになるというご利益があるでしょう。」

・島田秀平さんから一言

島田秀平さん

「神秘十字線はひとつだけとは限らず、数が多ければ多いほど、それだけ守られていることを意味しています。投資運が高まるパワースポットの皆中稲荷神社では、絵馬の柄も的の中心に矢が当たっている。まさに、命中率が高まる感じがしませんか?

 

宝くじを的中させたい、という人にもうってつけの神社ですが、お参りをするだけで満足せず、高額当選者に共通して見られる行動、例えば前日はお酒を断って肉を食べ、当日は午前中に買いに行く、というジンクスを真似してみてもいいかもしれませんね。」

買った途端に値上がってラッキー!不動産運ありな相

・不動産線

不動産線

その名もズバリな不動産線は、縦方向に走る運命線と金運線をつなぐような形で現れてきます。

 

「不動産経営や投資に向いている人に多く現れますが、これが入ってきたら、お家の購入や改築など、家関係の運気が上がってきた証拠。新居を考えていた人は、これをチャンスとみなして具体的に購入への行動をはじめてもいいかもしれませんね。」

 

・不動産運に恵まれていないと感じる人が行くといいパワースポット

京都 『御金神社』
 
京都 『御金神社』

「ここは、全国からみなさんが足を運ぶほど有名な神社で、金運全般にご利益があるとされています。中でも、ここで入手できる黄色い色をした福財布にお金を入れておけば、金運がどんどん上がっていくといわれているので、不動産の証書などをお金の代わりに入れておくのも一つの手かもしれませんね。」 

 

鳩森八幡神社富士塚
 
東京 『鳩森八幡神社』と『富士塚』

「新国立競技場に一番近い氏神様が鳩森八幡神社。将棋会館が隣にあることから、たくさんの棋士たちが、勝負前にお参りに訪れています。また、境内には都の有形民俗文化財に指定されている富士塚(築山富士)も。高さ20m、わずか1分程で登頂できますが、日本一の富士山に登ったのと同じようなご利益が得られるということで有名です。」

・島田秀平さんから一言

島田秀平さん

「御金神社の鳥居は黄金色に輝いていて縁起がいいですし、黄色は風水的には金運を上げる色。人がたくさん集まる場所は運気が上がります。特に、来年は世界中からこの新国際競技場に人が集まってくるでしょう。そのことから、世界一のパワースポットとなるのは間違いありません。富士山信仰から生まれた富士塚は、まるで富士山のミニチュア版。そこからのご利益は、不動産関係だけでなく、仕事運など、全般運を上向きにさせてくれるはずです。」

あったらラッキー!金運線にはこんな変わり種も

・ソロモンの環

ソロモンの環

人差し指の下に現れる半円状の線。別名『幸運のリング』。

 

「芸能界では、サンドウィッチマンのお二人とも、M-1を取る前に3本ずつ入っていたということで、嬉しいことが起こる暗示と言われています。」

 

 ・イケイケ線

イケイケ線

 親指の付け根から生命線の間に現れる格子状の線で、運気上昇のサインと言われている。

 

「これが出てくるようになったら、運気が上向きになってきている状態。新しいことをはじめる絶好のタイミングですよ!」

 

 ・フィッシュ

フィッシュ

 頭脳線の先が分かれて交差した魚を横から見たような線。

 

「頭脳線の延長にある、ということで、頭を使うことで仕事の成果が出る予兆だと言われています。去年でいえば、芸人としてだけでなく、国際公募展『ART OLINPIA 2019』アンバサダーに就任した野性爆弾のくっきー!さんにしっかり現れていましたよ。」 

 

 ・スター

スター

 3本の線が交差した線。幸運の予兆となっている。

 

「これは、めったに現れることがなく、しかも200ある手相の線の中で一番のラッキーサイン。宝くじの高額当選者に多く、現れるのは薬指の下だといわれています。出てきたら、ぜひチャレンジしてみてもらいたいですね。」

本当の幸運は「自分の運を信じること」から生まれる

島田秀平さん

「『これが出てきた人は…』とか「現れたら…』とお話しているように、手相はずっと同じではなく変化するもの。今の自分のバロメーターだと思ってもらえるといいんじゃないかな、と思っています。

 

バロメーターということは、必ずしも『そうなってしまう』という意味ではありません。悪い相が出ていたら、ちゃんと対処すればいいだけのこと。

 

例えば、金運線に丸が入る金運トラブル線が出ているときは、急な出費があるかもしれないから、大きな買い物は控えてお金の使いかたを見直すように気をつけよう、とか、何本も金運線が出ている人は浪費しがちなので、気を引き締めようとかですね。

 

逆に、いい線が出てきたら、『これまでの成果が出てきているんだな』と自信を強めることができます。そういうふうに活用していただけたら嬉しいですね。

 

また、来年は子年。十二支が一周りした年です。新たな12年がはじまるように、新たな時代もはじまる。また、『ね』は『根』にも通じ、根を張りはじめるのに有効な年でもあります。新しいことをはじめるのに最適な年なので、新しい経験を喜んで受け入れてください。

 

『運』というのは、運ぶということ。自分で足を運んではじめて見つけられるものなんです。ただ待っているだけでなく、自分から足を運んでいろいろなところに行ってみてください。

 

最後に、幸運な人って、自分は運がいいと強く信じている人が多いんです。運がないと思っている人は、せっかく上向きに物事が動きはじめていても、弱気になってしまってブレーキをかけてしまうから。自分は運がいいんだ、と強く信じて、幸運をものにしてもらいたいな、と思います。」

島田秀平(しまだしゅうへい)さんご本人のSNSも要チェック!


この記事をチェックした人にはコチラ!

LINE友だち追加

関連記事