Question

50代・貯金0からでも始められる老後の備え

更新日:2019/09/27

私53歳、長女25歳、次女22歳。10年前に離婚し、女手ひとつで娘2人を大学進学まで育ててきました。ようやく娘たちが自立したので、いい加減自分の老後のお金を貯めよう!と意気込んで通帳を見ると、残高がほとんど残っていなかったため途方に暮れています。今からでも出来る老後の備えなどありますでしょうか?

(現在の収入)手取り25万円
(現在の支出)家賃5.5万円、食費3万円、水道光熱費1.5万円、通信費1万円、日用品・化粧品2万円、生命保険0.5万円、交通費1.5万円、娘への仕送り3万円×2、趣味・その他4万円

年齢:50代
職業:パート・アルバイト
世帯年収:400万円未満
ペンネーム:谷やん

 

Answer

女手ひとつでお2人の娘さんを大学進学まで育てられたとのこと。たくさんご苦労もおありになったかと思いますが、素晴らしいことですね。

 

お金については、入ってくる金額が同じであるならば、使える金額も変わらないため、優先順位をつけていくことが重要になります。もし、老後資金を優先順位の1位に置くのであれば、現在ぴったり使い切っている(?)費用のうち、何かを削り、老後資金のために確保していく必要があります。亡くなる直前まで収入を得続けるのであれば、極論、老後資金を準備する必要がなく、優先順位を落としたままでもいられます。

 

今の生活の中からある程度削り老後資金を準備することと、基本ずっと働き続けるというスタンス、どちらが谷やんさん好みなのか、大事にしたい物の順番を整理してみることが大切ですね。

 

お金は浮かせたりあまったりした分を貯めようと思っても、なかなか貯めることができません。そのため、先取り貯蓄と呼ばれる、貯蓄分を先によけ、残りで生活する方法が王道とされています。

 

先取り貯蓄をするために使う道具としては、個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)などが代表的です。60歳(今からだと加入年数が10年以上)まで引き出すことができませんが、積み立てた金額に応じて所得税や住民税も安くなります。積み立ては投資信託だけでなく、定期預金なども選べるケースが多いです。

 

毎月1万円や2万円を積み立てていくには、現在使っている何かを削り捻出する必要があります。その時にポイントになるのが優先順位付けなのです。いただいている支出内訳の中で、客観的に見た場合、通信費、娘さんへの仕送り、趣味・その他などから削れる部分を見つけられそうな気がしますが、谷やんさんにとって、削ることがストレスにならない項目であることが大切です。

 

現在の支出のリストをじっくり眺めて、優先順位を下げられるものを見つけ、iDeCoでも良いですし、新しく開いた貯蓄専用の銀行口座でも良いので、毎月定額取り避けるという体制を作ってみてください。

回答者:ファイナンシャルプランナー 風呂内 亜矢さん

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP認定者、宅地建物取引士。26歳のとき、貯蓄80万円でマンションを衝動買いしたことをきっかけに、お金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し賃料収入を得ている。2013年ファイナンシャルプランナーとして独立。現在はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか(祥伝社)』、『ほったらかしでもなぜか貯まる!(主婦の友社)#なぜたま!』などがある。

>>ホームページ

関連記事