Question

3年前の借入について

更新日:2020/08/13

銀行のキャッシュローンで3年前位に100万円借入れし、毎月3万円ずつ約3年間返済していますが、利息ばかりを返済しているようで一向に減らず、まだ残金が70万円近く残っています。 これはコツコツと返済していくしかないのでしょうか。

年齢:30代
職業:会社員
世帯年収:400円未満
ペンネーム:まつこ

 

Answer

カードローンやキャッシングで借りているお金を返済する方法は、毎月コツコツ返済する以外に、残額の一部や全額を繰り上げ返済する方法もあります。繰り上げ返済のお金は全て元金の返済に充てられるため、手元にゆとりができたら、できるだけ繰り上げ返済で、前倒して返済を進めていけると理想的です。

 

できれば、繰り上げ返済で完済を目指したいところではありますが、返済にまだ時間がかかりそうであれば、借り換えなどを検討するという選択もあります。自分が借りている条件よりも有利に借りられるところがあるようであれば、検討しても良さそうです。

 

なお、いただいている条件を読む限りだと、金利が相当に高いか、借りている金額が100万円より多いか、ひと月の返済額が3万円より少ないか、という可能性が考えられます。

 

借り入れに関する金利の上限は10万円以上100万円未満で年18%、100万円以上で年15%とされています。
100万円ちょうどを年利15%、毎月3万円程度の返済で借りる場合、返済期間は3年半強(44ヶ月)になると考えられます。このとき、丸3年(36回)返済した時の残高は約20万円弱になると考えられるため、今うかがっている残高70万円とは乖離があります。

 

返済期間が7年(84ヶ月)だと、丸3年(36回)返済した時の残高は約70万円弱になりますが、これは月々の返済額が2万円弱の場合の数字のため、やはり、かなりずれがあります。

 

最近の借り入れで、法定の上限金利を上回る貸し出しは、やや考えにくいのですが、借りた金額が100万円で、毎月の返済額が3万円程度、返済をはじめて3年経っているのに70万円程度の残高があるようであれば、金利が高すぎる可能性もあるため、弁護士などへの相談も有効かもしれません。自治体によっては無料の法律相談の窓口を設けていることもあるため、借り入れの内容や返済実績がわかる書類を用意して、相談に行くことも検討してみてください。

回答者:ファイナンシャルプランナー 風呂内 亜矢さん

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP認定者、宅地建物取引士。26歳のとき、貯蓄80万円でマンションを衝動買いしたことをきっかけに、お金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し賃料収入を得ている。2013年ファイナンシャルプランナーとして独立。現在はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか(祥伝社)』、『ほったらかしでもなぜか貯まる!(主婦の友社)#なぜたま!』などがある。

>>ホームページ

       

>>日常の記録にお金の情報を織り交ぜる「FUROUCHI vlog」を更新中

LINE友だち追加

関連記事