Question

子どもを一人育てるのにいくら必要ですか?

更新日:2019/03/19

子どもが二人いる家庭はよく聞くので何となく経済的に許容範囲かと思い込んでいるのですが、実際は一人を就職まで育てるのにいくらくらいかかり、どれくらい貯蓄をしておくべきなのでしょうか?

年齢:30代
未既婚:既婚
子ども:あり
職業:パート・アルバイト
世帯年収:800万円~1,000万円未満
ペンネーム:泰子

 

Answer

子どもを育てるためにかかる費用は、進路によっても幅があります。教育費については、小学校から大学までずっと公立の場合で700万円程度、ずっと私立の場合で2,000~2,500万円程度かかります。

 

教育費の累計額で整理すると上記のようになりますが、実際の家計管理では、子ども1人が生まれると、教育費+養育費で1年間で100万円程度かかり、私立に進学する場合は学校に応じて教育費などが上乗せされるイメージになります。養育費単体だと年間50万円くらいの予算感になります。

高校までは、それぞれの子どもの進路に応じて、年間100万円+α(私立)の金額が捻出できるかどうかで検討をすることになります。

 

大学の費用については、県外に出る可能性や、国公立でも短期間でまとまった資金が必要なため、生まれた月から1~2万円程度の積み立てをし、大学に進学するまでに1人あたり200~400万円程度準備ができると初年度を乗り切りやすくなります。子どもたちが在学中は学費貯蓄の残りと、その年の収入からやりくりする形になります。

現行制度が維持される場合、児童手当が満額出ると200万円程度になるため、手を付けずにとっておけると心強いです。泰子さんのご家庭の場合、所得制限にかかる可能性があり、その場合、給付額が月5,000円となります。あと5,000円~1万5,000円、収入から積み立てできると理想的です。

 

子どもが1人生まれると100万円、2人生まれると150万円(教育費、養育費の一部を共有できると仮定)くらいの年間支出を想定し、1人につき月1~2万円の積み立てのスタート。私立かどうかの進路は高校までは年間収入の中で検討していく、という判断が管理しやすいと考えられます。

回答者:ファイナンシャルプランナー 風呂内 亜矢さん

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP認定者、宅地建物取引士。26歳のとき、貯蓄80万円でマンションを衝動買いしたことをきっかけに、お金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し賃料収入を得ている。2013年ファイナンシャルプランナーとして独立。現在はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか(祥伝社)』、『ほったらかしでもなぜか貯まる!(主婦の友社)#なぜたま!』などがある。

>>ホームページ

関連記事